岩上貴洋の名言

岩上貴洋のプロフィール

岩上貴洋、いわがみ・たかひろ。学生時代からITベンチャー数社に参加。また、独立系投資会社で、立上げ間もないベンチャー企業に対する投資業務、コンサルティング業務に従事する。その後、ウェブ制作会社LIGを創業。ウェブ制作会社アストロデオなどの合併などを経て、同社を順調に成長させた。専門は企画、営業、プランニング。

岩上貴洋の名言 一覧

つまらなそうに働く人より、笑顔で仕事をする人の方が信頼できるし、一緒にやりたいと思いますよね。起業家はもっと仕事を楽しみ、それを率直に伝えるべきだと思います。


不特定多数から批判される「炎上」を怖がってはいけません。万人に受け入れられるような書き方は、八方美人でつまらないものになりがち。それより、自分の個性をさらけ出して情報発信した方が、会社のファンを生み出せるでしょう。トラブルが起きたら、相手とコミュニケーションしながら解消すればいいのです。


時には、お金をかけてサイトを新設するより、フェイスブックなどを使って無料で宣伝をする方がいい場合もあります。そんな時は、正直に伝えて仕事をお断りするんです。


フェイスブックなどで共有されると、口コミで急速に広がります。そこで、「シェアされやすい仕掛け」を工夫するのは大事。例えば飲食店なら、予約者の名前をウェルカムボードに書き出す、予約席に手描きの案内状を置くなどの工夫をして、写真をSNSに投稿したいと思わせる手法がいいかもしれません。


「つながり力」を伸ばしたいなら、相手を好きになるのが近道です。そうすれば、興味がわいて自然と話が弾みます。また、顧客と同じ視点に立つのも有効。私は「外部の制作会社」ではなく、「社内のWeb制作部門」のような意識で仕事に取り組んでいます。そうして取引先とパートナーになることが大切なのです。


私はお客さまと話す時に、1年後、2年後の目標を聞いています。売上はどの程度増やしたいのか、従業員数の見通しはどうか。それらが明確になると、どんなウェブサイトを作ればお客さんの目的にかなうのか、はっきり見えてくるのです。


僕は、お客様であっても、取引先というよりパートナーとして考えてもらえるような関係づくりに務めています。困ったときにはすぐに相談でき、無理もきいてもらえる相手という付加価値をつくり、お客様から指名で発注してもらっています。コンペとか合い見積もりが大嫌いということもあります。


人生を楽しく過ごしていけるような会社にしようと、社名を「Life is Good」を略した「LIG」にしました。


岩上貴洋の経歴・略歴

岩上貴洋、いわがみ・たかひろ。学生時代からITベンチャー数社に参加。また、独立系投資会社で、立上げ間もないベンチャー企業に対する投資業務、コンサルティング業務に従事する。その後、ウェブ制作会社LIGを創業。ウェブ制作会社アストロデオなどの合併などを経て、同社を順調に成長させた。専門は企画、営業、プランニング。

他の記事も読んでみる

佐藤優

貫かなければならない信念というものが、生きていくうえで、どれくらい必要だと思いますか? 僕は絶対譲れないもの、許せないものなど、この世の中にそんなに多くないと思う。本当に守りたいものが何かを確信している人なら、ほかのことには上手に妥協できるし、それがうまい生き方だと思う。


品川正治

太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


徳重徹

最後は信念や覚悟・執念です。ベンチャー企業の経営は、崖っぷちの連続ですから。


津谷正明

当社では社外取締役もあえて主力事業であるタイヤとは分野の異なる方々や、外国人の方々を迎え入れています。すると、経営にかかわる事項を説明しても「いま言われたことがわかりません」「それはどういう意味ですか」といった質問が相次ぎます。普段はタイヤ業界の内輪でものごとが進められていますから、自分たちのロジックや言葉で簡単に通じます。しかし、一歩外に出ればまったく伝わらない。内向きのロジックに閉じこもってしまっては、社外取締役はもちろん、お客様の声を聞きのがしてしまう可能性があるのです。


中山均

私の信条として、引き受けたからには打込まねばならない。月給をもらっているからには、与えられた仕事に全生命を打ち込まねばならない。


柴田和子(セールス)

楽な仕事ではないのですが、出会った方一人ひとりの人脈を大切にしながら、コツコツと積み重ねてきました。同級生の家が檀家だったことで面識を持てた有名な和尚さんにお願いして、大手自動車メーカーの常務を紹介してもらいました。この方が(自分と同じ)新宿高校出身で、そこから私の財界人脈が広がりました。


大久保一彦

理念経営の場合は、店とお客さんをつなぐのは「エンゲージメントの共有」です。安いからではなく、理念に共感した人がその店を選ぶので、安売り競争は起こりません。むしろ多少高くても、そこに理念に基づく付加価値があるとわかってもらえれば、お客さんは喜んでお金を払ってくれるのです。また、そういうお客さんは継続的に来店しますし、さらに新しいお客さんを連れてくるなどしますから、自ずと経営も安定することになります。


戸塚隆将

自分の日々の時間の使い方を手帳に記録するなどして、振り返ることが大事。私自身も社内で共有するシステム上のカレンダーだけでなく、胸ポケットに入るサイズの手帳を10年近く愛用しています。手帳を開くだけで、自分の時間の使い方を簡単に振り返れるからです。


藤井孝一

いざ行動を起こすと、体験してみなければわからなかった問題に直面するもの。その問題を一人で悩まず、業者の力を借りて解決するのもいいですね。


宇佐美進典

「会社の成長とは事業の成長にあり、事業の成長とは個人の成長」だと考えています。個人が成長しなくても事業を成長させるやり方はあると思うのですが、そうはしたくありません。


嶋津良智

若い世代を上手く叱れない。そんな悩みをよく聞きます。ビジネスは人間の価値観よりも結果が優先される世界です。叱責か必要なら、価値観という曖昧なものではなく、結果が伴わなかった原因や問題があった行動を、客観的な事実に沿って、部下が納得するまで説明しなければなりません。


林成之

人間の脳は、左右対称や筋が通ったものが好きであるという統一・一貫性にこだわる性質があります。脳に情報が入力されると、その統一・一貫性を元にものごとの正邪を判断するようになるのです。これはものごとを判断する一貫性を維持するには必要なことですが、自分とは違った意見を嫌い、その意見の持ち主まで嫌いになってしまうという負の側面もあります。


内藤明人(内藤進)

規模を誇るより、中身を誇れる企業に。


里見多一

アメリカ留学で「沈黙は愚なり」ということを学びました。日本では「沈黙は金なり」と考えられていますが、アメリカでは、辞書を引けばわかることでも質問しないと相手にされません。質問する行為そのものに価値があるということです。留学当時は、家内から「人間が変わった」と言われるくらい猛勉強しましたね。


角和夫

鉄道会社の存立基盤は「沿線価値の向上」にあり、それとあまり関係のない事業に多額のお金を費やすのは現実味がない。


ページの先頭へ