名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡田正彦(医学博士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡田正彦(医学博士)のプロフィール

岡田正彦、おかだ・まさひこ。日本の医学博士。専門は予防医学、医療統計学。京都出身。新潟大学名誉教授。新潟大学医学部卒業。新潟大学医学部附属病院内科研修医、新潟大学医学部脳研究所神経生理学部門助手などを経て教授に就任。そのほか米国学会誌「IEEE Transactions on Biomedical Engineering」副編集長、学会誌「生体医工学」編集長などを務めた。著書に『薬なしで生きる』『がん検診の大罪』『死ぬときに後悔しない医者とクスリの選び方』『信じてはいけない医者 飲んではいけない薬 やってはいけない健康法 医療と健康の常識はウソだらけ』『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』ほか。

岡田正彦(医学博士)の名言 一覧

何事も「ほどほどに」。それが、疲れを残さないためのキーワードです。


風邪は薬をすぐに投与するのではなく、むしろ自然に治るのを待つほうが結果的に早く治ることが最近わかっています。人間の身体はうまくできていて、ウイルスに感染すると自然と熱が出て、熱に弱いウイルスを倒そうとするのです。熱があまりに高い場合は解熱剤を使う必要がありますが、そうでないなら自然に治癒するのを待つほうがいいのです。


本来、人間というのは自然に逆らわず「ほどほど」に生きているとき、最も疲れないようにできています。結局、「自然の摂理に逆らわず、ほどほどに」というのが、人間の健康のためには一番大事なのです。


疲れはある意味「身体からのシグナル」です。たとえば、体内に蓄積されたフリーラジカルが筋肉の動きを阻害するのは、「これ以上筋肉を使うと、筋肉が壊れてしまう」と判断するからです。痛みと同じで、疲れを感じなければ、人間はたちまち病気になってしまうでしょう。昔、炭鉱に入るときはカナリアを連れて行ったそうです。そして、空気が悪くなるとカナリアが死んでしまうことで、炭鉱夫たちは危険を察知したといいます。それと同じような役割を「疲れ」も果たしているわけです。いわば、自然に逆らって無理を重ねている自分からのイエローカードが「疲れ」なのです。


今では、健康のためにも一定のストレスは必要だと考えられています。その場しのぎに頼るのではなく、ストレスとうまくつき合っていく姿勢こそが重要なのです。


私が過去に行なった大規模調査によれば、睡眠時間が6時間のグループが最も病気が少ないという結果が出ました。また、海外では、7時間が最も長生きだったという調査結果もあります。むしろ、それより長いと数値は悪化してしまいました。睡眠は長ければ長いほどいい、というものでもないようです。


よく、「寝る前に飲食をしないほうがいい」というのは、消化の際に胃を、ひいては脳を働かせてしまうので、しっかり脳を休めることができないからです。同様に、寝る前には複雑なことを考えないほうがいいでしょう。


時代が変わったのに人間の身体の仕組みが変化していない、ということが、現代人が疲れやすい大きな要因になっているのだと思います。


ストレスは絶対的に悪だということではありません。人類がまだ狩猟生活をしていた頃は、たとえば猛獣との戦いや自然災害がストレスになっていたはずです。人はストレスを感じたとき、交感神経が活発になり、瞳が開き、汗が出て、筋肉が緊張します。それにより瞬間的に大きな力を発揮することができ、生命の危機を乗り越えてきたわけです。それが遺伝子に組み込まれているため、現代人もストレスにさらされたとき、同じ反応が起こるのです。問題は、自然災害や猛獣との戦いがストレスだった時代に比べ、現在はこうしたストレスが頻繁に起こることです。


岡田正彦(医学博士)の経歴・略歴

岡田正彦、おかだ・まさひこ。日本の医学博士。専門は予防医学、医療統計学。京都出身。新潟大学名誉教授。新潟大学医学部卒業。新潟大学医学部附属病院内科研修医、新潟大学医学部脳研究所神経生理学部門助手などを経て教授に就任。そのほか米国学会誌「IEEE Transactions on Biomedical Engineering」副編集長、学会誌「生体医工学」編集長などを務めた。著書に『薬なしで生きる』『がん検診の大罪』『死ぬときに後悔しない医者とクスリの選び方』『信じてはいけない医者 飲んではいけない薬 やってはいけない健康法 医療と健康の常識はウソだらけ』『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』ほか。

他の記事も読んでみる

石坂典子

製造業さんたちが知恵を振り絞って新しい商品を作るのと同じぐらい、廃棄物の処理にも知恵を使ってきました。それらの新しい商品はいずれ廃棄物になって出てくるじゃないですか。だから、同じように技術と頭のある人たちがいないとリサイクルなどできないのです。それでも価格の面で叩かれてしまう。そうすると、こちらも環境を整えることができません。そして労働環境が厳しいままであれば、この業界に入って来る人もいない。そして人が集まらない。負の連鎖が起きてしまうのです。


櫻田武(桜田武)

自分がこの会社を繁栄させた、などと考える社長は、思い上がりの最たるものだ。預かりの精神のない社長は失格だ。


ドナルド・トランプ

私は「もし~だったら?」という質問を自ら重ねた。ネガティブな要素と同じだけポジティブな要素があった。


見城徹

いまはだいたい朝の6時に起きて、まず手帳を開いてその日の予定をチェックするんです。すると、「こいつとは会いたくねえな……」とか、「この会議、やだなあ」とか、「この案件は今日中に決断しなきゃだな……」とか、憂鬱なことが3つはある。でも逆に、憂鬱なことがないと不安になってしまう。だって憂鬱じゃない仕事をやったって、たいした果実は得られませんから。


堤清二

文章そのものについては必ずしも流暢である必要はありません。むしろ稚拙でもいいくらいです。文章で人に動いてもらうためには、こちらの思いを伝えることが何より大切なので、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしつつ、たどたどしく書いた方が伝わりやすい。たどたどしい文章の方が本気だという雰囲気が出ることもあります。語弊を恐れずに言えば、文章が下手な人の方がいい手紙を書けるのかもしれません。


鈴木修

ぺしゃんこに潰されるのは嫌だから、「この野郎」という気持ちで挑戦し続けてきた。


鈴木幸一(経営者)

データの処理そのものは技術さえあれば難しいことではありません。問題は膨大なデータをどうやって集め、解析結果を顧客にどう届けるか。グーグルやフェイスブックに代表されるように米系のIT企業は、そうした仕組みを作るのが非常に上手でした。データを基に、それぞれの個人に合わせた広告を表示することで巨大なビジネスを生みました。


桜田厚(櫻田厚)

リアルな世界では状況が違えば、ふさわしい答えも違う。その都度、自分の頭で考えて正解を作っていくしかない。


横田正夫

どんな業界でも、全体を見渡して、スケジュールや仕事の「構造を組み立てられる人」こそが、できる人。


藤野英人

継続的にデイトレーダーで儲けることができる人は努力と才能と判断力が必要です。大きなものを運んだり、トラックを運転したりするような汗水たらす行為ではありませんが、脳の汗はかく必要があります。


迫俊亮

お客様のことを一心に思い、より良いサービスを実行する。これはBtoCビジネスの鉄則であり基本。この当たり前の姿勢が勝利につながる。


藤田晋

誰も分からない未来の話を言い出したらきりがない。