名言DB

9490 人 / 112001 名言

岩崎弥太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩崎弥太郎のプロフィール

岩崎弥太郎、いわさき・やたろう、幕末から明治にかけての豪商、三菱財閥創業者、政治家と強く結び付き官制事業や海運業で財を成す。土佐出身。当初から財理に強く土佐藩で貿易に従事する。一時期は海援隊の経理も担当していた

岩崎弥太郎の名言 一覧

創業は大胆に、事業を受け継ぐには小心で当たれ。


自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ。


機会は魚群と同じだ。はまったからといって網を作ろうとするのでは間に合わぬ。


無駄をなくすということは、口に出して言うのは簡単でも、実行するのは難しい。これは昔も今も、人々のひとしく悩みとするところである。余分な人員を整理し、無駄な費用を省き、精魂を尽くして本社の基礎を固め、相手に負けないだけの体制を築いてこそ、はじめてこちらの勝利が期待できる。


小僧に頭を下げると思うから情けないのだ。金に頭を下げるのだ。


およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず大きな利益をもたらすからである。


小事にあくせくするものは大事ならず。ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。決して投機的な事業を企てるなかれ。国家的観念を持って全ての事業に当たれ。


一日中、川の底をのぞいていたとて、魚はけっして取れるものではない。たまたま魚がたくさんやってきても、その用意がなければ、素手ではつかめない。魚は招いて来るものでなく、来るときに向かうから勝手にやってくるものである。だから魚を獲ろうと思えば、常平生からちゃんと網の用意をしておかねばならない。人生全ての機会を捕捉するにも同じ事がいえる。


酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない。


部下を優遇し、事業の利益はなるべく多く彼らに分け与えよ。


国家的観念をもって、すべての事業に当たれ。誠をもって公に尽くさんとする真心は、瞬時も忘れてはならない。


岩崎弥太郎の経歴・略歴

岩崎弥太郎、いわさき・やたろう、幕末から明治にかけての豪商、三菱財閥創業者、政治家と強く結び付き官制事業や海運業で財を成す。土佐出身。当初から財理に強く土佐藩で貿易に従事する。一時期は海援隊の経理も担当していた

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

人と話すのは面倒くさい、人付き合いは煩わしいなんて言ってたら、いい情報は入ってこないし、成功なんてどっか行っちまうよ。成功するには、しゃべって、人と付き合って、先端情報を取りこぼさない世渡り力を鍛えるしかないんだよ。待ってたって情報なんか集まっちゃ来ない。常に大企業の人間と付き合ってないと駄目。大企業の第一線にいる人たちと話してると、技術がどんな方向に進んでるとか、最新の素材開発はどんな段階なのかとか、俺たちにとってお宝みたいな情報が入ってくるんだ。現場の切実な悩みなんかもわかるんだよ。


太田雄貴

緊張こそ自信のバロメーターなんです。誰でも大舞台では緊張しますよ。僕も緊張します。でも、それはずっと練習を続けてきて、準備ができている裏返しじゃないですか。いい結果を出せると信じているからこそ、緊張するんだと思います。


満岡次郎

タコツボ化を排除し、もっとグループ内の連携を積極化していくべきだ。グループ外とのパートナーシップについても柔軟に考える。


中村和男

製薬産業に全く関係のない業界から、ヘルスケア業界へ参入する企業も少なくありません。革新的な技術が業界の垣根を越えて登場する時代ですから、0から1を創り出すようなアイデアを以前にも増して大切にしています。


ジョン・D・ロックフェラー

私は災難が起こるたびに、これを良いチャンスに変えようと努力し続けてきた。


江上治

自分が他に圧倒的に勝てる分野を棚卸して、さらに周りから(お客様から)どういう評価を受けてきたのかを書き出していくと、相手に与えるメリットや価値が見つかる。


棚橋弘至

最初は反応がなくても、先を見据えてやり続けることで、ようやく周りも変わり始める。


市居愛

100円玉を1年間毎日貯めても、3万6000円程度にしかなりませんが、500円玉なら18万円以上になります。どんどん貯まるから、ますますやる気になる。


中山悠

「おいしい牛乳」は搾ってすぐの風味をおいしさと定義し、特許技術の裏付けもあるが、商標にはなりません。製品は類似品が出ないようにするのが原則で、私は商標登録できるネーミングをと、かなり言いましたが、それを上回る若い人の熱意に押し切られてしまいました。
【覚書き|自己と他人の商品・サービスとを区別することができない名称は商標登録できない】


大塚寿

上位2割に入る人と、それ以外の人。何の差かといえば、勉強量の差です。同じ大学を出て、入社当時はほぼ同様の能力でも、30代後半から40代前半の頃になると、その差が想像以上につく。勉強を怠っていた人がそのときに気づいても後の祭りです。


佐々木正悟

やる気というのは内的なものなので、自分でコントロールするのが難しい。だから、外的な環境を変える方が確実なのです。また、脳の仕組みから言えば、気の進まない仕事を前にやる気が起きないのはむしろ当たり前です。何かに夢中になることでドーパミンが放出されて、快感へと変わる。つまりやる気が湧いてくるのです。だからとにかく取り組んでやる気をわかせるわけです。


荻野玲

絶えず部下や社員にメッセージを発信して、鼓舞する事はリーダーの重要な任務の一つ。