名言DB

9419 人 / 110788 名言

岩倉信弥の名言

twitter Facebook はてブ

岩倉信弥のプロフィール

岩倉信弥、いわくら・しんや。日本の自動車デザイナー。和歌山県出身。多摩美術大学美術学部卒業後、本田技研工業に入社。シビック、アコード、オデッセイ、CR-Xなど数多くのクルマをデザインした。常務取締役を務めたのち、多摩美術大学美術学部生産デザイン学科教授などを務めた。

岩倉信弥の名言 一覧

「できない」と言うにしても、死ぬ気で考えて、死ぬ気で試さないとダメだ。


無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。


大勢の人を動かすためには、簡潔で共有しやすいイメージを示すことが重要。何か伝えたいことがあれば、できるだけ簡潔でわかりやすい言葉にまとめることを、常に心がけています。


常識にとらわれて「できない」と決めつけるのではなく、とことん考えてとことん試してみる。すると、異次元への扉が開かれて、イノベーションが起こせる。


不可能だと思えることも強く想えば叶うことを目の当たりにし、「私も車のデザインで世界一になる!」と奮い立ちました。


H1300クーペというクルマの前面のデザインを描いていたとき、本田(宗一郎)さんに「クルマの顔は、鷹が獲物を狙っているような鋭い目つきのキリッとした顔がいいんだよ」というアドバイスを受けました。そこで動物園に行ったり、野鳥図鑑を見たりして、鷹の顔を何枚もスケッチしているうちに、目の形がひし形なのと、その丸い目玉に鋭さの秘密がある、と気づいた。さらに、尖ったくちばしのイメージを加えてモデルにしたら、今までにない精悍な表情の車ができました。


本田(宗一郎)さんは、朝イチで大量にアイデアを出してくることがよくありました。本田さんの息子にその話をすると、常に枕元にメモを置き、夜中でもガバッと起き出して、何かを書いていると言うのです。そんな姿勢を見せられたら、こっちもやらないわけにはいきませんよ。


本田(宗一郎)さんには何度も怒鳴られました。でも愛嬌のある人で、どこか憎めない。私は早くに父を亡くしていたんですが、本田さんはちょうど父と同年代だったせいか、本当の親父のような存在だった。褒めてくれることは滅多になかったんですが、褒めるときはとことん褒める。すると、またがんばってみようと、こちらもつい思ってしまう。


技術者は哲学を持てというのが本田(宗一郎)さんの口癖。自分が何のために仕事をするのか、自分の仕事が世のため、人のためになっているか、突き詰めて考えろということだった。


岩倉信弥の経歴・略歴

岩倉信弥、いわくら・しんや。日本の自動車デザイナー。和歌山県出身。多摩美術大学美術学部卒業後、本田技研工業に入社。シビック、アコード、オデッセイ、CR-Xなど数多くのクルマをデザインした。常務取締役を務めたのち、多摩美術大学美術学部生産デザイン学科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

佃和夫

ビジネスをする上で、価格やスペックなどの数字は重要です。当社もコスト競争力や品質向上のために、努力を続けています。しかし、ビジネスは人と人との関わりあいです。納期を守る、約束した品質で仕上げるという責任が、無機質な数字を支えています。


前川孝雄

上司がその上司から求められていることや何を優先したいと考えているかが見えてくれば、相手を説得する方法も見つけやすくなります。


上原明

戦争であれば、短期間で決着することもありますが、商売はそんなに早く決着しません。けれども、毎日毎日必ず勝った負けたがあり、その積み重ねによって決着がつき、勝てば栄耀栄華を極められますが、負ければ貧民窟街で野垂れ死にするほどの厳しい結果になります。だから、毎日が戦いであり、その勝負に勝ち続けなければならないのです。


岩城裕一

私は臓器移植が専門の外科医ですが、昔、医薬系ベンチャーキャピタルのアドバイザーを頼まれたことがあり、それが縁で会社経営にも携わるようになりました。それまでは医療業界の動きは、論文に目を通していれば把握できると思っていたのですが、様々な医薬ベンチャーの話を聞いていると、論文には出てこない最先端の研究が出てくる。そこで創薬は面白いと思うようになりました。


斉藤惇

(NPBコミッショナーになって)感じたのは、プロ野球に入ってくるのは、すごい若者達だなということです。生き残ることができるのは一握りだという現実をわかった上でチャレンジする若者達というのは非常に貴重だと思うんです。今、世界の指数を見ても、日本のリスクを取ってチャレンジする若者の数は世界で最低で、127か国のデータを見ても127番目。エンゲージメント(仕事への熱意度)指数も低い。しかし、その印象を持って野球の世界に入ってみると、若者がすごいチャレンジをしている。キャンプを視察しても寒さの中でボールを追い、必死で自分のポジションを獲ろうと戦っていました。こうした姿はモデルとして、他の若者に見せなければならないと思っています。


堀江貴文

お金になんて興味がないという人がいます。人生そこそこの生活が出来ればいいんじゃない。お金のために苦労するなんて。と考える人たちです。そういう人を全否定するわけではありませんが、若い人にはもっと上を目指してほしいのです。近年、ニヒリズム的な人たちが増えている要因の一つとして情報通信の発展により人類のフロンティアがなくなってしまったなどという、もっともらしい理屈を述べる人たちがいます。しかし、人間は世界のすべてを踏破したなどというのは本当におこがましい話で宇宙どころか地球上、たとえば深海や海中なんかもまだほとんど解明されていないわけです。


稲垣精二

最も効果的な方法は、数多くの意見に耳を傾けること。部下はもちろん、先輩や後輩、社外の若いディーラーたちとも積極的にコンタクトをとりました。信頼できるネットワークで「意見のダイバーシティ」に触れ、真摯な気持ちで受け止める。債権ディーラーとして勝ち越すことができたのも、そのおかげだと思います。現在でも「意見のダイバーシティ」は強く意識していることの一つです。


星野佳路

現場で自分で見たり聞いたりすることは大事だと思いますが、私が見たものが必ずしも本当の姿ではないとも思っています。同様に、自分に伝えられる情報も、必ずしも公正ではないとも思っています。自分の感性を信じていないわけではありません。ただ、私のところには特殊な情報しか入ってこないと思っているんです。経営者や総支配人が見えている情報は、あくまで断片的で、偏ったものです。都合のいい情報や、親しい人からの意見しか届かなかったりします。たまたま得られた情報にもかかわらず、全体を反映していると思い込んで判断すると、必ず間違えます。


本村健太郎

自分の容量以上の仕事は引き受けないということは心がけています。仕事を振られたら、できる限りほかの人と分担する。容量オーバーになるといい加減な仕事をすることになりますから。


美月あきこ

私たちは相手が察してくれることに甘えてしまい「伝える力」を磨くことを怠ってしまっている、とも言えるのではないでしょうか。