岡野俊一郎の名言

岡野俊一郎のプロフィール

岡野俊一郎、おかのしゅんいちろう。日本のサッカー指導者。日本サッカー協会理事、IOC国際オリンピック協会委員、日本サッカー殿堂第一回受賞。選手期間は大学までしかないがコーチとして才能を発揮。東京五輪ベスト8、メキシコ五輪銅メダル獲得などに貢献した。

岡野俊一郎の名言 一覧

チームの中で自分の役割を果たすには、チームの一員としてチームにプラスになる自分の長所を伸ばし、マイナスになる短所を消していく毎日の努力を怠ってはいけない。


岡野俊一郎の経歴・略歴

岡野俊一郎、おかのしゅんいちろう。日本のサッカー指導者。日本サッカー協会理事、IOC国際オリンピック協会委員、日本サッカー殿堂第一回受賞。選手期間は大学までしかないがコーチとして才能を発揮。東京五輪ベスト8、メキシコ五輪銅メダル獲得などに貢献した。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

以前、アメリカ企業の社長をしておられたフランス人の方と話したときに、彼に「会社とは何か」と尋ねたら、「利益をあげる組織である」と答えられました。ただし、そこで重要なのは、「誠実さと透明性を持った会社でなくてはならない」と。


山海嘉之

科学技術は人の役に立ってこそ価値がある。


松本利明(コンサルタント)

一般的なメンバーは「理想のリーダー像」に期待し、その理想と現実のギャップからリーダーに対して物足りなさを感じているが、スーパーメンバー(リーダーを動かすメンバー)は最初からリーダーに理想のリーダー像を期待していない。リーダーは完璧ではないということを理解しつつ、プロジェクトを成功に導くために、リーダーがどのように判断し動けば関係者全員がWin-Winになるかを考え、リーダーを活用するというスタンスで事にあたっている。


高橋泉(経営者)

絶対にあきらめず、おかしいことは相手が国でもおかしいと言い続けることが大事。


青野慶久

工場で1日にボルトを500個作っていたのが、1000個作れるようになる。これを「生産性が2倍になる」と評した時代がありました。しかし、今、求められるのは、ボルトの生産数を増やすことではなく、「今までにないボルト」を作ること。つまり、アイデアやクリエイティブを「生産性」と呼ぶ時代なのです。


堀義人

次代の若者に志を抱かせるには、志を持った人々が増えなければいけない。


テリー伊藤

デキる人間とデキない人間は、いったいどこが違うのか。その答えは時代によって変わってくる。そして、いまという時代の中で勝敗を分ける最も大きなポイントは「優先順位のつけ方」だと、私は思っている。つまり、「ものごとの優先順位を間違えない人間と、間違える人間の違い」である。


片田珠美

嫌な言い方をされると、自尊心の源である自己愛が傷つき、生きる気力を失ってしまいます。ただ、不快な物言いに対して免疫をつけるためにも、傷つく経験はある程度必要。それが今は自己愛が肥大化している風潮もあって、うまく対処できない人が多い。


伊藤嘉明(経営者)

筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


本多静六

勤労生活者がカネを作るには、単なる消費面の節約といった消極策ばかりでは十分でない。本職に差し支えない限り、否、本職の足しになり、勉強になる事柄を選んで、本職以外のアルバイトに勉めることである。私のアルバイトは、「1日1頁」の文章執筆の「行」によって始められた。


川上徹也(コピーライター)

人の心を動かすのは、等身大の体験談。格好をつけたり、自分を飾ったりしていては駄目。自分の弱さや失敗を正直に話すほど説得力が高まる。


出口治明

副業はいいに決まっていますよ。お金が得られるのみならず「人・本・旅」と同じ(自分を成長させる)効果があります。本業、副業といったくくりを超えて、広い意味で「仕事」にいい影響をもたらすはずです。就業規則などで問題ないのなら、ガンガンやったらいいと思いますよ。


斎藤緑雨

遊びというものの味が真正にわかったなら、遊びは面白いことではなくて怖いことである。怖いことを知って遊ぶ者に過ちはないけれども、それまでに一度面白いことを経ねばならぬので、過ちはそのときにおいて多く発生する。


松村厚久

私が社員を育てているわけではありません。立場が彼らを育ててくれます。未経験者に店長を任せると、試行錯誤しながらだんだん店長らしくなっていく。


碓井稔

どのぐらい利益が出た、出なかったという話と、価値をどう作り出したか、世の中の人を幸せにできたかというのは、短期的には必ずしも一致しないと考えている。新しい価値をどんどん生み出せる会社だと認知されれば、誰からも文句は言われなくなるはずだ。それを我々が証明したい。


ページの先頭へ