名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

岡野守也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡野守也のプロフィール

岡野守也、おかの・もりや。日本の仏教心理学者、セラピスト。広島出身、山口育ち。関東学院大学大学院神学研究科修士課程修了。牧師をしながら出版社で編集者を務める。その後、サングラハ教育・心理研究所を設立。そのほか日本仏教心理学会副会長、各種大学での非常勤講師(武蔵野大学、青森公立大学、四国学院大学、法政大学)などを務めた。主な著書に『トランスパーソナル心理学』『唯識の心理学』『美しき菩薩・イエス』『生きる自信の心理学 コスモス・セラピー入門』『いやな気分の整理学 論理療法のすすめ』ほか。

岡野守也の名言 一覧

人間は感情で動くと思われていますが、実際には自己利益で動くものです。損か得かを考えるのはとても効果的です。


考え方が適切(あるいは論理的)であれば、健全な感情が生まれます。考え方が不適切(あるいは非論理的)であれば、感情も不健全になってしまいます。


嫌な出来事を忘れないでいると、中長期的に自分の人生にプラスになるのでしょうか。嫌な出来事をずっと覚えていても、自分の気分が悪くなり、その結果、周りの人の気分も悪くさせ、ものごとが上手くいかなくなるなど何もいいことはありません。


一般的に「嫌な出来事があったから嫌な感情が起こる」と思われがちですが、同じ出来事が起こっても、反応は人によって違います。失敗してクヨクヨする人もいれば、さっと反省して次の行動に移ることができる人もいます。この違いはその人の考え方や、ものの受け止め方から生まれます。


同情されても悩み自体は解決されません。でも自分の考え方を変えれば、嫌な気持ちは確実に軽減されます。


岡野守也の経歴・略歴

岡野守也、おかの・もりや。日本の仏教心理学者、セラピスト。広島出身、山口育ち。関東学院大学大学院神学研究科修士課程修了。牧師をしながら出版社で編集者を務める。その後、サングラハ教育・心理研究所を設立。そのほか日本仏教心理学会副会長、各種大学での非常勤講師(武蔵野大学、青森公立大学、四国学院大学、法政大学)などを務めた。主な著書に『トランスパーソナル心理学』『唯識の心理学』『美しき菩薩・イエス』『生きる自信の心理学 コスモス・セラピー入門』『いやな気分の整理学 論理療法のすすめ』ほか。

他の記事も読んでみる

梶村尚史

夜暗くなると眠くなり、朝日を浴びると目覚めるのは本来、身体に備わっている体内時計のリズムです。はるか昔は自然が「夜寝て、朝起きる」という睡眠環境を作っていましたが、現代はひと晩中、電気が煌々(こうこう)と灯り、テレビやコンビニも24時間オープンで昼と同じような生活ができてしまいます。また、交通機関やコンピュータ環境の発達で、あまり身体を動かさずに、頭ばかりが疲れている人が多いことも挙げられます。夜になったら自然と眠くなる――現代人はその当たり前の環境を、意識して自分で作らなければならないのです。


おおたわ史絵

人間は最後に聞いたことしか覚えていない、といわれます。ですから、話の中で相手の心に残したいことを話の最後に持ってくる。このテクニックは身につけておくといいでしょう。


保木将夫

私の言うことを理解して、その通りにやって成功した人はいます。しかし、たいていの人は自分の考えを持っていますから、教えても言う通りにはしない。それで失敗するのです。


施崇棠(ジョニー・シー)

ソフトの開発一つ取っても、やはり常にハードに立ち戻って、基礎のデジタル入力から考えないといけません。デジタルの時代だからといって、アナログの考え方を捨ててもいけません。ハードとソフトが融合するIoTの時代だからこそ、ハードとソフト両方の基礎技術を持ち続けることが必要なのです。


小谷和朗

インドネシアに赴任してすぐにアジア通貨危機があり、1年以内に暴動や政変もあって、経営環境は最悪でした。その時に感じたのが、いかに現地で働く従業員をやる気にさせるかということ。そのためには会社が正しい情報を出して、従業員と誠実に話し合いを続けることしかありません。


上野和典

人にはそれぞれ長所と短所があります。それが個性なのですが、考えてみると私は短所を直すことより、長所を伸ばすことでここまで来ました。ですから相手の長所も尊重しようと考えています。たとえそれが自分のこだわりと違っていても、思い切って任せる覚悟が必要です。


菊地敬一

月末はいつもお金がなくて。資金繰りにはずっと苦労していましたよ。結構最近(上場前)まで!経営って資金繰りなんだと思いましたね。僕はこの状況を「自転車操業」ではなく、「オートバイ操業」と呼んでます。倒れたら死ぬ!(笑)黒字倒産が実際にあるとすれば、それはきっと弊社で起こるんだろうなぁと僕はいつも思っていました。


福原正大

日本の入試は中学から大学まで、答えはひとつであるという前提でつくられています。それに合わせて学校でも、答えがある問題を出して、その解き方を教えています。そういった教育を通して「答えはひとつ」と植えつけられているから、答えが出ない現実の問題に対応できない面があるのではないかと思います。


塚越寛

常日頃から相手に敬意を尽くしていれば、困ったときに手をさしのべてもらえる。


藤田晋

「捨てることが苦手」と思われる人は、「やめるべきではない」という理由が似たようなものでした。その理由は、「○○にとって必要だから」。9割やめるべき理由があるのに、1割のメリットにとらわれ、やめられないのです。


大崎洋(大﨑洋)

うちに所属しているタレントさんが本気か冗談かわかりませんが、「会社が何もしてくれないから、僕は自分一人で売れた」なんて言っているのをよく耳にすることがあります。それぐらいの根性がないと、芸能界では生きていけません。荒れた土地に自力で根を生やした人間は足腰が強いわけだし、自分がつらい思いをした分、人のつらさもわかる人間になるわけです。吉本の人材教育は、タレントも社員もそっちの方に放り込んでいるんだと思います。


潮凪洋介

くじけそうになったとき、ちょっと弱気になったとき、私は「本」というコーチに何度も、いや何百回も励まされ、立ち直ることができた。1000円ちょっとの本が、人生そのものを支えてくれているのである。いい本はそのくらい大きな役割を果たしてくれる。