名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩本賢太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩本賢太郎のプロフィール

岩本賢太郎、いわもと・けんたろう。日本の経営者、財界人。日本石油会長、山口県出身。

岩本賢太郎の名言 一覧

企業は仲良しクラブでは駄目。激動に耐える戦闘集団でありたい。現状打破には勇気がいるが、これはやらねばいけません。合理化に終わりはない。社長が問題意識をもつところに必ずその余地がある。


岩本賢太郎の経歴・略歴

岩本賢太郎、いわもと・けんたろう。日本の経営者、財界人。日本石油会長、山口県出身。

他の記事も読んでみる

松本大

外国人とつきあううえでは、いくらヒアリングが上手でも、ひと言も話さないと「英語ができない」と見なされる。発音や文法がめちゃくちゃでも、自分の考えを一生懸命、自信を持って堂々と話す人は、「英語ができる人」と認めてくれる。


佐藤富雄

人間関係づくりが苦手な人は、自己イメージが低く、自分のことを好きでない人が多いものです。自分自身を100%受け入れられる人は、人間関係づくりもスムーズです。ですから、自分を受け入れる言葉を口癖にしましょう。本当にそう思っていなくてもいいのです。「実は人間が好きなんです」「なんて幸せ者なんだ」と口にしましょう。何度も言っていると、本当にそんな気がしてきます。そして、自分を取り巻く環境を見る目が変わり、人を見る目も変わります。


森川亮

もともと日本テレビに入ったのは、音楽番組がやりたかったんです。ずっと音楽をやってきたので。でも、大学の専攻が災いして、コンピュータシステム部門に配属されまして。でも、システム開発の仕事をしていると経営について考えることも多くて、結局それが経営への関心につながってここまできたので、結果的にはよかったのかなと思うんですけどね。


樋口武男

いま、当社も社員をどんどん海外へ出していますが、私は、最初の1年間は遊んだらええと思っています。遊ぶというと語弊がありますが、その国の宗教、生活習慣を体で学び、人間関係を築くことが大事。利益のことなど考えずに、まずは暮らしながらマーケット調査すればいいんです。


出口治明

私の友人に、かってイギリスの駐日大使を務めた英国人がいます。彼は大使時代、英国の人たちから「日本人ってどんな連中なんだ?」と質問されると、いつも「我々と同じで、いい人もいれば嫌な人もいるし、立派な人もいれば駄目な人もいるよ」と答えていたそうです。世代論も同じ。血な型占いのようなものです。メディアで言われるように、世代による違いの原因が就職に苦労したのか、楽勝だったのかという程度のことなのであれば、それがその世代の人たちの物の考え方にそれほど大きな影響を与えたとは、私には思えません。それより、それぞれの人が育ってきた環境や受けてきた教育の違いの影響のほうが、ずっと大きいでしょう。


山本康博

ネーミングには何十時間と費やします。500個以上書き出します。伊藤園時代のボスは厳しくて、「おい、辞書を読んだのか」と聞かれて「1回読みました」と返したら、「駄目だろ、3回は読まなきゃ」と言われました。今では辞書は10回以上読み込みます。


須藤憲司

トラブルは、落ち着いて手順通りに進めれば収束します。対処法に奇策はありません。王道あるのみです。


岩倉昌弘

カネボウが経営破綻し、産業再生機構の傘下に入ったとき、最初は何人も乗り込んできて占領されるような状況に腹が立っていました。ところが実際に入ってきた人たちと触れ合い、ものすごいカルチャーショックを受けましたさ自分と同じ世代か下の人たちが全く違う発想を持っている。いずれも抜群に優秀なコンサルタントや会計士などです。その後も別の投資ファンドの傘下に入りました。こうした経緯の中で企業価値を高めるための考え方が持ち込まれ、社員も商品別の利益がわかるようにするなど、非常に透明性の高い経営が築かれたと思います。経営会議の議案もできる限りオープンにしています。


稲葉善治

経営陣の引き継ぎに際し、何らかの形式を持ち込んでしまうと、本当は実態と違う状況になったとしても、形式がこうだからということで間違った選択をしてしまう危険性がある。大事なことは経営者自身が自分の頭で考えろということ。


ヘンリー・フォード

どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。


北村龍平

自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


黒木渚

厳しい学校の寄宿舎で中・高時代を過ごした私は、音楽とは簡単に触れあえない環境にいたんですね。そこでひたすら向き合ったのが図書館の蔵書。出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源です。