岩崎裕美子の名言

岩崎裕美子のプロフィール

岩崎裕美子、いわさき・ゆみこ。日本の経営者。化粧品会社「ランクアップ」社長。北海道出身。藤女子短期大学卒業後、大手旅行代理店、広告代理店勤務などを経て「ランクアップ」を創業。

岩崎裕美子の名言 一覧

どんなことも、背に腹は代えられない状況になれば達成できるもの。残業ゼロも、本当に必要だと思えば、実現に向けてやれることは多々あるはず。


働くママの発想がヒット商品を生む。


残業を撲滅するポイントは経営陣による意識の徹底と、徹底的に業務スピードを上げる工夫の積み重ねにある。


経営トップの考え方が変わらなければ問題は解決できない。


既存事業を伸ばすために長時間頑張っても、10~20%の成長がいいところ。でも、新製品やサービスを生み出すために効率的に時間を使えば、大きく飛躍できる可能性がある。


会議は30分というルールにしています。そこで結論を出さないとまた集まらなければいけませんので、いやが応でも集中した議論になります。


ムリな残業で伸びた売上げは、一時的なものです。それより、社員が健康的に長く働ける土壌を作れたらと考えています。


私たちのように後発でまだ小さなメーカーでもしっかり特徴を打ち出していけば、売上を伸ばせる。


ベンチャーは差別化できなければ生き残れません。


長時間労働で一過性の売り上げは得られるけど、企業の持続的成長はない。


当社は売れるものではなく、自分が納得できる化粧品を作るという思いから始めました。


主体的に行動する情熱が大切です。少しくらいKY(空気が読めない)な人でも歓迎です。
【覚え書き|求める人材像についての発言】


世の中のワンマン社長は自分がワンマン社長と気が付いていないことが多い。私もそうでしたから。


まずはやりがい、それから生産性を上げるための仕事環境を追求する。この順番が大切。


広告作りのポイントは「こんな商品が欲しいと思っていた!」と相手に共感してもらえること。


社員の意見も取り入れながら職場の環境改善を進めることで、社員のモチベーションも上がっていきました。


私たちは無添加で作っているので、矢継ぎ早に新製品を繰り出すことはできません。他社製品との差別化が出来ないものに関しては、私たちがわざわざ出す必要はありませんので、作らないという選択肢を取っています。


会議や打ち合わせの時間。以前は会議をだらだらと脱線させながら、2時間くらいかけてやっていました。社員の提案で試しに30分でやってみたら、何の問題もありません。事前に資料を配って読み込んできてもらえば、短時間でも濃い議論ができることが分かりました。


ランクアップを設立する前に、別の会社で取締役をしていました。その会社では社員が毎日のように終電まで働き、残業しない人は評価されないという環境でした。プライベートの時間などほとんどありません。いわばブラック企業のようでした。実際、そのような環境では社員たちも長くは続かず、すぐに辞めていきました。ですから、組織として成長がなかったのです。この時に長時間労働では、社員が疲弊してしまい、組織を拡大することの難しさを実感しました。


できるかどうかは社長の本気度次第です。時短や女性活用も社長の気持ち一つです。社員からいろんな提案が出されても、OKしてあげられなければ意味ないですから。


アウトソーシングするといっても、丸投げするのではありません。理念、価値観、戦略をしっかりと話し合ってパートナーを選定します。軌道にのった後も2~3か月に1回は合同会議を開きます。


紙の資料やパソコン内のデータの置き方について、全社共通のルールを作りました。違う部署の資料も迷うことなく見つけられるようになり、時間が大幅に節約できました。


長時間労働や人手不足が社会問題になっている今こそ、変化のチャンス。


業務の棚卸しは、本当におすすめです。どんな会社でも惰性で続いている業務というものが潜んでいるものです。例えば、実際には誰も見ていない数字なのに、毎月リポートにまとめ続けているといった作業はありませんか。


経営陣が退社時間になったら声をかけて回ったり、ワークライフバランスについての書籍を配ったり。誰もがずっと働ける会社を作りたいと説得し続け、だんだん残業禁止が定着していった。


残業をなくすには、仕事のスピードを上げる合理的な仕組みが必要です。イベントがあるなど突発的な理由で残業が発生するのはやむを得ません。それが2か月以上継続する、あるいはそもそも仕事の量が多いときは、業務を棚卸しし、時間内に収まりきらない仕事を整理するのです。


アウトソーシング費用や人件費が増えるのはもったいない。そう思う経営者の方もいますが、私はまったく逆の考えです。配送やコールセンター、PRなどの業務をアウトソーシングしています。「餅は餅屋」で、プロの方にお任せした方が作業の質が高くミスもない。


社内向け資料のつくり込みは禁止。社内会議でしか使わないのに、エクセルで色を付けるなど数時間かけて資料を作り込んだりしていないでしょうか。社内資料は意味が分かれば十分ですよね。その時間は重要な業務に回すべきです。


「残業がないと売上高が下がるのが不安」という経営者の皆さんは、ぜひ社員に相談してください。最も現場を知り、早く帰りたいと思っているのは社員です。真剣に解決法を考えてくれるはずです。


定時が早まったのと同時に、どんな会議でも「30分」で終わらせるルールを設けました。ただでさえ短い勤務時間の中、会議に2時間も3時間も費やしていたら、5時に帰れるわけがないからです。時間内に結論が出なければ強制終了。決まらないものは何時間話しても決まりません。


外注の依頼内容はだんだん広がっており、いまでは社内の在庫管理や領収書の発行など事務作業もお願いしています。そうしてできた時間を、企画やマネジメントなど、外部に任せられない仕事に使うのです。


商品のピッキング・梱包・発送だけでなく、経理や受注業務など、あらゆるものをアウトソーシングしています。経費が高くつくのでは、と心配されることもありますが、自分たちが梱包作業などの専門外の慣れない仕事をすれば、多くの時間と労力がかかりますし、ミスも増えます。だったら、精度の高いプロの方にお任せしたほうが費用対効果がいいのは明白です。社員の残業も減るのですから一石二鳥です。


サービス向上に役立っているのは「社長室はがき」です。利用者が商品やオペレーターなど、様々なことに関して社長に直接意見を伝えるための仕組みとなっています。はがきを通して届くお客様の声は、商品の改善に役立つ宝箱です。


弊社の商品作りのポイントは、自分が欲しいものを作ること。自分が本気で欲しいモノを作るのですから、妥協はしません。その結果、他社とは一線を画した商品が生まれるのです。こだわりの詰まった商品が、大勢の利用者の共感を得てヒット商品となっています。


残業ゼロでも売上げが右肩上がりの秘密は、「差別化した商品作り」「広告力」「丁寧なサービス」の3つ。商品力、広告力、サービス力。どれかに秀でた会社は数多くあると思いますが、弊社はこの3つ全てで手を抜いていないため、「残業ゼロでも売上げ増」に繋がっているのだと思います。


新卒採用も会社の活性化を後押ししました。育て甲斐のある後輩が入ったことで、社員の指導者としてのスキルが上がる。素直でかわいい新卒によって社内士気も高まる。新卒社員は入社時から新規事業立ち上げという使命を与えているのでポテンシャルを生かせる。このように、新卒採用は会社に対して様々なプラスの効果をもたらしたのです。


アフター5というリフレッシュできる時間を確保し、新しいアイデアを生み出せる状況を常に設けておくことは、新商品を生み出す企画力を向上させ、残業しなくても売上げを伸ばせる事実に繋がっています。


残業をしないための仕組みとして行ったことは4つ。(1)全社員に定時退社を徹底する、(2)業務の棚卸と選別、(3)業務のシステム化、(4)アウトソーシング活用です。


残業禁止を命じたものの、社員は猛反発しました。反対する社員には、残業を強いている仕事とは何なのか聞き、業務の棚卸を行ったのです。すると、仕事の無駄が多いことが判明しました。


会社の理念や製品誕生の背景など、ちゃんと説明していなかったと反省しました。自分たちは何度も説明したつもりだったのですが、伝わっていなければ意味が無いでしょう。何度もコミュニケーションを取ることが必要。


マーケティング調査をすると架空の人物像が出来上がります。30代の女性はこういう悩みがあるので、こういった製品を作ると売れますといった方法はしたくなかった。


もともと起業したのは、前職で夜遅くまで働き詰めで肌がボロボロになってしまい、自分の肌を改善したいというのが始まりです。自分の肌さえも改善できなければ、人の肌を綺麗に出来ません。


「会議は30分」は、社員からの提案です。昔は会議に2時間かけ、結論が出たと思ったら翌日に変更、なんていうこともしばしば。これには私も社員も疲弊しましたね。今はどんな会議も30分と決めているので、速やかに結論が出ます。結局、30分で決まらないことは、2時間かけても決まらないのです。


アウトソーシングするパートナー企業同士をつなげれば、より高次の効率アップも可能です。たとえば、コールセンターと配送会社を引き合わせ、配送トラブルが起きた場合は私たちを介さずやり取りし、迅速に解決してもらっています。すべては信頼関係があるからこそできることです。


22歳頃に「起業したい」と思ってから、どんな業態で起業すれば良いか長い間分かりませんでした。今になって、当時読んだ本の一文を思い出します。「今就いている仕事を必死に頑張れば、きっかけが現れる」。本当にその通りになりました。


「長時間労働という未来の無い働き方を変えなければいけない」。そんな想いから、ランクアップでは、仕事を新しく覚える新卒社員以外は定時で帰ります。集中して濃く働くことで、業績も右肩上がりに出来るのです。


残業をなくすにはまず社員との話し合いですね。残業をやめたいけど、売り上げが落ちたら困る。その時どうするかを社員と話し合う。社員も、売り上げが落ちたら困ると思っているんです。社員は答えを知っているんです。残業して疲れるのは自分たちなんですから。


私はとにかく、残業して事務作業を人手でやるという発想が嫌なんです。アウトソーシング代が200万円で、社員の残業代は100万円かもしれません。でも、それで社員が疲れるなら、会社が赤字にならないのであればアウトソーシングしたい。社員には生産性が高いことだけをしてほしいんです。


社内資料は作り込み禁止。色を付けたり表の見栄えを良くしたりしても、時間がかかるだけです。どんな会議も基本的には30分。次の人が部屋を待っているから解散ですね。


毎月、仕事の棚卸しをして、残業が多い人を洗い出して理由を必ず突き止めています。一時的な要因ならいいですが、慢性的になってきたら必ず解決する。派遣社員を入れたり、仕事の一部をほかの部署に移したり。


ある人に経営者の価値観を決めろと言われたんです。自分たちもブレなくなるし、社員も会社の価値観に賛同できるかどうかが分かると。その価値観が「挑戦」でした。古いものと新しいもの、どっちを選びますかとなったら、新しい方に行くよと。私達はベンチャーだし、会社は変化しないと生き残れない。


紋切型の条件で採用するのではなく、その人物を見ている。出産したばかりの女性が、面接に赤ちゃんを連れて来るという事例もあります。自分が独立した時、出産したばかりの人を採用できるかと自問しました。「そんな綺麗事は通用しない」と言われますが、弊社は残業ゼロですし、その綺麗事を通しています。その結果、今では様々な方が増え、お互いにフォローし合って仕事をしています。


他社を模倣していてはリーダー的存在の製品は作れません。私たちは誰かに勝ちたくて製品を作っているわけではなく、自分たちの悩みを解決できる製品を作りたいのです。それで数字的に負けることがあれば、それは仕方ありません。どの業界であっても、売れたり注目されたりしている製品があれば必ず真似をされます。ただ、私たちはあくまで誠実に、創業からの想いを大切にしていきたいのです。


社員満足度の向上に注力したいという想いは変わりません。私が会社を強くけん引するあまり、社員たちが萎縮し、社内が暗くなってしまった失敗を繰り返したくない。社員が挑戦できる風土を作り、どんどん権限委譲していきました。会社が明るくなっただけでなく、私が全てを管理しなくなったタイミングで新製品が次々と生まれました。


早く帰れるようになると、美術館の企画展示を見に行ったり、習い事をしたり、家族とゆっくり過ごしたりと、仕事では得られない経験がたくさんできて、感性も磨かれます。そこから新しい商品のアイデアが生まれたりして、確実に仕事にもプラスになっている。17時退社が業績アップにもつながる好循環を生み出せていると実感しています。


スケジュールは社内で共有しているグループウエアで管理しているので、紙の手帳はタスク管理だけに使っています。仕事が決まったら「実際にやること」を細かく分解して、本当の締め切りの1週間前に書き込むのが基本ルールです。私の場合、使っている手帳の「1日分の枠」に収まる量が、1日に処理できるタスクの大体の上限。


業務を効率化する何よりも大きなメリットは、社員が本当に大切な作業に集中する時間を増やせること。私たちにとって最も大切なのは、圧倒的に差別化された商品と、その特徴を消費者目線で分かりやすく伝えること。そして、顧客に親切で丁寧なサービスを提供し続けること。そのための時間を生み出せたのです。


長時間労働していても、人間はずっとフル回転することはできません。結局、昼はボーっとして夕方から本腰を入れることになります。みなさん終電があるから終電まで仕事をするのですよね。だったら、意識の中で終電を午後5時にしましょう。限られた時間で、同じ成果を上げられるはずです。


私たちは6つの社内ルールをつくっています。どれも業務スピードを徹底的にアップするための工夫です。

  1. 社内資料は作り込まない。意味がわかれば十分。
  2. 会議は30分。短時間で即断即決。時間が来たら強制終了。
  3. 社内メールで「お疲れさま」は禁止。読む時間も入力時間ももったいない。
  4. 社内スケジュールは勝手に入れる。社長でも本人の承認は不要。いちいち承認を取っていたら仕事が進まない。
  5. 業務をプロジェクト化。各部署の協力が必要な業務などはプロジェクト化で情報共有。
  6. 企画は初期段階から根回しする。企画の初期段階で関係各部署から意見を聞く。致命的な問題を早期発見できる。

(アウトソーシング先の)コールセンターのオペレーターの方にも、できるだけ直接お会いして理念をお伝えしています。そうすれば、トラブルがあっても迅速に顧客満足度を高める対応ができるようになります。アウトソーシング先がいちいちこちらに問い合わせるのではなく、「ランクアップならきっとこう判断する」と自律的に判断してくれるからです。


日本では長い時間働いている人が評価されがちですよね。私もたまたま残業している人を見ると「昨日は遅くまでよく頑張ったね」と、口を滑らせそうになります。そのたびに「ここで褒めちゃダメ」と気を引き締めるのです。気を緩めれば、すぐに残業で売上高を上げようという甘い誘惑に負けてしまいますから。


仕事環境を整えるため、弊社では改善提案制度を導入しています。ホームページ改善、書籍代負担など、改善提案をした社員には1件につき500円を支給する制度です。昨年は600件寄せられました。もちろん、何でも採用するわけではありません。少しでも迷いが生じる提案には期間を設けて試験的に実施していますし、反響がない制度は随時廃止しています。


お客様の声は、商品の改善に役立ちます。たとえば、ホットクレンジングゲルに対して「最後までクリームを使えない」というご指摘が多くありました。そこで、容器の口を指が入る大きさに広げ、指でクリームをすくい取って最後まで残さず使えるように改善しました。今ではお客様のご指摘には速やかに対応する姿勢を社員全員が身に付けています。その上、私たちは小さな会社なので改善スピードが早い。それが弊社の自慢です。


広告力の重要性に気が付いたのは広告代理店で働いていた時です。商品の良さが伝わらない広告は、いくら打っても購入には結びつかないことを実感しました。だからこそ、分かりやすいキャッチコピーを作るため、社員を研修や文章力アップセミナーなどに参加させています。1年間も同じ広告だと飽きられてしまうため、常に新しい広告を考案するなど、より良い広告作りのために様々な試みが欠かせません。


私たちは、採用活動、ホームページ作成、コールセンター、配送業務など、多くの仕事をアウトソーシングしています。餅は餅屋、プロに任せるほうが精度が上がり効率的です。やみくもに外注しているわけではありません。パートナー企業には、私たちの企業理念や考え方を最初に伝えます。目的を共有すれば大きな仕事も任せられます。


残業の理由は必ず確認します。イベントなど、突発的でやむを得ない理由もあります。しかし、残業が慢性的に続く場合は、都度、仕事の棚卸しをして整理。少しでも忙しいとき、「1時間くらいいいかな」と残業する社員が増えれば、残業を容認する空気が生まれます。そうなったら最後、残業文化は瞬く間に広がります。だから、今は残業ゼロでも、安心はできません。


どの仕事にどれだけ時間をかけているかを一覧にしてみると、ムダは一目瞭然でした。たとえば、週に一度の会議の資料作成に、週8時間もかけていたことがわかりました。最初は作成時間の短縮も考えましたが、思い切って会議自体を月2回に削減。「やったほうがいい」というレベルの仕事は思い切ってやめる。やめて不都合があれば、戻せばいいのです。棚卸しは年に2回、定期的に行なっています。


いずれは事業会社にして、様々な新規事業を生み出していきたいです。化粧品に止まらず、誰かを悩みから救う事業が主眼となります。製品開発を繰り返してここまで来ましたので、きっと事業もできると思い、毎年新規事業提案会を開催しています。毎回たくさんの提案が出てきますが、一番大切にしているのは「なぜその事業をやりたいのか」です。将来自分で事業を起こしたい人材を積極的に採用しています。


そもそも、自分が欲しくないものは作りたくないのです。明確に誰かの悩みを解決して、その人を幸せにする製品の開発こそ弊社の本分ですから、悩みが具体的でなければ作れません。毎年売上げ目標は設定しますが、実はその数字の中に新製品は入っていない。数字や目標を達成するために新製品を開発することはしたくありませんからね。私たちは期限にとらわれず、想いが体現できるまでとことん追求して製品を生み出します。


ホットクレンジングゲルを開発した時は、私自身のために作りました。成分にこだわって、自分の肌が潤うように。できあがって販売すると、共感してくれる方が150万人以上いたのです。私たちの生み出した同製品は、今や「ホットクレンジング市場」と呼ばれるほど拡大し、一つのマーケットとなりました。まだまだ成長していく分野ですから、他社製品が売れているのと同様に、私たちの売上げもしっかり伸びています。私たちは製品開発のストーリーを語れますし、リニューアルも行っており、製品の差別化もできていると自負しています。


お客様のご意見ももちろんですが、それよりもまず自分たちが必要としているかどうかが重要です。先日、新製品のハンドクリーム8000個を発売したところ、すぐに売り切れました。これは、製品開発をした社員の家族が獣医師で、手洗いを繰り返したために手荒れがひどかったことから、「洗っても落ちないグローブのようなハンドクリームを作り、荒れた手を治したい」という一念で作った製品です。誰かの悩みを解決したいという想いが製品化に繋がる。多くの方に意見を聞いて最大公約数で製品を作るのではなく、目の前にいる誰かを救おうという明確な目的があります。


岩崎裕美子の経歴・略歴

岩崎裕美子、いわさき・ゆみこ。日本の経営者。化粧品会社「ランクアップ」社長。北海道出身。藤女子短期大学卒業後、大手旅行代理店、広告代理店勤務などを経て「ランクアップ」を創業。

他の記事も読んでみる

原田保

(西武百貨店勤務時代)役員会の前夜、当時の上司に一言一句、プレゼンの言葉遣いを伝授したところ、私が言うとおりに話すと必ずプランが通ると思われるようになり、そのうちプランもプレゼンもお前がつくれとなり、私が実質取り仕切ることになりました。おかげで上司も私も出世しました。


加島禎二(加島禎二)

全否定すると周りがひいてしまうので、うまく部分否定をしながら意見を言えるようになると、目立つ存在として周囲が認めてくれるようになります。


山口範雄

仮説が間違っていると見事に売れない。


つんく♂

ゴールまでの道のりが42.195kmで、「20年後にそこにたどり着きたい」という仮想ゴールを設定する。そして、「20km地点までにはこれをやっておく」「10kmまでには」というように、逆算で目標を決めていく。そうやって逆算していくと、「100m先に進むために、何をしなければいけないのか」が見えてきます。すると、いまやるべき仕事が、つまらないどころか、いかに大事な仕事かがわかるはずです。


戸塚隆将

どこにムダがあって、どうすれば改善できるのかということは、やはり量をこなさないと見えてきません。ふらふらになるまで追い込まれたからこそ、ムダに対する感覚が研ぎ澄まされ、仕事を効率的に進める技術が身につきます。


山本忠人

上司が仕事を抱え込んでいる場合、部下はまず自分の能力を反省すべきです。上司の仕事ぶりを盗み、彼に追いつくために努力をする。能力が備わってきたら、自分に仕事を任せてもらえるよう進言しなければなりません。


長谷川英祐

環境変化が激しい現在、普段は働かないアリのように、ルーティンワークは苦手でも、これまで見たこともないような問題に対処できる人材を、企業も雇っておく必要があるのではないでしょうか。


吉野佳秀

ビジネスの世界では生き残るのではなく、勝ち残らなければいけない。自分が決めた目標に向かって、誰にも負けない努力をしなければならない。人知れぬ所で努力し続けてこそ、最後に神様が背中を押してくれて、初めて成功できる。


ロバート・キヨサキ

サラリーマンでいることは決して悪いことではない。中には安定した勤め先もあるだろう。しかし私が言いたいのは「従業員が一番高い税金を払っている」ということ。私は資源の所有や起業でお金を稼いでいるけれど、支払う税金はサラリーマンと比べると、実質的にほぼゼロで、そこが大きな違いだ。


トム・ピーターズ

リーダーはチームメンバーの奉仕者であり、個々のメンバーの能力を遺憾なく発揮させ、最高のパフォーマンスを得るために尽くす存在。


小松政夫

「好きこそものの上手なれ」という言葉を挙げて、努力は素質や才能があってこそ報われるが、その逆はないぞと言われました。芸の道は才能がなければ、どんなに努力しても無駄だと言うのです。そう諭した後で、おまえは人を真似る才能がある。好きな人の芸をとことん真似し盗んで、自分のものにしろと。

【覚え書き|植木等の付き人時代を振り返って】


孫正義

インターネット関連の事業を始めるには自動車会社や電機メーカーを作るのとは違って、土地やたくさんの従業員や多額の資本金などは必要ない。知恵と情熱さえあればよいのです。事実、ヤフーは二人の学生がはじめたものだし、ジオシティーズもアマゾンもイーベイも創業者は元サラリーマンです。


西室泰三

私が東京証券取引所の経営を任された2005年、システム障害が相次いだ東証は経営危機に陥り、大きな改革を迫られました。そんな中、当時の社員には東証の正確な状況がほとんど伝わっていませんでした。このため社員はテレビや新聞など外から入る情報に振り回され、本当に不安だったと思います。そこで私は、トップから直接メッセージを送って会社の状況を分かってもらうとともに、月1回の記者会見をすべて社内放送でリアルタイムに流すことにしました。同時に、40人ぐらいずつに分けて対話会をやり続けました。いまどんな危機が起きていて、それをどう解決するのか、報道される前に社内に理解してもらうことに努めたんです。記者会見をリアルタイムで聞いていれば、テレビで流れているニュースや新聞に書かれている記事について、家族にも説明できます。そのことで家庭の中の平安も違ってきます。


重光昭夫(辛東彬)

M&Aは基本的に、安くないと買ってはいけません。たとえば、インドネシアで現金卸問屋のマクロを買収したときは、ちょうどリーマンショックの1か月半後でした。当時は「こんなときに買って、気が狂っているんじゃないか」と言われましたけれど、いま考えるとあれは最高のタイミングでした。安く買うと、それだけ設備投資などに資金を回せます。だいたい、そうしたときには、買収の競争相手もいませんから。


津谷正明

最終判断を下すのは自分。けれど、議論をして意見が異なればお互いに「なぜ違うんだろう」と考えることになり、自分が漠然と心配していたことの正体も浮かび上がる。


ページの先頭へ