名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

岩下秀麿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩下秀麿のプロフィール

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

岩下秀麿の名言 一覧

知恵は本人が本気で会社に貢献するという気持ちになって初めて、出てくるものだ。


私は自分が何をすれば会社に貢献できるかをとことん考えていました。ひたすら考えていると、知恵が出てきます。


有言実行をすることが大事。自分が成し遂げた実績だけが、自分を守ってくれる。


「人の心」を大事にした経営をすれば、その会社の全従業員が充実した職業人生を送れるだけでなく、業績も格段に上がる。


既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。


我も人、彼も人。人間は経歴、肩書きと関係なく対等である。


読むだけでは駄目。実際に経営で実践することが大事。


人間は自分がやりたいと思うことに打ち込める時に、最大限の力が出る。その状態を、職場の中でいかに作り出すかが、トップの統率力の最大の眼目。


職場の一人ひとりがキラキラ輝く旗を自分の心に立てて仕事ができる雰囲気づくりに上司が徹していることが大事。


経営者自身が意識改革をして、社員一人ひとりが放っておいてもフル回転するような職場環境をつくれば、非常に豊かな時代が始まる。キーワードは、責任と貢献と実践。


ドラッカーも言っていますが、世の中には博識な経営者は多いが、効果的経営者は少ないのはなぜか。それは、知識は苦しい修練を通じてのみ、骨肉になるということを知るだけの経験を欠いているからであると。逆に言えば、知識は苦しい修練を通じて骨肉にして、初めて意義のあるものになるのだと思います。


フェアであれば、どこかで誰かが見ていてくれます。仮に失敗しても死刑になるわけではありません。昇給・昇格か遅れる、ボーナスが少なくなるくらいです。ですから、自分が信じることをやることが大切。


私が35~36歳の頃、新規事業を任されました。新規事業となると、人事部は強制的に全社の各部署に人数を割り当てますから、非常に個性の強い人間が集まります。正直非常に扱いにくいのです。さらに、補佐役には組合活動の最先鋭と言われた人が付きました。私のような青二才に、こうした人達を統率できる力はない。しかし、何月何日までに工場はスタートしなければいけない。100人の従業員に集まってもらい、自分の心の鎧兜を脱いで、裸になって「私は1人では何もできない。どうか、私を助けて欲しい」と訴えました。すると、私の補佐役の係長が立ちあがって、「わかった。現場のことは俺達に任せてくれ。その代わり、あんたは外部の干渉から俺達を守ってくれ」と言ってくれたのです。他のメンバーも同意の視線を向けてくれました。全員の心が一つになった瞬間でした。これが私の原点です。


私がドラッカーに傾倒したのは「人の心」こそ、最大の経営資源だという考えからです。私はその考えに魅入られて、生涯、この普及に携わりたいと考えてきました。


岩下秀麿の経歴・略歴

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

他の記事も読んでみる

元谷芙美子

未来に対する人生計画を持つこと。何歳で何をするのか、いつまでにするのか。私たちは必ず期限を付けて実践してきました。もちろん辛いこともあります。でも、それで人は伸びることができるのです。


星野佳路

日本人に支持されない日本旅館は最終的には海外に行けない。ここまで変えたら日本の文化じゃないというところまで変えてはいけないし、ここは変えないと現代の日本人でも不便だというところは変えなければいけない。


佐藤大和

あれもこれもと欲張ると、結局何も記憶に残らないという残念な事態を招きます。そこで、日頃から自分の具体的な「売り」を一つ用意しておくこと。名刺に得意分野や資格を書いておくと親切でしょう。


玉川憲

アマゾンを筆頭に様々なクラウドサービスが出てきた結果、いまではありえないぐらいの安い値段でデータをたくさん溜めて、強力なコンピュータパワーで分析することが可能になりました。ただ、世の中には溜められていないデータがたくさんあります。たとえば自動車、自販機、家電、建物、橋、道路……。これらが持つデータをクラウドに入れられたら、もっと面白い世界になる。いわゆるIoTです。ただ、残念ながらIoTに適した通信がなかった。ならばそこを自分でやってみようと考えたのが起業のきっかけです。これまでのモバイル通信はヒト向けに使われた通信で、モノ向けではない。それをモノ向けに特化させたのがソラコムのサービスです。


村上隆男

TOB(株式公開買付け)をかけられたのは、当社にも課題があったからだと思っています。ビール事業の利益率の低さであったり、当時はそもそも業績が長い間低迷していた時期でもあった。

【覚え書き|2007年にヘッジファンド「スティール・パートナーズ」にTOBを仕掛けられたことを振り返って】


ミシェル・オバマ

バラクと私は何年も世間の目にさらされてきて、その間に面の皮も厚くなってきたんです。選挙戦に出れば、いつも批判の対象になります。私はそれを冷静に受け止め、その日の終わりにはそれが(今の立場に)つきものなんだと思えるようになった。


後田良輔

大切なのは、あいさつを含め、新入社員の頃に先輩に教えてもらったことを当たり前のようにやること。長年、会社員をしているといつの間にか自分ルールができがちですが、最初に教えてもらったことをもう一度よく思い出して初心に戻ってみてください。


兼元謙任

失敗したら、こうすれば失敗するということが勉強できたので、それだけ目標に近づけたと思えばいいのです。


大塚寿

50代以降の人は大きな流れを俯瞰する力、大局観を養うべきです。


パスカル

美と呼ばれるものは、しばしば流行と地域で決められる。


加藤諦三

社会心理学者のエーリッヒ・フロムは「神経症的非利己主義」という言葉を用いています。「非利己主義」つまり自分のためではなく、他人のために行動をしている。一見するとそのような利他性は好ましいように見えますが、「神経症的非利己主義」の人間は、相手のことを理解できない、望むものがわからないのに、闇雲に一生懸命に「他人のため」に行動してしまっている。なぜそうなってしまうかと言えば、「他人が自分をどう思っているか」でしか、自分を評価できないからです。ですから、自分自身を省みることなく、他人の本当の思いを考えることなく、自らが「認められたい」という理由で突き進んでしまう。結果、コミュニケーションをうまく取れず、操め事を起こしてしまう。自分で自分を支えられない、「心の未成熟」を持ったままなので、どこの職場でも、どんな人間関係でも自分の心の葛藤を自分の内面ではなく、他人を巻き込む安易なやり方で解消しようとするので、トラブルが起きてしまうわけです。


有馬利男

企業は業績維持やコンプライアンス(法令順守)など企業としての基本的な要求を満たしたうえで、さらに先進的な環境配慮や時代をリードする技術革新、画期的な人材育成やマネジメント、そしてさらに高い成長力や収益力など他社の追随を許さない高い価値を創造します。このようにして企業は魅力的かつ、社会からの尊敬を勝ち得る存在となることを通じて、存続して行けるのです。