名言DB

9412 人 / 110637 名言

岡野雅行(サッカー選手)の名言

twitter Facebook はてブ

岡野雅行(サッカー選手)のプロフィール

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

岡野雅行(サッカー選手)の名言 一覧

若い頃とは疲れ方も違ってきたけれど、やれるうちはとことんやり続けたい。自分の人生は、自分で決めるものなんだから。


どんな仕事でも長くやっていれば壁に突き当たることもある。でも、それを乗り越えていくことで、いろいろなものが見えてくるし、楽しさも感じられると思う。


サッカーもそうですが、ピンチのあとにこそチャンスが来る。それは、チャンスのときには見逃していたものが、ピンチのときこそ見えてくるからでしょう。


逆境に飛び込んだからこそ、本当に多くのものを得られた。


私はいつも、困難なときほどやる気が高まる。


相手のいいところをまねしてもそれ以上にはなれない。むしろ自分の強いところを見つけ、そこをひたすら伸ばすほうがいい。


ピンチを笑い飛ばす。ピンチのときこそ一番いいときだと考えればいい。


もともと、気持ちの切り替えはそれほど下手ではないですね。サッカーは失敗のスポーツですから、もちろん反省はしますが、いつまでも引きずってはいられません。私は愛煙家なのでタバコを吸ってリラックスし、一晩寝ればすぐに切り替えられます。


最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


35歳のときには浦和というビッグクラブを離れ、選手としてガイナーレに移籍。当時はグラウンドも練習場もボロボロでしたが、「学生時代に戻ったみたいだ」と、なぜか楽しかったですね。


高校のときには、サッカーをやろうにもサッカー部すらなかった。でも、そこで奮起してサッカー部を立ち上げ、県でも上位の成績を収めるまでになりました。大学時代は「洗濯係」としてサッカー部になんとか入部して、ほんのわずかなチャンスをつかみ、Jリーグに入ることができました。


初めてお会いする際には、具体的な資料は持っていきませんし、持っていても見せません。まずはガイナーレのことを、鳥取に手作りで運営するこんなチームがあることを知ってもらう。そして、「興味を持っていただけましたら、また改めて具体的な話をしにまいります」と伝えるのです。最初から資料を出すと押しつけがましい、ということもありますが、「何度でも鳥取から足を運びます」という姿勢を見せることで、こちらの誠意を伝えるということでもあります。


私の周りにはいわゆる「サッカーの天才」が山ほどいました。それに対して私は天才とはほど遠い人間。総合力ではどう頑張っても勝てません。でも、「足の速さ」だけは勝てるのではないかと考えた。それも、勝負時に裏に抜け出すスピードだけは負けたくないと、そればかりをひたすら研究した。その結果、この領域では世界トップクラスの選手にも決して負けませんでした。だからこそ長年、プロの世界でやっていけた。


呼ばれたりご紹介を受けたりしたらどこへでもすぐに飛んでいきますし、接待でお酒を飲むのもしょっちゅう。ビッグクラブと違い一人で何役もこなさねばならないので、とにかく大変です。もっとも、その分やりがいもありますが。


実際にはJ2、そしてJ1昇格を目指しているわけですが、私は目標を聞かれるといつも「ACLで優勝してアジアチャンピオンになり、世界最強チームであるバルセロナに勝つこと」と言っています。人口が世田谷区よりも少ない鳥取県のチームにそんなことは不可能だ、と思われそうですが、そこまで大きな話をするからこそ、多くの人が興味を持ってくれるのです。ただ、今年イングランドのプレミアリーグを制したレスターのように、欧州には小さな街にも世界的なチームは存在します。何年かかるかはわかりませんが、決して単なる夢物語だとは思っていません。


岡野雅行(サッカー選手)の経歴・略歴

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

相手に話してもらうには、相手に話してもらえる話題を準備していくことが重要です。相手のよく知っている話題や相手に近い話題を出すのです。相手のオフィスを訪問する場合、私はいつも早めに現地に到着してその会社が入っているビルの中や周辺を歩くようにしています。そして、見聞きしたことや体験したことを最初の話題として振ってみるのです。そのビルや周辺のことについては、当然相手の方が詳しい。ですから、こういう話題、会話の糸口さえ提供すれば相手は自分の知っていることを話してくれます。


村田諒太

応援してくださる方がたくさんいることは力になる反面、プレッシャーに感じることもある。そこで、「僕が負けたら手を叩いて喜ぶやつはいっぱいいる。だから、自分の地位やプライド、存在価値を失うとか失わないとか考える必要はない」という視点を持つと、気持ちがラクになりました。


蔭山洋介

南北戦争最大の激戦地ペンシルベニア州ゲティスバーグにおける戦没老記念碑の式典で行われたリンカーンのスピーチは、世界中でもっとも有名な演説のひとつであり、「短くまとめる」「キーフレーズは繰り返す」「聞き手に生きる意味と希望を与える」といったスピーチの基本原則か詰め込まれています。歴代大統領は皆、スピーチの際、これを手本にするといわれています。


山本貴史

社長を引き受けたのは、このままではCASTI(東京大学TLOの前身)がつぶれると思ったんです。東大のTLOがこけたら、日本の産学連携は後退してしまいます。しかし、東大がどこよりも先進的に変われば、日本中の大学が変わるだろうと。それが大学を変える早道だと思いました。そのためには、東大を中から変える。かき回したほうが面白い。トロイの木馬方式です。


竹内一郎

近年、「見た目重視」の傾向がより強まっているのを感じます。「人は見た目で判断してはならない」という建前に対して、「やっぱり人は見た目に左右される」という本音が表に出てきた、ということでしょう。


小笹芳央

どんな仕事も、自分の心の持ち方次第で自分の成長に繋がる。


小笹芳央

プレイヤーとして優秀でも人を育てるのが下手なのは、自分のノウ八ウを言葉で説明できないということ。教育係になることでその欠点を直したいところです。


吉川元春

外出なさる場合も、よく注意しておとりつくろいなさるがよろしい。その際の着物の着方についても、簡単に商人などが着るように着たり、また、首に巻きつけるような格好で御召しなさったならば、はたの見た目も実に笑止千万なことであります。そのようになされたところで、健気に見える点は少しもありませぬ。着物は普通に正しく御召しになるのが最もいいことなのです。


小池修一郎

演出家も、未成熟な役者たちと一緒に仕事をするなかで、新たな発見をすることがよくあります。若い人と共に汗をかいて、死ぬほどの思いで工夫していると、そこにオリジナリティが出てくる。いつでも悩み、新しい表現に挑戦する姿勢を忘れないでいたいですね。


小林栄三

「変化の激しい時代」とよくいわれますが、その中身は20世紀と21世紀でまったく違います。ITなどの進化により、変化のスピードは著しく速まり、振れ幅も大きくなった。加えて、それが一気に世界中を網羅するようになりました。そうした中で重要なのが、まさしく異なる業界の企業などと情報交換する手段を持っておくことだと私は思います。なぜなら多様な情報チャネルを確保しておくことは、変化の予測可能性を高めることにつながるからです。


遠山敦子

仕事にロマンを感じ、深く考え、熱く行動せよ。


髙松修身(高松修身)

経営とは究極的に自己追求と結びつき、経営のなかで絶えず自分を追求し発掘し創造していくもの。


笠倉健司

人間は常に自分の運命を生きているのであり、苦しみも悲しみも一回限りの大事な人生の欠かせない一コマといえるのではないでしょうか。苦労や努力の結果がどうであれ、運命を素直に受けとめて、現在を精一杯生きることに人生の本当の価値があり、その積み重ねで結果的に人として成長して人生もよい方向に開けていくのだと思います。


虚淵玄

営業の方々からは売れっこないって言われてましたけれども(笑)。自分としては「自分が一番面白いと思えるものを作るしかないだろう。そこで嘘をついたらおしまいだ」という考えが当時からあったので。市場の流行を最優先はせず、自分が良かれと思った方向で作りました。発売後にネットで大きな反応があって。おかげで自分の感覚は正しかったなと嬉しくなりましたね。

【覚え書き|デビュー作『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』について】


高碕達之助

事業の目的は第一に人類の将来を幸福ならしめるものでなければならぬ。第二に事業と言うものは営利を目的とすべきではない。自分が働いて奉仕の精神を発揮するということが、モダン・マーチャント・スピリット(近代商人魂)だ。