名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

岩下俊士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩下俊士のプロフィール

岩下俊士、いわした・たかし。日本の経営者。「日清紡ホールディングス」会長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、日清紡績に入社。総務部長、資材部長、取締役、館林工場長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

岩下俊士の名言 一覧

交渉決裂を覚悟で激論を交わさなければM&Aは成功しない。


M&Aでは、売り手と買い手は利害が正反対ですから、真正面から議論してこそ妥協点が見えてくる。


JPモルガンが所有するオランダのビルを買収することになり、買収金額を巡って何度も議論を重ねました。しかし相手はこちらの足元を見て全く譲らない。頭に来て「もう結構だ」と席を立ちました。会場の外に出たところでモルガンの担当者が慌てて追いかけてきて「すべての条件をのむから席に戻ってくれ」。急転直下、交渉が成立しました。優良物件のこのビルは今でも日清紡の欧州事業の収益を支えています。


バブル崩壊で結果として財テクは失敗でしたが、財務部時代に金融や為替、キャッシュフローの仕組みを学んだという点では、その後の会社人生で大きな財産になった。


岩下俊士の経歴・略歴

岩下俊士、いわした・たかし。日本の経営者。「日清紡ホールディングス」会長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、日清紡績に入社。総務部長、資材部長、取締役、館林工場長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ブランチ・リッキー

幸運とは、計画の副産物に他ならない。


根岸秋男

最近、経営を表す造語で「四方よし」と言っています。近江商人は売り手、買い手、世間の「三方よし」ですが、私達はお客様、従業員、社会がよくなって初めて、会社が安定的持続的に成長するという「四方よし」なのです。


ますい志保

いい意味で妥協することも必要でしょう。ビジネスを成功させるには、ときには意見の違う相手にも歩み寄れる部分は歩み寄って着地させなければなりません。乱暴に急降下するのではなく、いろいろな人の意見を聞き、誰のプライドも傷つけず、ふわっと着地し、いわばソフトランディングが上手であれば最高でしょう。


河原成美

よく、自分を信じることが大切というけれど、素のままの自分ほど信じられないものはありません。自分の中には、楽をしたい自分や虚勢を張りたい自分もいます。とてもそのままで信じられるような奴じゃないですよ。目標を立ててそれを達成していくというのは、そういう多様な自分とコンタクトを取っていく作業なんです。当然、上手くいかないことだってある。でも失敗を重ねながらいろんな自分とやり取りをすることで初めて「自分との信頼関係」ができてくるんです。


小林佳雄

私はこれまで40年近く、四六時中経営のことを考えてきて、条件反射的に「ここしかない」というタイミングが分かる時がある。皆さんに説明するのは難しいですけどね。


秋山ゆかり(コンサルタント)

恥ずかしげもなく積極的にアウトプットする習慣を付けるのが語学上達のコツ。


ラリー・フィンク

創業以来、ブラックロックは金融機関というよりもテクノロジーの会社ではないかというくらい、技術にはかなりの力を入れてきました。今では全社員の4分の1以上が、テクノロジーに関わる仕事をしています。


近藤太香巳

出資を決めるとき、私はまさに人柄から入ります。ただし人柄だけではなく、二番目はビジネスモデルやサービスのクオリティを見ます、三番目は、私が力になってあげられるのかというところですね。


手倉森誠

言葉を伝えるには空間も大事ですから、ミーティングで全員に掛ける言葉と、部屋に選手を呼んで掛ける言葉はきちんと選ばなければいけない。


木村政雄

世の中が変わってきているのに、人々はいまだに今日よりも明日、明日よりも明後日の生活が良くなると思っていることです。マインドを切り替えなきゃいけないと思うんです。成熟社会を迎えた日本は人口も減っていくし、国民の平均年齢も上がっていくわけだし。ですから生活の利便性を追求するのではなく、精神的に生きていることをエンジョイする方向に向いていったほうがいいと思うのですが。


出口治明

世界を知る勉強をして知識を蓄え、自分の頭で考え抜き、やりたいことのイメージを固める。そして行動。これができないのは赤ちゃんと同じ状態ということです。


ミシェル・オバマ

自分自身の時間を見つければ見つけるほど、ストレスは軽減された。