名言DB

9490 人 / 112001 名言

岩佐実次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩佐実次のプロフィール

岩佐実次、いわさ・みつぐ。日本の経営者。学習塾トーマスなどを展開する「リソー教育」社長・会長。滋賀県出身。早稲田大学文学部卒業後、会社員を経て日本教育公社(のちのリソー教育)を設立。同社を東証一部に上場させた。

岩佐実次の名言 一覧

誰かに助けられた子どもは、大きくなったら、また誰かを助けるでしょう。誰かに愛された人は、それをまた誰かに返すでしょう。


背伸びしないで、内容を充実させて大事に育てていくことが重要。


本物の指導を目指していると、講師の採用基準も厳しくなります。優秀な学力の高い先生ほど報酬が高く、その結果授業料も高くなりました。だからスタートした時は世間に受け付けてもらえなかった。でも我慢強く努力していったら、やっぱり値段じゃなく、内容で選ぶというお客さんが増えて、成長させてもらっています。


東京などの大都市では少子化と言っても、子どもがいないわけではありません。他の塾よりも良いものを提供している限り成長できると思います。要するに本物の個別指導、本物のサービスをやろうと思いました。


常に5年後、10年後のことを考えて新しい事業に種を蒔く。例えば、個別指導の「トーマス」の事業が軌道に乗ったら、僕はもう部下に任せます。それで次の新規事業の種を蒔いて育てます。トーマスが順調に伸びているうちに種を蒔いた新規事業が、今すごく伸びています。


未来のことを考えて背伸びをしない。無理をすればまだ先に行けるけれども成長は半分に抑える。毎年抑えた経営で余力があるから、過去最高の売り上げと利益が今期も含め28期連続で出せるのでしょうね。


高い学力、知識に加えて「個性」を育てる教育が必要です。個性とは、まずは勉強以外のことで好きなこと、得意なことを何か見つけることですね。


これからの時代、知識の詰め込みと学力だけでは、世界で通用しません。世界で通用する人材を育てていかないと、日本の将来はありません。宗教や考え方、言語がバラバラな人たちとの連携、コミュニケーションを図ることができる人材でなければならない。


「個別指導」が子ども達の持つ個性を大切に引き出せる理想の指導。人は百人百様で、得意、不得意な部分は違っていますし、単なる「詰め込み教育の時代」は終わった。


岩佐実次の経歴・略歴

岩佐実次、いわさ・みつぐ。日本の経営者。学習塾トーマスなどを展開する「リソー教育」社長・会長。滋賀県出身。早稲田大学文学部卒業後、会社員を経て日本教育公社(のちのリソー教育)を設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

三橋貴明

資本、労働、技術という、資本主義経済の三要素を強化するためには、投資以外に方法がない。具体的には、インフラを強化する公共投資、工場や設備、運搬車両などの導入に当たる設備投資、労働者の生産性を高める人材投資、そして技術力を強化する技術投資の4つである。


宇佐美進典

無理と思えることでも、1人の熱い思いで実現し、形になっていくことがある。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

自分たちしかできない、新しい価値を追求するという流儀は終始一貫して変わらない。


柚木治

我々は生産量と販売量を合わせる努力を死に物狂いでやっています。自社直営ですので去年のデータを元に予測を立てますが、それを全て的中させるのは至難の業ですから、最初に半分だけ作ります。初動を見て生産を調整しますが、売行きが鈍ってきたら棚を前に持ってきて売り、さらに週末にプロモーションをします。それでも残るようなら、値引きするというように最大限の努力をしますから、値引率が非常に低いのです。ですから最初から安い店頭販売価格を付けられるのです。


井出健義

金融や商社のビジネスでは、時に大化けというのがあります。いわゆる一発当たるというものですが、小売りには大化けはありません。一人ひとりのお客さまと向かい合って、1台1台、自動車を売っていく。その積み重ねだけが営業実績をつくっていくということに気付かされました。


石川康晴

創業5年目でガクンと急降下。業績は赤字転落。そこでSPA(製造小売業)に取り組み始めて、2年後の2001年には売り上げ21億円、営業利益率27%の数字を叩き出したんです。「自分は天才じゃないだろうか」と勘違いしましたね。完全な勘違い。翌年には一気に倒産危機というところまで落ち込んだんです。創業5年目の失敗の原因と同じで、僕はすぐ天狗になってしまう。失敗というお灸を据えられても、その効果がずっとは続かないようです。


塚本勲

50社の子会社には本業にプラス効果を与える「優等生」もあれば、パソコン関連子会社など苦戦しているものも5社ほどあります。猶予期間を設けて、改革に当たらせています。


小林一雅(小林製薬)

商品の軸は変えず、そこで生じる不満や不安を解消して分かりやすく打ち出していく。そうすることで、ライバルが参入してきても、新たな機能を持った商品を先行して提示できる。機能を改良しても、お客様は次なる不満を抱くもの。この宿題にいち早く気づくことがカギです。


平井伯昌

大事なのは選手たちの成長に遅れることなく、指導者も成長すること。決して今の指導力に満足せず、他のコーチから吸収して学ぼうとする姿勢が重要。


内田雅章

仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。


三國清三

お金、学歴がなくても志は平等。捨て身でぶつかれば、必ず道は拓ける。


細貝淳一

ソチで不採用になったとき、「みんな精一杯やったんだから勝ち負けは関係ない」と言ってくれる人もいた。でも、下町ボブスレーは日本が世界で勝つためのプロジェクトです。勝つことに意義があるし、絶対に勝つという強い思いがなければ、いい仕事はできない。