名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩崎辰之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩崎辰之のプロフィール

岩崎辰之、いわさき・よしゆき。日本の経営者。「TEPCOホームテック」社長。東芝エンジニアリング、三静水道工業所などを経てエプコ社長、TEPCOホームテック社長。

岩崎辰之の名言 一覧

既存の枠にとらわれないチャレンジで、社会を一変するようなイノベーションを起こすことが事業活動の醍醐味。


お客様自身は省エネといっても、何かを我慢すること以外なかなか気づかない。新しい省エネ機器の動向もご存じない。だから具体的な仕掛けや仕組みをご提案し、省エネしながらも、より快適な生活をしていただけるよう努めたいですね。


私が常に心に置いているのは「人生有限、可能性は無限、限界は自分」という言葉です。人生は限られていますから、無限に広がる可能性を掴みにいかなければなりません。その限界線を引いてしまうのは自分だということです。その自分に打ち勝つことができるかどうかが問われます。これはフィロソフィーというほど大げさではありませんが、私と会社の行動原理になっています。


省エネ機器は交換に数十万円から100万円単位の初期コストがかかり、お客様も二の足を踏んでしまう。そのブレークスルーが、独自のサービス「エネカリ」です。省エネ機器の販売ではなくレンタル方式で、初期費用がゼロ。月々の電気料金とパックにしてお支払いいただきます。東京電力グループならではの新しいエネルギー利用サービスといえるでしょう。


「人生有限、可能性は無限、限界は自分」という言葉を常に意識しています。いつからこの言葉を意識しているのかは明確ではありません。ただ、起業をした24歳の時から、どこかにこういう意識はあったような気がしています。いつ死んでしまうかわかりませんから、常に新しいチャレンジをしていかなければならないという思いを持っているのです。


私たちエプコが経験してきた大手住宅メーカーさんのアフターメンテナンスサービス事業では、お客様全体の約50%が登録後1年以内に何らかの電話をくださいます。また約36%は実際に修理作業を実施しているのです。困り事対応や修理の履歴を管理し、お客様との接点を強化していくことで、それぞれ多様な条件のご家庭に最適な省エネサービスも提案できるようになると思います。


岩崎辰之の経歴・略歴

岩崎辰之、いわさき・よしゆき。日本の経営者。「TEPCOホームテック」社長。東芝エンジニアリング、三静水道工業所などを経てエプコ社長、TEPCOホームテック社長。

他の記事も読んでみる

三原邦彦

昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。


苅野進

やるべきことの一つは「例外」の把握です。「例外はないのか」と考えてみるのです。例外を考えると、「隠れた前提」の見落としがないかのチェックにもなります。


桃谷誠一郎

OEM事業開始後、実際には苦労した。ただし、研究員や生産現場の実力が上がった。我々のメーンの製品は、比較的リーズナブルな価格なので、当然、研究員はそれに応じた開発を行っている。しかし、OEM事業を手掛けることで、例えば、1つ数万円の高級クリームを開発する機会を得た。当然使える素材が変わり、研究員にとって世界が大きく広がった。工場も様々な条件を持った製品を製造することで、スキルがどんどんと上がっていった。


柳井正

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。チャンスはたくさんある。


鈴木成朗

職人や技術者というのは基本的に、「できない」とは言いたがらない人間です。何か課題があれば「なんとかしてやろう」「どうすればできるんだろう」と頑張るんでしょうね。


北条司

最初に「もっこり」を使いだしたのは、徳弘正也さんの『シェイプアップ乱』でしょうね。担当がやれって言いだしたんですけど、最初はパクリみたいでイヤだったんです。だけど、やると決まったからには、やりきるしかない。途中からは完全にギャグマンガのつもりで描いてましたね。だいたい6話で1エピソードなんですけど、5話までほぼギャグで、6話で銃撃シーンがあって、またギャグで締めくくるみたいな(笑)。

【覚え書き|『シティーハンター』連載時を振り返って】


宮内義彦

若い時代は、貴重な時間です。日々をムダにせず、大事に生きてほしい。


三枝利行

社内ルールって、メタな(俯瞰的な)視点から見てみると、結構バカバカしいことがまかり通っているケースが多いのです。ですから高い位置から俯瞰したり、グローバルスタンダードを基準にして評価すれば、自分の考えが間違っているかどうかがよくわかります。それをやってみて間違っていないと確信できたら、その信念を頼りに突っ走ればいいんです。


齋藤孝(教育学者)

逃げると決めたら即実行。相手を傷つけるのではないかとか、途中でやめるのは恥ずかしいとか、あれこれ考えるとなかなか行動に移せなくなります。自分のセンサーが「これはだめだ」と感じたら、無理をせずに逃げる。そんな選択肢もある。


小日向文世

演技プランは、リハーサルの段階から、自分がイメージしたセリフや動きを提案しますね。そこで、監督や相手役の演者はどう見せたいのか、意見を擦りあわせながら作り上げます。


松井忠三

主流にいなかったからこそ上司の顔色をうかがわずに行動できた。
【覚え書き|西友時代を振り返っての発言】


イヴァン・バルベラ・トラスプエスト

会社ではなく、商品やお客様との関係が全面に出なければならない。