名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩崎達也(マーケティング)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩崎達也(マーケティング)のプロフィール

岩崎達也、いわさき・たつや。日本のマーケティング学者。「九州産業大学商学部」教授。群馬県出身。青山学院大学文学部史学科卒業。博報堂コピーライター、日本テレビ宣伝部長・編成局エグゼクティブディレクター、日テレ アックスオン執行役員、法政大学大学院客員教授などを経て九州産業大学商学部教授に就任。

岩崎達也(マーケティング)の名言 一覧

リーダーシップというと、ともすれば一番上のリーダーしか語られない場合が多いですが、実は中間のリーダーシップを持つ人たちが、目的の遂行に向けてブレずに、内外の圧力を払いのけていくことが大事。


最近の若い人のように叱られると萎縮してしまうようなケースでは、ゴールまでの道筋を示し、役割を与えるサーバントリーダーシップも必要。時代や組織の成熟度によってもリーダーシップの形は変わる。


中間のリーダーたちは、部署の垣根を越えて言うべきことを言い、根回しをして行動した。経営トップや人事部は、これをバックアップした。そういった全社一丸の動きによって組織が機能的に回り、成功につながっていったのだと思います。

【覚え書き|日本テレビ時代、視聴率トップを奪還したときを振り返って】


リーダーにはいくつかあって、夢や生き様などを語り、憧れをつくる背中で付いて来させるタイプ。明晰な頭脳で戦略を立てる頭で付いて来させるタイプ。懐の深さがあり太っ腹な、腹で付いて来させるタイプ。行動派で「この人がここまでやるなら仕方ない」と思わせる足で付いて来させるタイプ。技術職や職人肌で、この人の技はすごいという腕で付いて来させるタイプがあると思います。


岩崎達也(マーケティング)の経歴・略歴

岩崎達也、いわさき・たつや。日本のマーケティング学者。「九州産業大学商学部」教授。群馬県出身。青山学院大学文学部史学科卒業。博報堂コピーライター、日本テレビ宣伝部長・編成局エグゼクティブディレクター、日テレ アックスオン執行役員、法政大学大学院客員教授などを経て九州産業大学商学部教授に就任。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

まずあなたが何を成し遂げたいのか、何を背景として働くのかを理解しない限り、最善の理念は生まれない。


川村和夫

3年間で商品を約3割減らしました。小売業のPB(プライベートブランド)の受託も徐々にやめています。市場にPBが広がっていることもあって、メーカーが生きるには付加価値を高めていくしかありません。


荒川詔四

中期計画は環境の変化を織り込んで、毎年見直しています。といってもコロコロ変えるわけではなく、いったん決めた目標を達成するために、環境変化を織り込みながら施策を変更し、追加していくのです。


町村敬貴

泥炭地での牧場経営は、私だからできたのだと思う。私には十年間の米国での知識があり、国内だけの知識だったら必ず失敗しただろう。


熊谷眞一

現在の日本は二極化が進んでいます。ごく少数の上流と圧倒的な多数の下流。これではいけない。「知的上流・経済中流」という層を増やし、その生活の質を向上させることが必要です。


笠鳥高男

研修は、学びを実践に移さなければ何も変わりません。「いい話が聞けました。これからの参考にしまーす」などと言って流されると、「ああ、何も変わらないんだな」と泣きたくなるほどつらくなります。


平本あきお

周りが気にならないようにするには、本当は自分がどうしたいかという軸があればいい。まずは1日1個「誰がなんと言おうが、今日はこれをしたい」ということを決めて実行してみるといいでしょう。


近藤太香巳

人は絶望を希望に変えられる。無理だと思った瞬間に進歩は止まり、不可能だと口にしたとたんに未来はつまらないものになる。諦めなかったら挫折にはならない。


上釜健宏

業績が悪い時に改革に取り組んでも、ろくなことは無いですよ。言い訳を探したくなるし、やっぱり萎縮する。業績が好調なタイミングにやるからこそ迫力が出るし、社員も理解してくれます。


入山章栄

経営学では、「最初は失敗を重ねたほうが長い目で見れば成功しやすい」という研究成果がある。失敗すれば「自分の世界観は間違っているかもしれない」と考え、学習を怠らなくなるからだ。


上野金太郎

右肩上がりは経営者が目指すべきもの。新しい試みへの挑戦はブランドの鮮度を保つためでしょう。


川越達也

自分が無理なくできることをいくつか見つけたら、たとえ小さなことであっても、「自分はこれしかできないんだ」もしくは「これがあるから大丈夫」とあえて考えてみる。そして、その能力を磨き抜く。あれもこれもと考えるより、そのほうが結局は仕事の幅が広がっていくように思います。