名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩明均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩明均のプロフィール

岩明均、いわあき・ひとし。日本の漫画家。東京都出身。上村一夫のアシスタントを経て、『ゴミの海』でちばてつや賞入選。主な作品に『寄生獣』『ヒストリエ』。

岩明均の名言 一覧

明と暗が少し交じった方が面白いというか、うまく言えませんが笑いは気持ちを「ホッ」とさせるほか、隣接する「怖さ」を引き立てる効果もあるような気がします。


私はマンガ作者ですが、けっこうマンガ読者でもあるので、読む側の気持ちを何となく思い浮かべながら描いてます。


違和感なく、すんなりと物語の中に入っていけるようにすることが何よりだと思う。


初めに心に浮かんだ、おぼろげな完成予想を大きく上回る出来に「なりそう」と思った瞬間が、楽しく嬉しく勢いが出ます。難しいと感じるのは、常に「期間内に作画を完成させる」という事。マンガ家としての基本ですが、デビュー以来30年以上ずっとこればっかりです。


私は若い頃には人が死んでいく場面を描くときもさして苦にならなかったんですが、最近は結構重たく感じるようになりました。そうした点で、『ヒストリエ』はこの先、少々きついかもしれません。しかし、頑張ります。若い頃の自分が震え上がるような場面を描ききれれば、と思っています。


私としては「まずキャラクターをつくり、歩かせる」よりも、「そこにいるヤツを無理やり歩かせてキャラクターにしていく」方がやりやすいので、まずそこにいるヤツのケツに火をつけるために、そいつの周辺の人物を殺しちゃったりするわけです。なんか言葉が汚いですけど。


弱音ですいませんが、体力の衰えが大きい。全体的に体力が落ちたというほかに、気を抜くとペンを使う手元がやや狂います。手元の狂いを気にする分、逆にペン入れは少し丁寧になったかもしれません。


岩明均の経歴・略歴

岩明均、いわあき・ひとし。日本の漫画家。東京都出身。上村一夫のアシスタントを経て、『ゴミの海』でちばてつや賞入選。主な作品に『寄生獣』『ヒストリエ』。

他の記事も読んでみる

逢沢明

私がときどき使う言葉で「顔の見える設計」というのがあります。開発者や設計者の「こだわり」や「一生懸命さ」が見えてくるんですね。それが製品に対する愛着を持たせてくれる。良い人が必死になって設計しているから大事に使おう。また次もそこで買おうと。


藤原和博

「分かったつもり」って結構、重要な言葉なんです。学校がただ単に授業で教えている限りにおいては、分かったつもりにさせているだけで分からせていない場合が多い。


濵口道成

ノーベル賞を受賞した研究は、天野(浩)先生なら25歳、ほかの先生方でも29歳から35歳の時に手掛けたものです。若い研究者だからこそ突破力がある。一方で、「人類社会にとって何が必要なのか」という俯瞰的な知識や、「どこを突破すべきなのか」という目利きはできません。ここを師匠が補うわけです。


河上和雄

自分のことって、わかりそうでわかんないもんです。


ジェイ・エイブラハム

私が今まで見てきた尊敬すべき経営者はみな自社の経営理念について明確に理解しています。その会社の社員も同じように理解し、その理由や背景についても知っています。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「明確な役割分担をしない」チームというのは、状況判断に長け、トラブルが起きても柔軟な対応ができるという強みがある。


林文子

気配りは、相手が何を望んでいるか考えて実行しましょう。多くの方がそれをやりません。挨拶ひとつしない方が多いです。だから気配りの第一歩は丁寧で誠実な挨拶をして、お会いできて嬉しいという気持ちを伝えることからはじめてはどうでしょう。挨拶をするとき、相手が喜ぶ話題を振った方がいいといった営業スキルのようなものは確かにありますが、それ以前の部分にきちんと取り組む方が大切だと思うんです。


天坊昭彦

部下の判断も出光としての判断ですから、たとえ間違っていても、上司が覆すことはありません。「なぜそんな判断をしたのか」と、こっぴどく怒られることはありますが、お客様にとっては部下も上司も出光を代表している社員であることに変わりないのですから。


柳田泰山

偉ぶっている人は僕も嫌いです。席上揮毫(きごう)は最近の若手書家の流行りですが、実際は明治時代からあるもの。もっともあんなものは芸術ではありません。5分で書き上がるものを、もったいぶって演出して見せているだけですよ。それでも書道は閉鎖的な世界ですから、多くの人に興味を持ってもらうには大事なパフォーマンスで、僕のイベントでも弦楽四重奏を流したりもします。書家も自己満足で終わらせず、多くの人に見てもらうという意識は必要です。書のパフォーマンスや映画化などを批判する人もいますが、人々が書に触れるきっかけをつくっているのだから素晴らしいことです。基本がしっかりしているならどんどんやればいい。


矢野博丈

もし上場していたら、いまのような海外展開はあり得なかったでしょう。当初大失敗したのです。12億円の損失を出しました。上場企業だったら、いくら創業者だって社長辞任に追い込まれていたでしょう。結果的になりますが、上場しなかったからこそ試行錯誤ができたのだといえます。


本城武則

日本人がなぜ英会話や英作文ができないのか。それは、完璧さを求めるから。日本の英語教育は、言わばネイティブと同等を目指しています。しかし、日本語で育ってきた私たちが今からネイティブと同じだけの知識を身につけることは不可能です。むしろ、意思疎通だけなら中学生程度の英語力でもできます。やるべきことは、今ある自分の英語力を最大限に使って、コミュニケーションを取る方法を訓練することです。


三津家正之

これまでの研究開発では、失敗しないように時間をかけて確実な方法を取る傾向がありました。しかし、私は逆に「時間をかけること自体がリスクだ」と強調して、担当者の意識を変えようとしています。