名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

岡野雅行(サッカー選手)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡野雅行(サッカー選手)のプロフィール

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

岡野雅行(サッカー選手)の名言 一覧

若い頃とは疲れ方も違ってきたけれど、やれるうちはとことんやり続けたい。自分の人生は、自分で決めるものなんだから。


どんな仕事でも長くやっていれば壁に突き当たることもある。でも、それを乗り越えていくことで、いろいろなものが見えてくるし、楽しさも感じられると思う。


サッカーもそうですが、ピンチのあとにこそチャンスが来る。それは、チャンスのときには見逃していたものが、ピンチのときこそ見えてくるからでしょう。


逆境に飛び込んだからこそ、本当に多くのものを得られた。


私はいつも、困難なときほどやる気が高まる。


相手のいいところをまねしてもそれ以上にはなれない。むしろ自分の強いところを見つけ、そこをひたすら伸ばすほうがいい。


ピンチを笑い飛ばす。ピンチのときこそ一番いいときだと考えればいい。


もともと、気持ちの切り替えはそれほど下手ではないですね。サッカーは失敗のスポーツですから、もちろん反省はしますが、いつまでも引きずってはいられません。私は愛煙家なのでタバコを吸ってリラックスし、一晩寝ればすぐに切り替えられます。


最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


35歳のときには浦和というビッグクラブを離れ、選手としてガイナーレに移籍。当時はグラウンドも練習場もボロボロでしたが、「学生時代に戻ったみたいだ」と、なぜか楽しかったですね。


高校のときには、サッカーをやろうにもサッカー部すらなかった。でも、そこで奮起してサッカー部を立ち上げ、県でも上位の成績を収めるまでになりました。大学時代は「洗濯係」としてサッカー部になんとか入部して、ほんのわずかなチャンスをつかみ、Jリーグに入ることができました。


初めてお会いする際には、具体的な資料は持っていきませんし、持っていても見せません。まずはガイナーレのことを、鳥取に手作りで運営するこんなチームがあることを知ってもらう。そして、「興味を持っていただけましたら、また改めて具体的な話をしにまいります」と伝えるのです。最初から資料を出すと押しつけがましい、ということもありますが、「何度でも鳥取から足を運びます」という姿勢を見せることで、こちらの誠意を伝えるということでもあります。


私の周りにはいわゆる「サッカーの天才」が山ほどいました。それに対して私は天才とはほど遠い人間。総合力ではどう頑張っても勝てません。でも、「足の速さ」だけは勝てるのではないかと考えた。それも、勝負時に裏に抜け出すスピードだけは負けたくないと、そればかりをひたすら研究した。その結果、この領域では世界トップクラスの選手にも決して負けませんでした。だからこそ長年、プロの世界でやっていけた。


呼ばれたりご紹介を受けたりしたらどこへでもすぐに飛んでいきますし、接待でお酒を飲むのもしょっちゅう。ビッグクラブと違い一人で何役もこなさねばならないので、とにかく大変です。もっとも、その分やりがいもありますが。


実際にはJ2、そしてJ1昇格を目指しているわけですが、私は目標を聞かれるといつも「ACLで優勝してアジアチャンピオンになり、世界最強チームであるバルセロナに勝つこと」と言っています。人口が世田谷区よりも少ない鳥取県のチームにそんなことは不可能だ、と思われそうですが、そこまで大きな話をするからこそ、多くの人が興味を持ってくれるのです。ただ、今年イングランドのプレミアリーグを制したレスターのように、欧州には小さな街にも世界的なチームは存在します。何年かかるかはわかりませんが、決して単なる夢物語だとは思っていません。


岡野雅行(サッカー選手)の経歴・略歴

岡野雅行、おかの・まさゆき。日本のサッカー選手。「ガイナーレ鳥取」GM。神奈川県出身。日本大学を中退しプロ入り。浦和レッドダイヤモンズに入団。「野人」の愛称で親しまれた。その後、ヴィッセル神戸、香港リーグ、ガイナーレ鳥取などで活躍。引退後、ガイナーレ鳥取GMに就任。

他の記事も読んでみる

野田佳彦

大事を成すには、衆知を集めることが何よりも重要になります。ただ、アンケート結果やその数字といった衆知ではなく、一人ひとりの生の声をできるだけたくさん聞き、表情を見ながらやりとりする中で集まる衆知こそ大事にしなければなりません。


和田秀樹

移動コストも投資。その料金以上の見返りがあると思えばタクシーもグリーン車も遠慮することはありません。自分の時間を使うことに対して、いくらの損得になるかの発想は常に持っているべきです。


吉永泰之

経営者は社員を前に話をする際、つい「目新しい話を」「前回とは違う話を」と考えがちです。しかし、自身が重要だと感じたら根気強く何万回でも繰り返すことが合意形成につながる。


大橋徹二

イノベーションを起こしていくということが企業としての成長に欠かせない。我々の定義するイノベーションは、技術革新という意味ではありません。新しい付加価値を創造して、お客様が「コマツとビジネスをしていれば、仕事の仕方を始めワンステップ成長できる」と感じていただけるようになることを指しています。


周防正行

どんなに生活が苦しくても、監督以外はやらないと決めました。30代で劇場映画を三本撮ることができたのは、その姿勢を貫いたからだと思います。


小石原昭

映画って結局ね、大衆がついて来ない、勢いのないものはダメですよね。身内だけでいくら褒め合ったってね。


藤田伝三郎

公益を図ることを事業経営の方針とし、決して私利を求めて他を顧みないといことのないように。


中野貴志(経営者)

サービス力は一朝一夕にできるものではありません。大変ですが、見方を変えれば他社が真似ようとしてもそう簡単にはできないということです。


塚越寛

研究開発と言っても、物づくりだけの話ではありません。新しい業態を開発したり、画期的な営業の方法、宣伝の方法を創出していくことによって、成長の種を育てていくことができます。芽が出るのは5年後かもしれないし、10年後かもしれません。しかしどのような業界であっても、いい会社をつくっていくために、研究開発型の企業であり続けることが大切だと思います。


麻生けんたろう

あがり症を克服するためになにより重要なのは準備力です。あがらないためには本番で成功する見通しを立てる必要があります。そのためには「結婚式で上手くスピーチする自分」という理想と、「現時点の自分」という現実とのギャップをなくせばいいのです。そのギャップを埋めるためには、できる限りの準備をして本番に備えるしかありません。


佐々木常夫

働き方とは、すなわち生き方です。「自分はどのような人生を送りたいのか」を真剣に考えない限り、残業を減らす意味も理解できないでしょう。いくら会社が残業削減のための制度を整えたところで、働く本人が「残業をしないことが自分にとってプラスになる」と思わなければ、何も変わるはずがありません。


佐々木圭一

人は自分の目線で物事を考えることが多いため、依頼時も思ったことをそのまま口に出しがちです。自分本位の依頼にならないように気をつけましょう。