名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

岩本敏男(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩本敏男(経営者)のプロフィール

岩本敏男、いわもと・としお。日本の経営者。「NTTデータ」社長。長野県出身。東京大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ人事部部長、金融システム事業部長、取締役、金融ビジネス事業本部長、常務執行役員、副社長執行役員などを経て社長に就任。

岩本敏男(経営者)の名言 一覧

我々はミニIBMにも、ミニグーグルにもなるつもりはない。NTTデータとして彼らと差別化できる価値を作っていきます。


最近のIT業界ではオープン化の流れが進んでいます。何でも自前でやれる時代はもう終わっています。


貸借対照表や損益計算書などを理解しないと経営を語れないのと同様に、ITの重要性を理解できなければ、もう経営が無理な時代です。


CEOで「ITを知らない」と言うなら、もう経営者失格と同じことだと思います。


今の世の中の変化の速さは指数関数的で、昔のパラダイムの中で通用した旧来のビジネスモデルは、ある瞬間に、突然パワーを失い時代遅れになるということです。


我々はシステム化やソリューション提供で様々な業界の顧客の仕事を支援する立場にある。顧客の業務を勉強し、必要な技術を提供します。が、やはり顧客はその分野のプロです。そのプロの方々にも一緒に考えてもらった方が、我々だけで考えた技術やサービスを提供するだけよりも、新しいものを生み出せる。


当社は近未来の情報社会のトレンドと、それに伴う技術トレンドの予測を毎年発表しています。未来の社会トレンドと関連技術の予測を顧客へ提示することで、顧客と我々の間で何か火花が散って、面白いイノベーションが起こるのではと期待しているからです。


グローバルなシステム会社として「日本らしい品質」を前面に打ち出すべきかどうか、社内で大きな議論がありました。ただ、海外子会社の幹部は「NTTデータは日本の企業なのだから、日本企業としての強みを堂々と打ち出すべきだ」と賛成してくれた。


当社は現在、北米のシステム業界では40位くらいの規模です。これでは、大手の顧客から声がかからない。技術力の問題ではなく、顧客がまずドアを叩いてくれるかどうかの問題。それはブランド力や認知度の有無に大きく左右されます。


売り上げや人員で海外の比重が高まる中で、今の経営体制を続けていけるかは疑問だ。買収を進めてきた一方で、本当の意味での「ワンNTTデータ」化はまだできていない。欧州や米国を代表する幹部が経営陣に入るなど、変革が必要だろう。これまでとは違う意思決定メカニズムを構築できるかが、さらなるグローバル化のカギになる。


M&Aの際に重要になるのが、買収する企業の「カルチャー」だ。我々が提供するのは企業向けのIT「サービス」だ。顧客としっかり向き合ってシステムを開発し、アフターフォローを続けるには、同じ言語を話し、文化を深く理解できる人材が不可欠だ。そのためには、細かいオペレーションは現地に委ねる必要がある。買収前に経営陣とじっくり面談し価値観などを確認できたなら、あとは信じて任せた方がいい。日本から経営陣を送り込んでいない理由はここにある。もちろん、業績やコンプライアンスなどはしっかり管理する。


岩本敏男(経営者)の経歴・略歴

岩本敏男、いわもと・としお。日本の経営者。「NTTデータ」社長。長野県出身。東京大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ人事部部長、金融システム事業部長、取締役、金融ビジネス事業本部長、常務執行役員、副社長執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

遠藤保仁

サッカーって運動量やフィジカルが目立って見えますが、僕が試合で心がけているのは、頭を使うことですね。もちろん、容易ではありません。常に試合は動いていますから、どこにボールを出すスペースがあるか、敵と味方がどんなポジションか。それらを確認しながら、先を読んでプレーしなければいけない。


野中正人

新年会と社員旅行も重要な行事です。新年会・社員旅行には全社員の90%以上が参加します。費用は会社持ちで、参加は任意。主婦業と両立している社員にとっては、気兼ねなく出かけられるいい機会になっていると思います。ただし、いずれも食事がまずいと参加者が減ります。女性の目はシビアです。総務部は社員の心をつかもうと、毎回必死になって企画を練っています。


長谷川武彦

国際会計基準やグローバル・スタンダードの導入は国際競争を勝ち抜くための「必要条件」ではあっても、「十分条件」ではない。必要条件だけを懸命に実行して満足しているようでは、横並びの域を出ないと思います。必要条件は当たり前のこととして迅速に取り入れたうえで、もっと上の本来の目的を追求しなければ次の時代を勝ち抜くことはできません。


オダギリ展子

整理整頓はミスの防止に絶大な効果があります。大事な書類やメモなどの紛失は、乱雑なモノの配置が原因となって起きるものです。身の周りが常に整理整頓されていれば、そのリスクを限りなくゼロに近づけられるのです。


森川亮

定例会議をなくしました。会議が必要になれば、その時その場でやって決めればいい。毎週、定例会議を開く場合、決めるべきことがあっても定例会議まで待たなければならないし、そこで決まらなければ、また1週間後を待つことになってしまう。議題がなくても開かれるなど、会議が形骸化している場合も少なくない。必要な時にとことん話し合って決めればいいのです。


黒川康正

勉強時間を捻出するには、時間の単位の考え方を変えることが重要。たいていの人は勉強時間を作るとなると、1時間、2時間など数時間単位で考えてしまいます。その感覚では時間は作れません。だから移動時間や仕事のふとしたスキマに生まれる、細切れ時間を有効に活用するのです。


角和夫

株主の利益を考えた場合も、いわゆる売り抜けを狙っている株主と長期保有される株主を分けて考える必要があります。長期保有の株主は、安定的な配当と堅実なキャピタルゲインを求めておられるわけで、そうした株主の期待に応える経営をしていくことが大切だと思います。


瀬戸薫

宅急便の配達について「細かいマニュアルはつくらない」というのが、小倉(昌男)さんの一貫したスタンスだった。我々が接しているお客様は、10人いれば10人とも違う。だから「お客様が一番ほしいと思うサービスを、あなたが自主的に判断してやりなさい」というのが基本的な考え方だ。それゆえ当グループでは、詳細なマニュアルを作成しないだけでなく、サービス立案・運用の権限を第一線に委譲している。


小笹芳央

コンサルティングという業態的には、どうしても人材資源に依存する部分があります。そのため、いかに優秀な人材を惹き付け、その後のモチベーションをどう維持していくのかが大切になるので、顧客だけでなく自社でも色々な取り組みをしてきました。


岡田和芳(コンサルタント)

私はなにも資格は持っていませんでしたが、これを逆に利用しようと考えました。つまり、知識がないのであれば、「この家は私のチームの設計士が作ったんですけども、もしよろしければ彼をご紹介します」と話したんです。そして自分への信頼度を高め、資格や知識のなさをカバーしました。


山内伸介

工賃を安くするのではなく、高い加工技術を生かす道を選んだことが認められてきた。


鈴木敏文

中内(功・ダイエー創業者)さんをはじめ、コンビニに対して「そんなもの日本で根付くはずないだろう」と言っていた。大学のマーケティング教授なんかも誰一人として賛成しなかった。