名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

岩堀喜之助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩堀喜之助のプロフィール

岩堀喜之助、いわほり・きのすけ。日本の経営者。「マガジンハウス」創業者。神奈川県出身。新聞記者を志し明治大学に入学するも退学処分となる。日本大学法学部卒業後、時事新報社に入社。その後、平凡出版(のちのマガジンハウス)を設立。「平凡パンチ」「週刊平凡」「an・an」などの雑誌を創刊した。

岩堀喜之助の名言 一覧

好奇心を持って物事を見ているとかならず面白いことがある。それがないのは見付け方が悪いんだ。


岩堀喜之助の経歴・略歴

岩堀喜之助、いわほり・きのすけ。日本の経営者。「マガジンハウス」創業者。神奈川県出身。新聞記者を志し明治大学に入学するも退学処分となる。日本大学法学部卒業後、時事新報社に入社。その後、平凡出版(のちのマガジンハウス)を設立。「平凡パンチ」「週刊平凡」「an・an」などの雑誌を創刊した。

他の記事も読んでみる

安部龍太郎(小説家)

最近、徳川家康を新たな視点で捉え直した作品を出版しました。経済的な視点から捉えると、戦国時代は日本の歴史の中で非常に重要な時代であり、戦国大名には、通説とは別の顔があったという思いを下敷きに、家康を再評価しようと考えたのです。


鈴木喬(経営者)

人は変化を嫌う生き物ですから、ちょっと命令されたぐらいじゃ、新しい行動なんて起こさない。「このオッサンの言うとおりにしないと、本当に叩き殺されるかもしれない」ぐらいの恐怖感がないと動きませんわな(笑)。


高杉良

昔の四季報はよく読み返します。企業の流れを追うには最新版だけではダメですからね。


渡邊明督

上司は部下を育てることが求められます。大事なことはある程度のレベルに部下が達したら、仕事を思い切って任せること。その際、部下が失敗してもフォローできる範囲で任せることがポイントです。


成田和幸

人づくりで最も重要なのは「思想」です。会社の思想をしっかり理解してから、その次が営業です。思想というのは我が社のポリシーです。まずポリシーがないとダメです。そうしないと、多くのお客さんは価格に走ります。愛社精神がない社員は営業でも結果を出せません。


村口和孝

思えば我々は受験や就職で競争させられて来たのかもしれない。マスコミが競争をあおり、人生は競争にさらされているような社会の見方がいつの間にか我々の常識になっていないだろうか。ところが、よく考えてみると、競争は互恵関係があってはじめて成立する。


佐藤孝幸

込み入った仕事の内容を伝達する場合、メールよりも電話を使った方が間違いがありません。簡潔な文面から相手の真意を汲み取るのは無理があるからです。メールで込み入った仕事の内容をやりとりしようとすると、相手が送ってきた内容に対して、必ず質問が出てきます。それらを相手に確認しないで、文面から自分なりに判断して進めてしまうから、勘違いや誤解が生まれるのではないでしょうか。


櫻井孝宏

アニメの魅力や面白さは、時代とともに変化しているところですかね。僕は子供の頃に見たアニメに憧れて声優を目指しましたけど、当時と同じテイストのアニメって今はもう、ほとんどないと思うんです。でも、それが悪いわけではなく、常に時代性に寄り添った新しいものが作られている。そこが面白いなと。


石角友愛

既にアメリカではデータをただ持つのではなく、生かすことに価値がシフトしている。優秀なエンジニアに解析してもらうためにデータを公開している企業もあるくらいです。日本でも後れを取らないためにデータミーティングから始めて意識改革をしないと大変なことになると思います。


高津和彦

例えとして使う内容が、相手に適しているかどうかは見極めて下さい。コツは「相手の好きなもの」で例えること。ファッション好きなら洋服で例え、クルマ好きなら車種で、と。


松本晃(経営者)

儲けとは、所詮はモノを売って売り上げからコストを引いた分をたくさん残すことですから、まず手を付けたのは製造原価を下げることでした。当時、カルビーの製造原価は65%で、2番手の競合会社より13%高かった。コストが高い原因がどこにあったかと言えば、実は製造拠点の稼働率が低かったんです。カルビーはかつてあちこちに工場を造ったのですが、稼働率は60%ぐらいでした。稼働率を上げるために、どのような仕組みを作ったらいいかということ考え、実践しました。


小山勝弘(経営者)

船で目的地に向かうとする。方位を定めて、誰かが舵を持っている。でも、潮の流れや風の影響で少しコースからズレたりすることもある。船長がそれを許せなかったら、「こうやるんだ!」と絶えず舵を持っていなければならない。船長がやるべきことは、小さなズレを自らの手で修正することではなく、潮や風の大きな流れをしっかり見て大局的な判断をすること。