岩崎弥太郎の名言

岩崎弥太郎のプロフィール

岩崎弥太郎、いわさき・やたろう、幕末から明治にかけての豪商、三菱財閥創業者、政治家と強く結び付き官制事業や海運業で財を成す。土佐出身。当初から財理に強く土佐藩で貿易に従事する。一時期は海援隊の経理も担当していた

岩崎弥太郎の名言 一覧

創業は大胆に、事業を受け継ぐには小心で当たれ。


自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ。


機会は魚群と同じだ。はまったからといって網を作ろうとするのでは間に合わぬ。


無駄をなくすということは、口に出して言うのは簡単でも、実行するのは難しい。これは昔も今も、人々のひとしく悩みとするところである。余分な人員を整理し、無駄な費用を省き、精魂を尽くして本社の基礎を固め、相手に負けないだけの体制を築いてこそ、はじめてこちらの勝利が期待できる。


小僧に頭を下げると思うから情けないのだ。金に頭を下げるのだ。


およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず大きな利益をもたらすからである。


小事にあくせくするものは大事ならず。ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。決して投機的な事業を企てるなかれ。国家的観念を持って全ての事業に当たれ。


一日中、川の底をのぞいていたとて、魚はけっして取れるものではない。たまたま魚がたくさんやってきても、その用意がなければ、素手ではつかめない。魚は招いて来るものでなく、来るときに向かうから勝手にやってくるものである。だから魚を獲ろうと思えば、常平生からちゃんと網の用意をしておかねばならない。人生全ての機会を捕捉するにも同じ事がいえる。


酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない。


部下を優遇し、事業の利益はなるべく多く彼らに分け与えよ。


国家的観念をもって、すべての事業に当たれ。誠をもって公に尽くさんとする真心は、瞬時も忘れてはならない。


岩崎弥太郎の経歴・略歴

岩崎弥太郎、いわさき・やたろう、幕末から明治にかけての豪商、三菱財閥創業者、政治家と強く結び付き官制事業や海運業で財を成す。土佐出身。当初から財理に強く土佐藩で貿易に従事する。一時期は海援隊の経理も担当していた

他の記事も読んでみる

阿部祐二

今では英語でインタビューができるようになりましたが、日本にいながら英語力を向上させることができたのは、どんなに時間がないときでも、毎日5分、10分、英語に触れていたから。


梅宮辰夫

この年になって思うのは、蓄えるってことにもっと意識的になっていても良かったなということ。知人の大物俳優で、この10年は何年かに1本、気に入った仕事しかやっていない方がいます。さすがだなと思う反面、経済的なことはどうなっているのだろう。あのベースをどうやって築いているのだろうと不思議でね。あるとき、知人に聞いてみた。そうしたら不動産の賃貸収入が十分にあると言うんだ。大スターで、おおらかな役者さんがきちんと準備をしていたんだと。それを知ってからは、宵越しの金は持たないの類いできてしまった自分を反省したよ。ただ、もしいまの僕が30代の自分にアドバイスしたとしても、聞く耳を持たなかったとも思う。なんとかなるよってね。性格だから。それがまた昔の芸能界には合っていたんだ。


岡林理

技術的な要求レベルが高い注文にもしっかりと応えることで、他社との差別化ができている。


藤原弘治

日頃からコミュニケーションをとって本音で議論をし、価値観を共有しておくことが大事。


樹なつみ

高校時代は、『りぼん』や『別冊少女コミック』に、年に一度くらい投稿を続けていました。でも下手すぎて全然駄目。それで、当時まだぽっと出の小さな出版社だった白泉社なら引っかかるかなと(笑)。大学1年で担当編集さんが付いて、2年になる頃に「あと1週間で仕上げたらデビューさせてあげるから」と突然言われて、必死で仕上げました(笑)。『めぐみちゃんに捧げるコメディ』は、かつての投稿作がシリアス路線で全然ウケなかったので、振り切ったコメディ短編にしてみたんです。


永井浩二(経営者)

適正なサイズにして、我々の強い部分、付加価値のあるところにビジネスラインも含めて集中することが必要。


浦沢直樹

イメージを捕まえるチャンスがあるじゃないですか。フッてすると逃げちゃっていなくなるじゃないですか。いま、頭の中にイメージがあるうちに描きとめなきゃという焦りみたいモノがありますよね。


板橋悟

経営者に新聞の読み方をヒアリングした結果、彼らは読み方のフレームワーク(枠組み)を持っていたのです。新聞記事は5W1Hで書かれていますが、それを3W1Hという軸で読み取っています。「誰が(HWO)」「誰に(HWOM)」「何を(WHAT)」「いくらで(HOW MUCH)」ということに注目しているのです。


鳥越俊太郎

レールから外れることの多い半生でね。その紆余曲折が後で生きた。事件のみならず農業から経済、アメリカやイスラム文化まで、いろんな現場を見てきたから、後に週刊誌記者になった時、どんなネタでも対応できた。


梶山弘志

被災地に入る際は、防災服に編み上げ靴か長靴が基本。まずは安全のためですが、同時に被災者がその姿を見てどう思うかも考えなければならない。避難所で苦労なさっている人たちが不快に感じることは、絶対にしてはならない。


織田大蔵

事業家は人の上に立つ者であるから、君子でなければならぬ。人一倍努力をして、人が遊んだり寝ているときでも、一心不乱に勉強しなければならぬ。


永野毅

最終利益をいかにして押し上げていくか。成長を持続させていく体制づくりが大事。


田原祐子

営業マンは本来、お客様の気持ちや、世相、トレンドに敏感でなくてはいけません。


堀之内九一郎

ファーストクラスに初めて乗って、お金を稼ぐ人がファーストクラスに乗る理由がよくわかりました。身体がまったく疲れていないのです。もう10時間くらいは乗っていられるというくらい、どこにも疲れがありません。一億の商売をしている人は、飛行機から降りてすぐに仕事をする必要がある。体の節々が痛いとか、足がむくんで歩けないとか言っている暇はないのです。だからファーストクラスに乗る。ただの無駄遣いじゃないことが、それこそ身体を通してはじめて分かりました


吉永賢一

「読書は投資である」と考え、コストとリターンとリスクを想定して読むことが大切です。読書にかかるコストはお金と時間とエネルギーです。これらのリソースを投資した結果、うまくいった場合に得られるのがリターン。そして、失敗した場合に発生するのがリスクです。


ページの先頭へ