名言DB

9425 人 / 110833 名言

岩下秀麿の名言

twitter Facebook はてブ

岩下秀麿のプロフィール

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

岩下秀麿の名言 一覧

知恵は本人が本気で会社に貢献するという気持ちになって初めて、出てくるものだ。


私は自分が何をすれば会社に貢献できるかをとことん考えていました。ひたすら考えていると、知恵が出てきます。


有言実行をすることが大事。自分が成し遂げた実績だけが、自分を守ってくれる。


「人の心」を大事にした経営をすれば、その会社の全従業員が充実した職業人生を送れるだけでなく、業績も格段に上がる。


既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。


我も人、彼も人。人間は経歴、肩書きと関係なく対等である。


読むだけでは駄目。実際に経営で実践することが大事。


人間は自分がやりたいと思うことに打ち込める時に、最大限の力が出る。その状態を、職場の中でいかに作り出すかが、トップの統率力の最大の眼目。


職場の一人ひとりがキラキラ輝く旗を自分の心に立てて仕事ができる雰囲気づくりに上司が徹していることが大事。


経営者自身が意識改革をして、社員一人ひとりが放っておいてもフル回転するような職場環境をつくれば、非常に豊かな時代が始まる。キーワードは、責任と貢献と実践。


ドラッカーも言っていますが、世の中には博識な経営者は多いが、効果的経営者は少ないのはなぜか。それは、知識は苦しい修練を通じてのみ、骨肉になるということを知るだけの経験を欠いているからであると。逆に言えば、知識は苦しい修練を通じて骨肉にして、初めて意義のあるものになるのだと思います。


フェアであれば、どこかで誰かが見ていてくれます。仮に失敗しても死刑になるわけではありません。昇給・昇格か遅れる、ボーナスが少なくなるくらいです。ですから、自分が信じることをやることが大切。


私が35~36歳の頃、新規事業を任されました。新規事業となると、人事部は強制的に全社の各部署に人数を割り当てますから、非常に個性の強い人間が集まります。正直非常に扱いにくいのです。さらに、補佐役には組合活動の最先鋭と言われた人が付きました。私のような青二才に、こうした人達を統率できる力はない。しかし、何月何日までに工場はスタートしなければいけない。100人の従業員に集まってもらい、自分の心の鎧兜を脱いで、裸になって「私は1人では何もできない。どうか、私を助けて欲しい」と訴えました。すると、私の補佐役の係長が立ちあがって、「わかった。現場のことは俺達に任せてくれ。その代わり、あんたは外部の干渉から俺達を守ってくれ」と言ってくれたのです。他のメンバーも同意の視線を向けてくれました。全員の心が一つになった瞬間でした。これが私の原点です。


私がドラッカーに傾倒したのは「人の心」こそ、最大の経営資源だという考えからです。私はその考えに魅入られて、生涯、この普及に携わりたいと考えてきました。


岩下秀麿の経歴・略歴

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

他の記事も読んでみる

伊井哲朗

私は、50歳を過ぎたら少額でもいいので資産運用を始めることをお勧めしています。退職金を運用で増やすには、ある程度投資に慣れておく必要があるからです。50歳からでも十分資産は増やせます。


南雲吉則

「なんのために健康でいるのか」を考えることが大事。健康な身体と心によって、何をするかが問題なのです。「自分は人生で何をしたいのか」という目標があるか否かで、健康に配慮する意識に各段の差が出る。


中村天風

あなた方の心のなかの思い方、考え方が、あなた達を現在あるがごときあなた方にしてるんだ。


上田輝久

今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


トーマス・カーライル

沈黙は口論よりも雄弁である。


石塚博昭

徹底的に現場を歩く。そしてその場で部下のやるべきことを直接指示して仕事を進めるのが、自分のやり方です。


大嶋啓介

子どもが夢を失う最大の原因は、お父さん、お母さんの「疲れた」という言葉らしいんです。それを聞いて子どもたちは、「ああ、大人ってすごく疲れるんだ」「仕事って疲れることなんだ」と思うようになって、大人になることへの希望が持てなくなってしまう。この話に、ぼくもハッとしました。社員の前ではいつも元気な言葉、やる気になるような言葉、明るい言葉を意識してきましたが、家ではやっていなかった。いつも疲れた顔をしていたなあ、と反省しました。


水戸岡鋭治

文化というのは手間が掛かるものです。経済性や効率性に反することもあります。しかし、手間を掛けることによって文化が育ち、豊かな時間と空間、楽しさなどの情緒が生まれてくるのです。


池本克之

情熱を持って訴えても、心に響かず納得しない部下も少なからずいます。なぜそれをやる必要があるのか、根拠を示すことが大切。数字やデータなどを事前に用意しておきましょう。


田原総一朗

危機の半分は危ないけど、残りの半分はチャンス。僕なんて週刊誌がいろいろ書くけど、いちいち気にしないし、逆に、こんなに注目してくれるんだって思う。こんな見方があるんだって。どんなことも悲観せず、めげないことだよ。サンプロ(テレビ朝日『サンデープロジェクト』)でも、番組内で謝罪したこともあったけれど、めげない。悪いことは考えない。楽しいことだけをどんどん考える。