名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩井俊二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩井俊二のプロフィール

岩井俊二、いわい・しゅんじ。日本の映画監督、脚本家。宮城県出身。様々な分野で活躍。テレビドラマ『if もしも~打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』で日本映画監督協会新人賞を受賞。代表作に『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』。

岩井俊二の名言 一覧

最近は、文春砲の影響なのか、社会が「正しくないことはすべて悪だ!」みたいな雰囲気になっているのは息苦しいよね。恋愛って倫理や理屈で簡単に割り切れるものじゃないから、時代の流れがそういう方向に向かっているとしたら怖い。


僕も自分がピュアじゃないから、映画ぐらいピュアなものを観たいんだと思う。


岩井俊二の経歴・略歴

岩井俊二、いわい・しゅんじ。日本の映画監督、脚本家。宮城県出身。様々な分野で活躍。テレビドラマ『if もしも~打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』で日本映画監督協会新人賞を受賞。代表作に『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』。

他の記事も読んでみる

山本真司

私は20代で英語もろくに話せないまま、米国にMBA留学しました。バブルだった当時、日本の留学生が急増していました。おそらく数年後にはMBAホルダーが珍しくない時代が来ると思った私は、とりあえずトップで卒業することを目標に掲げることにしました。何か差別化しなければ、その後が厳しいと判断したのです。


北尾吉孝

自己否定をできず、成功体験にあぐらをかいていると、自社を取り巻く状況が変化したときに必ずやられてしまいます。


古田利雄

弁護士としてロジカルに考え、しかし、仕事に対してはパッション(情熱)を持って行動してほしい。


津谷正明

こちらの発言に対し、相手はどう思うか。当たり前のことですが、発言をする前に一呼吸おいて考える必要があります。その上でお互いの言い分をすり合わせることが大切です。


鈴木茂晴

いま、一定の条件付きで副業を認める動きが出始めている。しかし、個人的に副業は筋が立たないと思っている。社員には毎日、最高のコンディションで一生懸命働いてほしいと考えているからだ。退社後や休日はゆっくり休んだり、自己研鑽に励んだりしてほしい。いくら本業に差し支えない時間とはいえ、休みを使って働いていたら、そのうち本業にも悪影響を与えてしまうのではないか。このような話が盛り上がるのは、制度や待遇を整備し、社員に不安なく働いてもらう企業の努力が足りないからではないかと感じている。無駄を省いた経営スタイルを追求するあまり、社員を育てる研修や働きがいを高める給与体系といったものに経営資源を投入していないように映る。その結果、会社に対する帰属意識が薄れてしまっているとも考えることができよう。


三谷幸喜

小説は予算もロケ地も、時間も枚数も関係ない。好きなことをそのまま書けるという意味での楽しさがありましたね。台本にする際も発見もありました。自分の小説とはいえ、原作があるものを脚色して台本にしていく仕事はほとんどしたことがなかったので、戸惑う部分もありました。でも、そんな作業をしていくうち、やっぱり僕が好きなのはこっちだなと、改めて感じました。

【覚え書き|自身の小説・映画作品『清須会議』について】


西野精治

ヒトはだいたい午後2時頃に眠気に襲われることがわかっています。当然、作業効率も落ちるわけですが、ある実験では20分程度の仮眠でも脳のミスが減ることが証明されている。外資系のグーグルやナイキなどでは昼寝が推奨されています。


橘フクシマ咲江

相手を知るための最も大事なポイントは、決めつけないことです。女性だから、外国人だから、といったラベルを貼って、先入観を持って対応すると、相手を知るうえで妨げとなります。


鑄方貞了(鋳方貞了)

ただ「変わればよい」というものではない。「流行」に流されっぱなしでは、会社が根なし草になってしまう。むしろ、「不易」にあたるしっかりした軸足があるからこそ、環境の変化をうまく取り入れることができる。


桐山一憲

やってはいけないのが、私の意見を受け入れてくれないのはおかしいという思いを言葉や態度に少しでも表すことです。トップがブレていることを幹部は見抜きます。さらに社員全員が幹部を見ています。決定を真摯に受け止めて、組織の中に落とし込んでしっかりとコミットメントを示すのがリーダーの役割です。


上島竜兵

俺の場合、先輩、後輩関係なく、笑いの才能のある人を単純にすごいと思うし、憧れるんです。極端な話、小学生でも尊敬できます。そこがいけないのかもしれないけど、「こいつには負けないぞ!」という気持ちにならないんですよね。自分にないものが多すぎるから、それはもう仕方ない。


青田嘉光

社会には多くの課題があり、行政だけでも民間企業だけでも簡単には解決できない。