岩本隆の名言

岩本隆のプロフィール

岩本隆、いわもと・たかし。日本の経営コンサルタント、工学博士。和歌山県出身。東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部材料学科で博士号を取得。日本モトローラ、日本ルーセント・テクノロジー、ノキア・ジャパン、ドリームインキュベータなどを経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授に就任。技術と戦略を核にした経営コンサルティングを行った。

岩本隆の名言 一覧

かつては「俺が上司だ」と権力をふるって部下を従わせるマネジメントが通用した時期もありますが、いまやその手法では人がついてこない。部下たちを思い通りに動かしたいなら、彼らの心理に精通する必要があります。


叱るときは電話や対面で伝えることも意識していました。メールを使うと文章が残るため、叱られたほうは引きずりやすくなります。またメールの場合、叱り方に失敗するとパワハラの証拠としても使われる可能性もあります。叱るときは形に残さずにその場で終わらせて、逆に褒めるときは形に残して効果を持続させる。この使い分けが大事です。


私が部下を叱るときにいつも心がけていたのは、会社の制度を利用することでした。たとえば成績が悪いことを叱らなくてはいけない場合、「会社の評価制度がこうだから、評価はこうなる」と淡々と指摘します。客観的な基準を用いれば、個人的な好き嫌いと関係なく、不本意ながら叱らざるをえないということが伝わります。一方、褒めるときは、自分の言葉で評価したほうが部下も喜んでくれる。これを逆にする上司は、たとえ正しい評価をしていたとしても部下になかなか理解してもらえないでしょう。


私は普段は温厚なほうですが、納得がいかないことがあれば、相手が誰であろうとキレる傾向にあります。上司には何度も文句をいったし、外部の方と激しい口論になったこともありました。そのせいか、社内には「岩本を怒らせると危ない」という空気が漂っています。このおかげできつく叱らなくても部下は重く受け止めてくれるようになりました。いつも刀を振り回さずに、ここぞというときだけ切りつける。そうすれば普段は、抜かずの名刀で部下をコントロールできるのです。


普通の上司は、部下を囲い込もうとします。つねに手元に置いておいたほうがコントロールしやすいと考えているのかもしれませんが、実態は逆です。外の世界を見せないようにするから隣の芝生が青く見え、現状に不満を持つようになります。


人の不満というものは、主観的なものです。客観的に見れば恵まれている環境にいても、本人にとっては目の前の世界がすべて。だから、去年より待遇が少し下がっただけでも、不満のもとになります。そうした部下にいうことを聞かせるには、まわりと比べさせて、自分が恵まれていることを自覚させるしかない。つまり絶対評価から相対評価への転換です。


部下の本音を探るときには、個室空間を利用するといいでしょう。ノキアの本社があるフィンランドにはサウナ文化があり、日本支社にも社内サウナが設置されていました。ノキアでは仕事が終わった後にサウナに入り、そこでさまざまな情報交換が行われていました。フィンランド人はカラオケも好きで、個室空間のほうが話は弾むようです。日本人とフィンランド人はメンタリティがよく似ています。個室空間で本音を探るというやり方は、日本人の部下にも活用できるはずです。


なぜわざわざ部下の不満を引き出す必要があるのか。目的はガス抜きです。一緒になって会社への悪口をまくしたてていると、途中でメンバーが「でも、いいところもあるんだよね」と、冷静になる瞬間がやってくることがあります。これはガス抜きがうまくいった証拠。しばらくは不平不満をいわずに頑張ってくれるはずです。


部下に対し、ときには誘い水として私から会社の悪口をいうこともありました。オフィシャルに会社への不満を尋ねても本音を明かしてくれませんが、同じ立場で先に不満を漏らすと、向こうも警戒心が緩んで本音で話してくれます。ただ、不満分子をあぶりだすことが目的ではありません。不満を探って会社に密告するのは、どう考えても倫理的に問題があります。会社への強い不満を知っても、外に漏らさないことが大切です。


ノキアにマネジャーとして転職することが決まったとき、会社から「最初の半年は、みんなにキミがボスだとは伝えない。アシスタントマネジャーとして紹介しておく」といわれて驚いたことがあります。本来の役職を伏せさせたのは、未来の部下たちと信頼関係を築かせるため。マネジャーと部下の関係になる前に、メンバーと仲良くなって、本音で話せる間柄になれというわけです。時代劇で暴れん坊将軍や遠山の金さんは身分を隠して町民に溶け込みますが、考え方は同じ。同じ立場で働くことで、メンバーは普段上司にいわない胸のうちまで明かしてくれた。


ノキア時代、同社ではマネジャーに対して、勤務時間の半分は個室のドアを開けておく、オープンドアポリシーを課していました。この狙いは、悩みを持った部下がいつでも上司に相談にいけること。自分の時間を工面することは大変でしたが、おかげで部下とのコミュニケーションが増え、一対一の信頼関係を築くことができました。


岩本隆の経歴・略歴

岩本隆、いわもと・たかし。日本の経営コンサルタント、工学博士。和歌山県出身。東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部材料学科で博士号を取得。日本モトローラ、日本ルーセント・テクノロジー、ノキア・ジャパン、ドリームインキュベータなどを経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授に就任。技術と戦略を核にした経営コンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

有望な投資先を見つけるには、世界の動きをよく見ること。そこに成長産業、有望な市場の芽があるからです。私はドイツ留学以来、世界各国を旅する中で、世の中の動きを俯瞰して見る目を養ってきました。


大田正文

私が同じ手帳を使い続けるのは、続けることにも意味があると思っているからなんです。書く内容は変わっていますが、基本の型は崩したくない。思考回路がもう、この手帳に染まってしまっているんです。家族のように愛情を注いできたから、もう人生の伴侶と同じ。奥さんと一緒です(笑)。


倍賞千恵子

すべてにおいて満足できるステージは、とても少ないです。ステージでは「命懸け」と言うとオーバーですが、全身全霊を込めて歌ったり、語ったりしています。ですから、その日の夜はドッと疲れが出て、「あそこを間違えた」「あれはもっとうまくできた」などとステージを振り返ると、寝られなくなってしまいます。うまくいく時は「もう一人の倍賞千恵子」がしっかりとステージに存在している時ですね。ステージでは自分で自分を監督し、演出しないといけない。もう一人の自分がしっかりしていると、実際の私をうまくコントロールしてくれる感じがします。


滝一夫

社員がやりたいと思うことをやらせてみる。面白そうだと思ったらとにかくやらせる。むしろここでは管理しない。仮に失敗したところで、最初の段階なら損失もタカが知れています。それならやらせたほうがいい。


シェイクスピア

険しい山に登るには、最初からゆっくりと歩くことが必要だ。


豊田章男(モリゾウ)

リコール問題が起きたときに、「なぜこんなことが起きたのか」という質問を多くの方から受けました。そのときの私の答えの一つは、「会社の成長のスピードが人材育成のスピードを上回ってしまった」というものでした。市場が大きく伸びたとき、企業としてシェアを維持しないと、「トヨタは成長が止まったのではないか」と言われてしまう。その恐れから、人材の成長を上回る計画を立ててしまったと思っています。


辻口博啓

一流というのは読んで字のごとく、一本の流れなんです。だから、群れて淀み、わき道にそれながら流される人間は一流ではありません。


曽野綾子

まず足下を固めよ。どんなに小さくとも、自分の専門職を完全に果たし、その分野で有能な人間として社会に評価されてこそ、次の段階に進み得る。


ピーター・ドラッカー

行動と動作を混同してはいけない。製品、サービス、プロセスが成果を生まなくなり、その廃棄が必要になると、あらゆる組織が組織改革に走る。もちろん、組織改革が必要なことは多い。だがそれは、何をいかに行うかという問題に取り組んだ後に行うことである。組織改革だけでは、単なる動作であって、意味ある行動の代わりとはならない。


田中裕輔

商談中に話が脱線したとき、否定形から入ると、どうしても相手の方の心証を悪くしてしまいます。そこでひとつのテクニックとして、「そうですね」と相手の話を一度は肯定したうえで、「ところで」と話を切り返しながら本題に戻すようにするのがベストな方法ではないかと考えています。


吉山勇樹

よく「仕事の優先順位は緊急度と重要度で決めよ」といいます。緊急度については、締め切りや納期という客観的な基準があるので、上司と部下で共有しやすい。しかし、重要度には個人の主観が入りやすいので、優先順位にギャップが生じてしまうのです。上司が何を大事に思っているかを事前に把握してから、仕事の段取りを組む必要があります。


澤田秀雄

情報の重要性を端的に示す例としては、私が再建に成功したモンゴルAG銀行(のちのハーン銀行)が好適だろう。実は、再建の打診を受けた2003年当時、破綻しかけているモンゴルの銀行などに興味を持つ人間はほとんどいなかった。しかし世界の情報の流れをつぶさに観察していれば、いずれモンゴルの豊富な地下資源に注目が集まり、モンゴルの経済が上向くことは自明だった。だから私は再建を引き受け、会長に就任した。予想通り、ハーン銀行は見事な復活を遂げて、いまやモンゴルナンバーワンの銀行となった。


北島康介

最近、五輪三連覇っていう言葉が気になってきたんです。男子の水泳ではまだ誰も達成していない。それを目指せる立場にあるんだから頑張ってみたい。だって、誰もやったことないって言われると、それだけでやりたくなっちゃいません?


鈴木真理子(人材コンサルタント)

ノートを使った発想法は難しく考える必要はありません。思いついたことを忘れないうちに手近な紙に書き留めるだけで、貴重なアイデアメモになります。


澤田秀雄

地方活性化は国の施策に頼っていても成し遂げることはできない。地域の情報に精通した地元の人々が協力し合うからこそ、独自性のあるアイデアが生まれ、人々を引き付けることができる。


ページの先頭へ