名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡野雅行(サッカー選手)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡野雅行(サッカー選手)のプロフィール

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

岡野雅行(サッカー選手)の名言 一覧

若い頃とは疲れ方も違ってきたけれど、やれるうちはとことんやり続けたい。自分の人生は、自分で決めるものなんだから。


どんな仕事でも長くやっていれば壁に突き当たることもある。でも、それを乗り越えていくことで、いろいろなものが見えてくるし、楽しさも感じられると思う。


サッカーもそうですが、ピンチのあとにこそチャンスが来る。それは、チャンスのときには見逃していたものが、ピンチのときこそ見えてくるからでしょう。


逆境に飛び込んだからこそ、本当に多くのものを得られた。


私はいつも、困難なときほどやる気が高まる。


相手のいいところをまねしてもそれ以上にはなれない。むしろ自分の強いところを見つけ、そこをひたすら伸ばすほうがいい。


ピンチを笑い飛ばす。ピンチのときこそ一番いいときだと考えればいい。


もともと、気持ちの切り替えはそれほど下手ではないですね。サッカーは失敗のスポーツですから、もちろん反省はしますが、いつまでも引きずってはいられません。私は愛煙家なのでタバコを吸ってリラックスし、一晩寝ればすぐに切り替えられます。


最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


35歳のときには浦和というビッグクラブを離れ、選手としてガイナーレに移籍。当時はグラウンドも練習場もボロボロでしたが、「学生時代に戻ったみたいだ」と、なぜか楽しかったですね。


高校のときには、サッカーをやろうにもサッカー部すらなかった。でも、そこで奮起してサッカー部を立ち上げ、県でも上位の成績を収めるまでになりました。大学時代は「洗濯係」としてサッカー部になんとか入部して、ほんのわずかなチャンスをつかみ、Jリーグに入ることができました。


初めてお会いする際には、具体的な資料は持っていきませんし、持っていても見せません。まずはガイナーレのことを、鳥取に手作りで運営するこんなチームがあることを知ってもらう。そして、「興味を持っていただけましたら、また改めて具体的な話をしにまいります」と伝えるのです。最初から資料を出すと押しつけがましい、ということもありますが、「何度でも鳥取から足を運びます」という姿勢を見せることで、こちらの誠意を伝えるということでもあります。


私の周りにはいわゆる「サッカーの天才」が山ほどいました。それに対して私は天才とはほど遠い人間。総合力ではどう頑張っても勝てません。でも、「足の速さ」だけは勝てるのではないかと考えた。それも、勝負時に裏に抜け出すスピードだけは負けたくないと、そればかりをひたすら研究した。その結果、この領域では世界トップクラスの選手にも決して負けませんでした。だからこそ長年、プロの世界でやっていけた。


呼ばれたりご紹介を受けたりしたらどこへでもすぐに飛んでいきますし、接待でお酒を飲むのもしょっちゅう。ビッグクラブと違い一人で何役もこなさねばならないので、とにかく大変です。もっとも、その分やりがいもありますが。


実際にはJ2、そしてJ1昇格を目指しているわけですが、私は目標を聞かれるといつも「ACLで優勝してアジアチャンピオンになり、世界最強チームであるバルセロナに勝つこと」と言っています。人口が世田谷区よりも少ない鳥取県のチームにそんなことは不可能だ、と思われそうですが、そこまで大きな話をするからこそ、多くの人が興味を持ってくれるのです。ただ、今年イングランドのプレミアリーグを制したレスターのように、欧州には小さな街にも世界的なチームは存在します。何年かかるかはわかりませんが、決して単なる夢物語だとは思っていません。


岡野雅行(サッカー選手)の経歴・略歴

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

他の記事も読んでみる

吉川稲美(吉川稻)

今の会社を起業するきっかけは、海外からの帰国子女や語学留学経験者の就職相談を受けていたことからです。当時、語学を学ぶため海外留学がブームでした。しかし、今と違い日本へ戻ると再就職が難しい時代だったのですですから、語学を勉強してきた方を活かしてあげられたらと思い34歳の時に吉香を設立しました。


志賀俊之

ダイバーシティ(多様性)は、企業として推進すべきです。ダイバーシティを導入すると、波風が立ち、最初は心地よいものではありません。しかし最初のヤマを乗り越えれば、間違いなく企業文化は変わります。内向きな文化は消え、企業は活性化します。


吉山勇樹

近くの特定分野に詳しい人との関係、言ってみれば、人材のポートフォリオを充実させることで、他人のノウハウや脳みそを活用できるのです。自分のナレッジ(知識)をより広くより深くレバレッジ(拡張)できるとも考えられます。そうやって周囲の人の力を活用し、全体のパフォーマンスを当初の10倍以上にするようにコントロールするのが自分の役割です。


植木義晴

最近は数字の結果だけを見て、「会社更生法を適用すれば誰でも利益を上げられる」という声も聞きますが、そのたびにリストラで辞めていった仲間の顔が浮かび、その無理解にやり切れない思いをしています。


小林達夫(経営者)

当社には「大いなる飛躍より着実なる前進を」という創業者の社是があります。何をやるにしても、人が育たないと仕事はうまくいかない。


安藤俊介

「取引先には10分前に到着すべき」というコアビリーフ(自分がこうであるべきと信じている基準)を持つ人は、部下が5分前に到着しても腹が立つでしょう。しかし、「ギリギリでも間に合えば問題ない」と考えている人であれば、3分前に到着しても腹が立ちません。「怒らない人=温厚」ではなく、たまたまその人のコアビリーフに触れていないだけというケースも十分に考えられるので、相手がキレないと決めつけて勝手に安心するのは危険です。


桜井喜造

事業の多角化には慎重に取り組みたい。堅実経営が我が社の信条。時流に乗り遅れるとの見方もあるかもしれないが、世間の耳目を集めることを打ち上げても、短期間で終わってしまったらなんの意味もない。


落合寛司

野球少年はお金がもらえるわけでもないのに、毎日真っ黒になって練習する。それは自分の好きなことだから、夢があるから、苦にならない。仕事でも、将来の夢があれば自ら努力します。


了徳寺健二

若い人々に伝えたいことは、「何でも良いからこれだけは誰にも負けないという自分領域を作って欲しい」ということ。そしてそこから人々の成長や成功に必須の、誇りと自信が芽生える。


伊藤忠兵衛(二代目)

勉学が目的だが、実家の織物の仕事もあるから、有名大学をさけて最初ロンドン大学へ行った。経済学部で講義を受けたがさっぱりわからぬ。ところが下宿屋へ帰って教科書を読むと大半理解できる。これで私は通学しなくとも勉強できると考え、本ばかり買い入れて商売の方に精を出した。
【覚書き:留学しながら実家の丸紅伊藤本店(伊藤忠商事と丸紅の前身)の仕事を両立していたころを振り返っての発言】


高松信彦

カネと戦略さえあれば企業が発展するわけではない。社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ。新日鉄住金時代、何度もそう実感しました。


オスカー・ワイルド

若いときの自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。
いま、歳をとってみると、その通りだと知った。