名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩村英郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩村英郎のプロフィール

岩村英郎、いわむら・えいろう。日本の経営者。川崎製鉄社長・会長。東京大学工学部卒業後、川崎造船所に入社。川崎造船から川崎製鉄が分離独立したのを機に製鉄業界に入る。千葉製鉄所、水島製鉄所建設にあたった経営者。

岩村英郎の名言 一覧

良いと思うこと、正しいと思うことは最初からちゃんとやりなさい。他社がやったからと言うのはおかしいじゃないか。
【覚書き:最新式底吹き転炉を他社に先駆けて導入した時の発言】


トップたるものに必要なのはバランス感覚だ。それはブレーンを置き、人を生かして使う、度量と言う意味でもある。【覚書き:川崎製鉄会長時の発言。自らの経営哲学について語った言葉】


岩村英郎の経歴・略歴

岩村英郎、いわむら・えいろう。日本の経営者。川崎製鉄社長・会長。東京大学工学部卒業後、川崎造船所に入社。川崎造船から川崎製鉄が分離独立したのを機に製鉄業界に入る。千葉製鉄所、水島製鉄所建設にあたった経営者。

他の記事も読んでみる

羽生善治

本当に勘は大きいですよ。結局序盤の定跡などは皆プロですから同じですし、研究している量も同じです。終盤、例えば5手詰め、7手詰めなど詰ます力は同じですよね。違うといったら中盤の場面ですね。よくいい手か悪い手か判断がつかない場面での着手、その手がいいのか悪いのかは後で調べてみなければ分からないんですけど、そのあたりの勘に頼んで指さなければならない2、3手で決着がついているということが非常に多いんです。


安部修仁

2から3年は商売しなくても、社員の給料は払えます。手元流動性が高い形で資産を持っていると、いざというとき時間が稼げます。牛丼販売停止のあと、デッドストックを出しつつも新メニューを軌道に乗せることを優先できたのは、キャッシュを潤沢に持っていたからです。つまりそれをやらなきゃ死んじゃうというとき、赤字を出してでも生命の維持・継続に集中できる。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

ある人が「サッカーに関わる資格を取りたい!」と考え、直接Jリーグのチームに電話して、「審判でもマッサージでもいいから何か仕事はないですか?」と聞いたそうです。その結果、マッサージ師なら外注しているから資格を取ればチャンスがあることがわかりました。このように、資格を取る前にどの程度ニーズがあるか狙った先に直接聞いてみるのも大切です。


斎藤英明(経営者)

コミュニケーションはトレーニングで向上させることができます。たとえば傾聴力、共感力を向上するには相づちを打つよう努めること。時々質問をしたり、相手の言った言葉を繰り返したりするのが効果的です。ファシリテーション力、プレゼンテーション力なども練習で上達させられます。


村上和徳

代謝を良くすることも意識していますね。具体的には汗をかくこと。私は空手が趣味なので、週2回は空手をやって汗をかきますが、それ以外にもサウナや岩盤浴、あるいは辛い火鍋を食べるなどして、積極的に汗をかく機会を作るようにしています。


佐々木常夫

上司が部下の行動を変えることだって相当に難しいのですから、部下が上司に「言うことをたびたび変えられては困ります」などと言ったところで、相手が反省するわけがないのです。ですから、上司の言うことがコロコロ変わるなら「上司は言うことを変える」ということを前提に仕事をする必要があります。日頃から上司をよく観察し、「この口ぶりだと、あとで言うことを変えるぞ」と予測して、変わっても対処できるよう仕事を進めるのです。


大前研一

リーダーは1人のアドバイザーがいればおよそ間違いのない意思決定ができます。3人のアドバイザーが出てくると、意見調整の時間の方が構想を練る時間より長くなります。いままでの政治家はだいたいそれで失敗しています。


花村仁八郎

土光(敏夫)さんは、よく怒りましたね。ただ、私だけは怒られませんでした。私が事務の責任者だからです。責任者をやっつけたら、みんながついてきませんからね。


中村栄輔

時代とともにオーナーの高齢化という問題が出てきました。そこで2004年から、我々本部がオーナーの子供など、後継者を育成するための研修を行うという支援を始めました。実は当時、私は後継者の育成には、反対でした。FC(フランチャイズチェーン)の仕組みでは、どんな人と契約するか、本部は選ぶ権利を持っていますが、育成することが本部の役割なのだろうかと考えたからです。時間も労力もかかってしまいます。しかし、研修の最後に、後継者たちが現オーナーや本部の役員の前で、決意表明する様子を見て、考えが変わりました。企業の理念や価値観の共有を重視してきた我々のチェーンならば、こうした後継者育成はあり得ると、思ったのです。


松田公太

会社を始めて以来、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、楽しいこと、本当に様々なことを経営を通じて経験してきた。以前から感じていたことだが、とくにここ数年で痛感するようになったのは人間の弱さである。自分のミスや自分の弱さ、不出来を認められずに、言い訳をしたり、他人のせいにしたりする人がいかに多いことか。私自身、自分の弱さは十分に自覚しているつもりだ。だからこそ、安易な快楽や贅沢に流されてしまうことが怖い。だからこそ、たとえ会社が順調に成長していても、経営者として常に自分を追い込む姿勢が大切だと思う。


鈴木修

日本の製造業がまだ強さを保っているのは、現場で働く人のレベルが非常に高いからです。特にコスト意識。これは世界で最高じゃないですか。


梅原大吾

ある一定のレベルまで達すると、成長は実感しにくいものです。そこでモチベーションを保つことが大切になってくる。前日と違うものを見つける、意識的にプレーに変化をつけることで、何百時間とやりこんだゲームでも、集中してプレーできる。