名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩本貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩本貴のプロフィール

岩本貴、いわもと・たかし。日本の経営者。「楽患ねっと」代表。東京都出身。アクセンチュア在職中に楽患ねっとを設立。その後、楽患ナースを設立。

岩本貴の名言 一覧

重症児の保育園開園当初は、親御さんの負担軽減を目的に始めたわけですが、やってみたら、子供自身の成長、発達にすごく寄与していることが実感できたんですよ。体の動きが良くなったとか、笑顔が増えたとか。家にこもるのでなく、多くの人や自然と触れ合えることがプラスに作用しているのでしょう。


入口は、当時付き合っていた妻の私的な勉強会に誘われたこと。彼女は大学病院の看護師をしていたんですけど、「患者ファースト」になっていない医療現場をどう変えるか、というのが大きなテーマでした。参加してみると、患者さんとか研究者とかいろんな人がいて、みなさんいいアイデアを持っている。「これはITでかたちにできる」とピンときました。


初めは、有志の思いやアイデアをかたちにするべく、事業を仕組み化することに頭がいっぱいで、周りから「ビジネス臭が……」と煙たがられるようなこともありました(笑)。でも、患者さんも含めて、交流する人たちからたくさんのことを教えてもらい、助けてもらって、私自身も成長できたと感じています。これからも、患者さんの声に寄り添ってケアの体制を充実させながら、社会に対して、私たちの経験や知見を発信していきたいですね。


「楽患ナース」は端的に言えば、患者さんの意思決定を支援するサービスです。治療を受ける病院にしろ、治療方法にしろ、患者さんは概して「本当にこの選択でいいのだろうか」と迷うものです。不安もある。そこには何らかの原因があるはずなのですが、本人が気づいていないことも多い。そこをじっくり聞き出し、解決に向けた中立的な助言をするのが看護師資格を持つ医療コーディネーターの役割です。この看護師というのがミソで、医療現場を知るプロであるのと同時に、相手の心のひだまで迫ることができるんですね。


「楽患ナース」の事業を進めるうちに分かったのは、在宅医療を望む人が多いということ。しかし現場には、それをケアできる人材が不足している。だったら「相談に乗るだけではなくプレーヤーもやろう」と、看護師さんを集めて訪問看護を始めたんですね。で、現場に入ってみると、高齢者だけでなく、生まれつき気管切開しているとか、胃ろうだとかの重症児が増えている現実を目の当たりにしたのです。加えて、ケアする家族はろくに睡眠も取れていないという現実も。ならば、昼間だけでも預かる保育園をやろうじゃないかと。


岩本貴の経歴・略歴

岩本貴、いわもと・たかし。日本の経営者。「楽患ねっと」代表。東京都出身。アクセンチュア在職中に楽患ねっとを設立。その後、楽患ナースを設立。

他の記事も読んでみる

神田昌典

AI化が今後ますます進んでいくと、AIをどう使うかで差が出てくるように思えるかもしれませんが、実際は逆です。競合他社もAIを利用するので、AIでは違いが出せなくなるのです。AIを用いた「アルファ碁」は人間のプロ棋士に勝ちましたが、そのアルファ碁とアルファ碁が戦ったらいつまでも勝負がつかない、といえばイメージしやすいでしょうか。では、何が差別化のポイントになるかと言えば、それは人と人とのリアルなつながりです。これらはむしろ、前世代の人こそ得意としてきたはず。自らの強みは何かを考えたうえで、自分のお客様とのつながりを強化していく。AI時代にはそれが差別化ポイントになります。


ロッシェル・カップ

生かせていない力を引き出せるかどうかはリーダーのあり方にかかっている。


津村記久子

どうせ人生、ままならないもんなんですよ。うまいこといかないことがあっても、「今日はあかん日やったな」と思えばいい。全体を諦める必要なんてないです。


若松秀夫

これまでは、バッグの軽さなんて海外ではほとんど重要視されてきませんでした。ところが実際に私のバッグを使っていただくと、「やっぱり軽い方がいいよね」ということになるわけです。とくに海外向けということを意識しなくても、日本でいいものをつくっていけば、必ず海外の人たちにも評価されるという自信が私にはあります。


熊谷正寿

一番大切なのは、人の役に立ち求められるサービスかどうか。シンプルに考えるとビジネスとは、喜ばれるプロダクトを作って提供し続けていくこと。本質的に良い物を提供している会社が勝つ時代。1番でなければお客様には喜んで頂けない。


末吉興一

最も大事なのは人材育成ではないでしょうか。今は、世界の中で自治体も競争をしています。


家次恒

僕は持論として、環境が人を作ると思っている。日本は「欲しがりません勝つまでは」と言ったから負けたんですよ。環境を変えたら考えが変わる。欧州だと研究所がアルプスの中にあったり。さすがだなと思いますよ。


前澤友作

僕だって不安になるし、落ち込みもします。だけど多くの人が喜ぶ正しい商売をしているんだと思うことで、そうした不安を解消してきました。


大竹美喜

人づくりもエリートを育てるのではなく多士済々なんですから、それぞれの才能に磨きをかけるべき。だからこそ、私は今も人を育てるための活動に注力しています。


橘俊夫

トップというものがどういう発想をするかによって全てが変わる。


石田純一

様々な経験を通して分かったのは、唯一の財産は自分自身だということです。お金は社会と自分の間をぐるぐる回って、多い時や少ない時があるもの。僕にできるのは、自分という資産価値を高めるために努力しておくことなんです。


アントワーヌ・リブー

事業は利益を追求すると同時に、持続可能でなくてはならない。そのためには、常に社会的責任と事業成功を均衡させなければならない。