名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩倉信弥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩倉信弥のプロフィール

岩倉信弥、いわくら・しんや。日本の自動車デザイナー。和歌山県出身。多摩美術大学美術学部卒業後、本田技研工業に入社。シビック、アコード、オデッセイ、CR-Xなど数多くのクルマをデザインした。常務取締役を務めたのち、多摩美術大学美術学部生産デザイン学科教授などを務めた。

岩倉信弥の名言 一覧

「できない」と言うにしても、死ぬ気で考えて、死ぬ気で試さないとダメだ。


無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。


大勢の人を動かすためには、簡潔で共有しやすいイメージを示すことが重要。何か伝えたいことがあれば、できるだけ簡潔でわかりやすい言葉にまとめることを、常に心がけています。


常識にとらわれて「できない」と決めつけるのではなく、とことん考えてとことん試してみる。すると、異次元への扉が開かれて、イノベーションが起こせる。


不可能だと思えることも強く想えば叶うことを目の当たりにし、「私も車のデザインで世界一になる!」と奮い立ちました。


H1300クーペというクルマの前面のデザインを描いていたとき、本田(宗一郎)さんに「クルマの顔は、鷹が獲物を狙っているような鋭い目つきのキリッとした顔がいいんだよ」というアドバイスを受けました。そこで動物園に行ったり、野鳥図鑑を見たりして、鷹の顔を何枚もスケッチしているうちに、目の形がひし形なのと、その丸い目玉に鋭さの秘密がある、と気づいた。さらに、尖ったくちばしのイメージを加えてモデルにしたら、今までにない精悍な表情の車ができました。


本田(宗一郎)さんは、朝イチで大量にアイデアを出してくることがよくありました。本田さんの息子にその話をすると、常に枕元にメモを置き、夜中でもガバッと起き出して、何かを書いていると言うのです。そんな姿勢を見せられたら、こっちもやらないわけにはいきませんよ。


本田(宗一郎)さんには何度も怒鳴られました。でも愛嬌のある人で、どこか憎めない。私は早くに父を亡くしていたんですが、本田さんはちょうど父と同年代だったせいか、本当の親父のような存在だった。褒めてくれることは滅多になかったんですが、褒めるときはとことん褒める。すると、またがんばってみようと、こちらもつい思ってしまう。


技術者は哲学を持てというのが本田(宗一郎)さんの口癖。自分が何のために仕事をするのか、自分の仕事が世のため、人のためになっているか、突き詰めて考えろということだった。


岩倉信弥の経歴・略歴

岩倉信弥、いわくら・しんや。日本の自動車デザイナー。和歌山県出身。多摩美術大学美術学部卒業後、本田技研工業に入社。シビック、アコード、オデッセイ、CR-Xなど数多くのクルマをデザインした。常務取締役を務めたのち、多摩美術大学美術学部生産デザイン学科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中宏司

コンプライアンスの真の意味は、「ビジネスにおける誠実性」。


柴田励司

自分の成長のために役立たない仕事などひとつもないのです。


糸井重里

売れるものなら何でも売りたい、というわけではなく、僕にとってはTシャツを販売することも、「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で文章を書くことも、同じことなんです。商品も読み物も、すべてコンテンツ。やりたいことしかしたくない。


堤義明

「売るときは大いばりで売ってやれ」、つまり、お客さんの方が頭を下げて買いにくるようなモノをつくれ、ということです一方、「モノを買うときはいいものを安く売っていただくんだ」ということで、頭を下げて買ってくる。売りと買いが逆なんですね。これがうちのオヤジ(堤康次郎)の哲学でした。


北尾吉孝

時代が変われば、非常識が常識に、不可能が可能に変わることがあります。時代に合わせて、柔軟に考えることが必要です。


森川亮

会社でも国でも、できる人がどれだけ生まれ、その力を発揮するかで全体の力が変わってきます。ダメな人の力を管理によって底上げするのは、かなりの時間がかかります。それよりも、できる人の力を解き放つことが重要なのです。


坪田信貴

「したいことがわからない、とくに夢も目標もない」という人もいるでしょう。しかし「それなら勉強など不要」と決めつけるのは間違いです。したいことがないなら、「人が求めていること」をすればいいのです。このアプローチは、生半可な「夢」より大きな可能性を持っています。誰かのニーズこそ、すなわちビジネスチャンスだからです。ぜひ、周囲の不満や不便を掘り起こしてみてください。たとえば、会社の情報管理システムの煩雑さに皆が悩んでいるなら、「プログラミングを学んで、自らシステムを構築する」というのもいいでしょう。どんな分野も、1年もかけて学べば一定のレベルに達するもの。そうなれば周囲にとって貴重な人材になれます。


内藤誼人

謝罪の言葉は当然必要ですが、それだけで先方が納得することはないでしょう。誠意も大事ですが、目に見える形で自ら罰を受けることを表明するのです。不良品に換えて納品し直すときに納品数を割り増しする、また次回納品分の料金を大幅に値引く、といった先方にメリットとなるような対処がコトを収めるのにはもっとも適切といえるでしょう。表面上は渋い顔をしていても、贈り物や割引というご褒美がうれしくない人はいないのです。


森川亮

ストイックになりすぎないことですね。人間が1日に我慢できる量は決まっていて、そのほとんどは仕事に使ってしまいます。だから、「自分へのご褒美」という名の下に、少しくらいは成長につながらないことをするのもいい。


鈴木敏文

セブンイレブンのあらゆる活動は顧客のロイヤリティを高めるためにある。高い収益はその結果にすぎない。


伊藤謙介

何のために働くのか。このことを社員に理解してもらわなければいけません。


松本大

川下ではなく川上の情報を得るために、大勢の人とコミュニケーションをとらなければならないとは思っていない。むしろ数人規模のコアな友人、知人のグループを持つだけのほうが役立つことが多い。もしグループの中に目当ての専門家がいなくても、知人の伝手(つて)を辿って別の専門家を紹介してもらえばいい。