名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

岡野真二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡野真二のプロフィール

岡野真二、おかの・しんじ。日本の経営者。デザイン家電メーカー「ウィナーズ」社長。サラリーマンを経て、家業のプラスチック製造工場を継ぐ。その後ウィナーズを創業し、コンパクトなデザイン家電を手がけヒットさせた。

岡野真二の名言 一覧

ミキサーやトースターはすでにある製品カテゴリーですが、その中で他の真似ではない、自分たちならではのヒネリをきかせた製品づくりを心がけています。


イメージしているのは小さなキッチンと90センチ角のテーブルに2つの椅子がある生活をしている人たちです。その中で私たちの製品がどう並び、使われるかというところからサイズや色、デザインなどを考えます。


岡野真二の経歴・略歴

岡野真二、おかの・しんじ。日本の経営者。デザイン家電メーカー「ウィナーズ」社長。サラリーマンを経て、家業のプラスチック製造工場を継ぐ。その後ウィナーズを創業し、コンパクトなデザイン家電を手がけヒットさせた。

他の記事も読んでみる

伊藤正裕(起業家)

本質的なバリューを理解することが必要です。たとえば、500万円の価値の商品があるとします。あるお客様は2000万円でも買ってくれそうなお金持ちです。でも、だからといって2000万円で売ってはいけません。あくまで本質的なバリューに従って、適正価格をつけなければならないのです。


柳橋仁機

もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。


工藤公康

すべては自分がどうあるべきか、どうなりたいか。そこを明確にすれば迷いはなくなる。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

女にモテたいと思って、あれこれ考えているヤツほど、モテないものだ。「モテる」というのは結果なんだよ。一方、「モテたい」というのは目的でしかない。そこを混同していると、薄っぺらな生き方になってしまうんだね。自分を磨くことが目的になっていれば、普段の努力が自分の魅力を高め、その結果としてモテる人間にもなれるんだ。ところが、モテることが目的になっていると、モテるためのノウハウばかり考えるようになって、人間的な魅力を磨くことが二の次になる。結果的に底の浅い行動しかできなくなり、モテたいのにモテないヤツになってしまうというわけだ。


ヤンネ・ラハテラ

世界一の椅子はひとつしかなく、その椅子に一番近づけた人しか座れない。迷ったり不安になったりする暇はない。ただやるしかない。


石井ふく子

私が頑固にホームドラマを描き続けているのも諦めたくないから。いまのテレビはお笑いかサスペンスだけ。どちらもすぐ結論を出さなきゃいけないから、何がいいのかよくわかりません。私はやっぱり丁寧にものをつくっていきたいんです。


渡邉幸義

近年、日本の企業は何でも競争で、目先の効率化だけを追い求めています。そうやって弱い立場の人がどんどん切り捨てられてきました。だから私は、あえてこの逆をやるのです。「ありえない」と思われようが、「非常識だ」と言われようが、私はずっとこのスタンスでやってきました。これからもそうするつもりです。


宇佐美進典

歴史からも学ぶことが出来ます。今、会社で起こっている問題は、過去の歴史のどこの場面に合致するか考えると、見えていないところが見えてきます。


吉山勇樹

「何をもって成果とするか」という基準を明確にすることが大切です。上司が考える百点満点と、部下が考える百点満点は、必ず違います。だから、部下は部下なりの百点満点をめざしてコツコツ頑張ったのに、上司に提出したらあっさりダメ出しをされる、ということが起こるのです。


井上聡(経営者)

ロゴに関してあるチャレンジをしました。自分で作らずに、自分たちが好きな人に作ってもらうことにしたのです。僕ら二人(兄弟)はマーサ・クーパーというアメリカ人写真家の大ファンで、この人はヒップホップやグラフィティといった70年代のストリートカルチャーを最初に見出したことでも知られています。彼女がたまたま、本の出版イベントでデンマークに来ると知った。そこで(弟)清史がそのサイン会の列に並んで、「僕たちのロゴを書いてください」とその場で頼んだのです。彼女もとても喜んでくれて、その場で書いてくれたのが今のロゴです。


清田瞭

自らに厳しい会社は業績が上がっている。


澤田貴司

プロ野球の世界では、長打力があるとか足が速いとか、何か抜きん出た力をもっていないと生き残れませんが、それはビジネスの世界でも同じ。会計や法務がわかるとか、抜群の交渉力をもっているとか、現場に出ると誰よりも元気に働くなど、その人ならではの強烈な強みをもっている人を、積極的に採用します。