名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩堀喜之助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩堀喜之助のプロフィール

岩堀喜之助、いわほり・きのすけ。日本の経営者。「マガジンハウス」創業者。神奈川県出身。新聞記者を志し明治大学に入学するも退学処分となる。日本大学法学部卒業後、時事新報社に入社。その後、平凡出版(のちのマガジンハウス)を設立。「平凡パンチ」「週刊平凡」「an・an」などの雑誌を創刊した。

岩堀喜之助の名言 一覧

好奇心を持って物事を見ているとかならず面白いことがある。それがないのは見付け方が悪いんだ。


岩堀喜之助の経歴・略歴

岩堀喜之助、いわほり・きのすけ。日本の経営者。「マガジンハウス」創業者。神奈川県出身。新聞記者を志し明治大学に入学するも退学処分となる。日本大学法学部卒業後、時事新報社に入社。その後、平凡出版(のちのマガジンハウス)を設立。「平凡パンチ」「週刊平凡」「an・an」などの雑誌を創刊した。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

若手部下の意識を変えるポイントは3つ。

  1. 「徹底的かつ具体的な指示を与える」こと。とくに新人のうちは「手取り足取り」教えるぐらいでいい。
  2. 「修正の回路を持つ」こと。部下が思うような結果を出せない時は、部下を責めるのではなく、自分の指示の出し方を変える。
  3. 「選択肢を用意する」こと。「絶対にホームランを打て」ではなく、「理想はホームラン、できればヒット、最低でもランナーの塁を進めろ」と幅を持たせれば、本人に創意工夫を促すことになる。

樋口武男

いつまでも一つの事業が伸び続けることはありません。常に次のことを考えておく必要があるのです。


日覺昭廣

その月の締めを10日後の翌月中旬ぐらいにやって、その2週間後に「前の月は、こういう問題がありました」とやるのが普通ですが、私の考えでは、それは時間の無駄以外のなにものでもありません。2週間前のことなど、みんな忘れてしまいますから、その都度、その都度わかるようにする必要があると。日次管理で、翌日には前日の結果が出るので、今、どこの工場にものがあって、どこの工場はものが足りないということもわかるので、必要な手を全部打つことができます。しかも、昨日のことだったら、何が悪かったかも記憶に残っているので、議論して改善していくことができます。


塚本昌彦

世の中、何かというとネガティブなことばかり言う人、多いでしょ。デキない理由ばかり言って挑戦しない、させない。それは、違う。リスクを考えたうえでそれを凌駕する「やる理由」をたくさんリストアップすればいい。


遠山正道

商売が生活者に受け入れられるかどうかは、とにかくやってみないと分かりません。それをリスクがあると表現するなら、何もできなくなってしまう。


佐藤優

僕自身、部下との関係を築くことで、失うことよりも得るもののほうがはるかに多かった。教えることで自らも成長する。上や横だけでなく、下に目線をおろしたときにこそ見えてくるものがある。


柳井正

経営者に熱意がないと何も始まらない。


山口照美

大人になると、自分が思う以上に単眼視点になります。自分中心にものを考えがちで、思考が停止しやすくなります。「自分の仕事に役立つか」「利益になるかどうか」が思考の出発点になると、企画のネタが落ちていても「自分には関係ない」「うちの業界の話じゃない」と見過ごしてしまいます。アイデアの引き出しを増やすには、目先の損得勘定を捨て、発想を楽しみ姿勢がまず必要です。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


川村隆

企業は何のために存在するのでしょうか。その結論は、金を稼ぎ、持続的成長を続けることです。「なんだ、金稼ぎか」とがっかりする人もいますが、「稼ぐこと」は企業が付加価値を社会に還元する、ほぼ唯一の方法です。従業員への給与、株主への配当、債権者への利子、国や自治体への税金……。企業がゼロからつくり出したものが分配され、その蓄積で社会は貧困から脱出し、成長し、大きくなります。これが企業の存在意義なのです。


児島絹子

仕事が好きだから打ち込むのです。


大塚隆一

そりゃ、外国人に使われたくなかったからですよ。こんなところで負けたままでいられるかと。私は昭和14年の生まれですから、戦後、進駐軍としてやってきたアメリカ人に日本人女性が娼婦のように扱われるのを、幼い頃に見て育ちました。終戦後は旭川の近くで、最近、旭山動物園で有名になったあたりに住んでいたのですが、時々札幌に出ると、そんな光景を目の当たりにしたのです。その頃から、負けてたまるかという気持ちは持ち続けており、学生連動の時も、今もずっと変わりません。

【覚え書き|日本レミントン・ユニバック(のちの日本ユニシス)を4年で辞めたことについて】