名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩本太郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩本太郎(経営者)のプロフィール

岩本太郎、いわもと・たろう。日本の経営者。「大塚製薬」社長。静岡県出身。静岡大学農学部卒業、岐阜薬科大学で博士号を取得。米国の製薬会社勤務を経て大塚製薬に入社。大塚アメリカファーマシューティカルCEO(最高経営責任者)などを経て社長に就任。

岩本太郎(経営者)の名言 一覧

人に迎合しない強さを持つ。そして、物真似しない製品づくりで、未発掘な顧客を創造する。


大塚製薬は大企業ではなくビッグベンチャーでありたい。情熱と発見を軸に、大企業では困難な創造的・革新的な経営を展開できる会社でありたい。


岩本太郎(経営者)の経歴・略歴

岩本太郎、いわもと・たろう。日本の経営者。「大塚製薬」社長。静岡県出身。静岡大学農学部卒業、岐阜薬科大学で博士号を取得。米国の製薬会社勤務を経て大塚製薬に入社。大塚アメリカファーマシューティカルCEO(最高経営責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

飯田亮

意思の疎通がうまくいかなければ、企業はすぐにつまづいてしまう。


豊島逸夫

あれこれ考え過ぎても、投資はうまく行かない。知識が多ければ儲かるのなら、大学教授の投資パフォーマンスが一番いいはずだ。


藤井孝一

本は必ずしも全部読む必要はありません。メールマガジン用に、毎日一冊読むと決めていますが、そのための時間は一時間しかとっていないので、エッセンスとなる部分を探して読みます。じっくり読みたいと思う本は、時間に余裕がある週末に読むようにしています。


家次恒

これからの流れ、時代を先取りしていかないと、環境、状況、技術が変わった時に企業は絶対滅びますよ。


堀之内九一郎

勉強の続かないサラリーマンの姿からは「すぐにお金にならないことはしたくない」という考えが透けて見えます。この資格を取れば、人事考課の加点項目になり、給料が3万円上がる、というような規定があればやるけれども、なければやらない。やるにしても、ムリやりやらされている気分がどこかにあるので、なかなか続かない。勉強に対して、受け身でありながら打算的でもあるので、すんなりと打ち込めない。だから、まずは、釣りでもゴルフでも何でもいいから、趣味を勉強の入り口にすればいいんです。


荒木壽一

アークは家電や自動車などのメーカーから、新製品開発に欠かせない試作モデル作りを請け負っています。3年前、メーカーの製品開発を総合的に支援できる世界のオンリーワンになるという目標を掲げました。そして金型などの分野を強化するため、国内外で企業買収を積極的に推進し、連結対象会社はすでに90社に達しました。


吉野佳秀

ものを作る人たちは壊すことをやりたがりません。彼らは良いものを作り上げる願望が強いため、壊すのは本能的に嫌なのです。「作る」と「壊す」は全く別の次元の仕事だと思った方が良い。それがやっと世間にも分かりつつあると感じています。


松本大

形式や用語選びは、究極には副次的なものだと私は考えています。文章を書くときに大事なのはやはり内容。これは手紙であろうとメールであろうと同じですし、日本語でも英語でも通用する真理。文章の基本は「こちらの言いたいことをわかってもらうこと」に尽きる。


宮内寿和

父には、職人として、これだけはやったらあかんことを教わりました。


古森重隆

私が入社した1963年、米イーストマン・コダックは仰ぎ見る存在だった。売上高は17倍、カラーフィルムや印刷製版フィルムもコダックの方が性能は上。感光材料の主原料となるゼラチンや銀を取るために、牧場や銀鉱山を持っていたほどで、こんな会社に勝てるのかと正直思った。だが、富士フィルムは諦めずに技術を磨き続けた。最終的にコダックを追い抜いたと思ったのは、76年に「ISO感度400」という高感度カラーネガフィルムを発売した時である。コダックを上回る技術力を手にできたのは、生き延びるための激烈な競争の結果だ。


高井伸夫

土光(敏夫・経団連会長)さんに初めてお会いしたとき、アポイントメントは午前7時20分でした。当時、僕はすでに朝型人間だったのですが、「それにしても早すぎる」と思いました。ところが、聞いてみると、土光さんは、午前6時半には出社しているとのこと。これには正直驚きました。そして土光さんに触発されて、僕もそれからは午前6時には事務所に行くようになったのです。


伊達公子

いま、一番難しいところに来ているのかなと思っています。これまでは、痙攣の克服と、スピードテニスに対する反応を重点的にやってきたのですが、いまは疲労を溜めないで、どれだけ早く回復させて、いい状態で試合に臨めるか、というのが自分の中では課題になっている。