名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岡田正彦(医学博士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡田正彦(医学博士)のプロフィール

岡田正彦、おかだ・まさひこ。日本の医学博士。専門は予防医学、医療統計学。京都出身。新潟大学名誉教授。新潟大学医学部卒業。新潟大学医学部附属病院内科研修医、新潟大学医学部脳研究所神経生理学部門助手などを経て教授に就任。そのほか米国学会誌「IEEE Transactions on Biomedical Engineering」副編集長、学会誌「生体医工学」編集長などを務めた。著書に『薬なしで生きる』『がん検診の大罪』『死ぬときに後悔しない医者とクスリの選び方』『信じてはいけない医者 飲んではいけない薬 やってはいけない健康法 医療と健康の常識はウソだらけ』『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』ほか。

岡田正彦(医学博士)の名言 一覧

何事も「ほどほどに」。それが、疲れを残さないためのキーワードです。


風邪は薬をすぐに投与するのではなく、むしろ自然に治るのを待つほうが結果的に早く治ることが最近わかっています。人間の身体はうまくできていて、ウイルスに感染すると自然と熱が出て、熱に弱いウイルスを倒そうとするのです。熱があまりに高い場合は解熱剤を使う必要がありますが、そうでないなら自然に治癒するのを待つほうがいいのです。


本来、人間というのは自然に逆らわず「ほどほど」に生きているとき、最も疲れないようにできています。結局、「自然の摂理に逆らわず、ほどほどに」というのが、人間の健康のためには一番大事なのです。


疲れはある意味「身体からのシグナル」です。たとえば、体内に蓄積されたフリーラジカルが筋肉の動きを阻害するのは、「これ以上筋肉を使うと、筋肉が壊れてしまう」と判断するからです。痛みと同じで、疲れを感じなければ、人間はたちまち病気になってしまうでしょう。昔、炭鉱に入るときはカナリアを連れて行ったそうです。そして、空気が悪くなるとカナリアが死んでしまうことで、炭鉱夫たちは危険を察知したといいます。それと同じような役割を「疲れ」も果たしているわけです。いわば、自然に逆らって無理を重ねている自分からのイエローカードが「疲れ」なのです。


今では、健康のためにも一定のストレスは必要だと考えられています。その場しのぎに頼るのではなく、ストレスとうまくつき合っていく姿勢こそが重要なのです。


私が過去に行なった大規模調査によれば、睡眠時間が6時間のグループが最も病気が少ないという結果が出ました。また、海外では、7時間が最も長生きだったという調査結果もあります。むしろ、それより長いと数値は悪化してしまいました。睡眠は長ければ長いほどいい、というものでもないようです。


よく、「寝る前に飲食をしないほうがいい」というのは、消化の際に胃を、ひいては脳を働かせてしまうので、しっかり脳を休めることができないからです。同様に、寝る前には複雑なことを考えないほうがいいでしょう。


時代が変わったのに人間の身体の仕組みが変化していない、ということが、現代人が疲れやすい大きな要因になっているのだと思います。


ストレスは絶対的に悪だということではありません。人類がまだ狩猟生活をしていた頃は、たとえば猛獣との戦いや自然災害がストレスになっていたはずです。人はストレスを感じたとき、交感神経が活発になり、瞳が開き、汗が出て、筋肉が緊張します。それにより瞬間的に大きな力を発揮することができ、生命の危機を乗り越えてきたわけです。それが遺伝子に組み込まれているため、現代人もストレスにさらされたとき、同じ反応が起こるのです。問題は、自然災害や猛獣との戦いがストレスだった時代に比べ、現在はこうしたストレスが頻繁に起こることです。


岡田正彦(医学博士)の経歴・略歴

岡田正彦、おかだ・まさひこ。日本の医学博士。専門は予防医学、医療統計学。京都出身。新潟大学名誉教授。新潟大学医学部卒業。新潟大学医学部附属病院内科研修医、新潟大学医学部脳研究所神経生理学部門助手などを経て教授に就任。そのほか米国学会誌「IEEE Transactions on Biomedical Engineering」副編集長、学会誌「生体医工学」編集長などを務めた。著書に『薬なしで生きる』『がん検診の大罪』『死ぬときに後悔しない医者とクスリの選び方』『信じてはいけない医者 飲んではいけない薬 やってはいけない健康法 医療と健康の常識はウソだらけ』『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』ほか。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

私は店舗に持ち込まれた中古品の買い取りをする場合、それがどんな商品であったとしても、必ずほめます。自分が相手の立場なら、ほめられたいと思うから。相手の心理(自分ならどういわれたいか)を読みながら話を進めると、安く買い取れるし、お客さんも気分がいい。自分の心の中を見れば、相手の心の中も見える。だから、交渉事もうまく進むということです。


吉川稲美(吉川稻)

起業して1~2年の頃の話ですが、社員のほぼ全員にやめられてしまいました。当時の私は、理想を追求しすぎてしまい、周りが見えず心の余裕がありませんでした。社員に知らず知らずに、きつく当たっていたのかもしれません。今思えば、本当に自分が至らなかったとしみじみ感じています。


大田正文

人は皆、「話したい」生き物ですから、自分の話を聞いてくれた相手に好感を持ちます。だからこそ、あなたが世の中に圧倒的に不足している「聞き手」になれば、結果として人脈を広げることができる。


植田辰哉

組織のリーダーには、言葉で伝える力がなくてはなりません。言葉で伝える力の大切さに気付いたのは、現役を引退したあと、新日鉄のバレーボール部の監督を経験したことが大きいのです。あのころは、「日本一になる」という目標は掲げていたのですが、具体的にどんな戦略や方法で日本一になるのかについて選手やスタッフに話すことはまったくなく、「黙って俺についてこい」というスタイルを押し通していました。ところが、ふと後ろを振り返ってみると、誰もついてきてくれません。選手もスタッフも、私の考えに理解も納得もしていなかったわけです。その結果、当然チームの成績は低迷しました。


岸見一郎

いま一度、仕事の目的を思い出すといいでしょう。最優先すべきなのは上司に好かれることでしょうか。違うはずです。上司に好かれ認められることを第一の目的にしてしまうと、とんでもない落とし穴に陥る危険性があります。それは、「上司に疎まれているから仕事ができない。成果を出せないのは上司のせいだ」という発想です。こうした言い訳めいた気持ちが頭をもたげてきたら要注意。


三津原博

競争状況の下で、ローコスト経営を目指し、法令を順守して、国が目指す業務を進めていかなければなりません。それができない企業は、市場が伸びていても残れません。パパママストア(個人商店)では限界があるかもしれませんね。


三島海雲

幸い私は近年ますます健康で、いくらか耳が遠くなったが、それも補聴器の世話になるほどではない。せっかく、ここまで生きたのだから、あと20年ぐらいは働いてみたいと思っている。私がいま考えていることはほとんど5年先、10年先のことなので、それくらい生きないと困る。私はまだまだ前方を、未来を向いて生きている。
【覚書き|89歳時の発言】


リチャード・カールソン

穏やかでリラックスしている人たちを観察すると、気分がいいときは感謝の気持ちで満たされているのがわかる。彼らは前向きな気分も否定的な気分も一過性だと良くわかっていて、落ち込みもやがては消えると知っている。幸せな人たちは、ときには落ち込むこともあるさと割り切ることができる。落ち込みに抵抗したり、パニックになったりせず、その感情を優雅に受け入れる


岩田松雄

できるだけ二者択一で考えるのではなく、「両方を満たすにはどうすればいいのか」という考え方をする必要があります。


ヤンシー・ハイ

ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


美崎栄一郎

自分にとって大事な情報は、工夫や経験によって生まれます。そのことを、ノートに残していくというスタンスが大事です。それらは、インターネットでは検索できない情報だからです。


安永竜夫

構想を具現化、実現化して、ビジネスの骨格をつくるにはたくさんの人と会って話をする必要がある。ここにもっと労力と神経を使うべき。