名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡田康豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡田康豊のプロフィール

岡田康豊、おかだ・やすとよ。エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」編集長。

岡田康豊の名言 一覧

職種や業種など軸(長く関わっていきたい方向性)を1つ決め、それに関連した仕事は何でも主体的に取り組んで経験の幅を伸ばしていく姿勢が、今後のキャリア形成には大事。


転職したらバラ色の生活が待っているとは限らない。上司や部下とのコミュニケーションをイチから始めて、信頼を勝ち得る必要があるなど覚悟と努力が求められる。


毎年、転職をする時に使える履歴書を書いてみることをお勧めします。自分の実績や強みを棚卸しし、これから必要な経験やスキルをハッキリさせることができます。


若い世代は「会社のため」といった帰属意識が薄く、明確な目的や理由が伴わない仕事はとても嫌がる。今後、管理職には「仕事だから当然」といった姿勢ではなく、若い世代を支援し、相手を導くサーバントリーダー的なやり方がますます求められる。


最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


岡田康豊の経歴・略歴

岡田康豊、おかだ・やすとよ。エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」編集長。

他の記事も読んでみる

秋元康

若い人、とくにそれなりの責任を負うようになった30代の人の中には、失敗をしたくないと考える人も多いかもしれません。しかし、どれだけ慎重になろうが、人に聞こうが、データを調べようが、残念ながら人は必ず失敗します。でも、そう考えたとき大事なことは決めるということ、それも「瞬時に決める」ということではないかと思います。


清武英利

人間は不条理な世界に生きている。だが、朝起きて窓越しに見るぼんやりした空あかりを頼りにして生きていくしかない。


似鳥昭雄

仕事は、思いつきで行動するよりもきちんと手順を踏んで考えていくことが大事です。


泉谷直木

若手をもっと羽ばたかせるために、最長一年間海外に出て、語学だけでなく現地の文化や商習慣を身に付けてもらうという取り組みも始めました。社内では別名「海外武者修行制度」と言っています。


佐々木常夫

目下の人に教えを請うのが苦手な人は、人間関係を「上下」でとらえるクセがあるのでは。たとえ上司と部下といえども、上下関係だけで押し通そうとすると失敗する。「上から指示を出す」のではなく、対等な仲間として「いいアイデアがあればください」という姿勢で臨む必要がある。


ケリー・グリーソン

類似したコミュニケーション、類似した業務をまとめて処理し、無駄な動作を減らしてみよう。それぞれの業務をもっと効果的に終えることができるはずだ。仕事の多くは単純で機械的な作業に置き換えることができる。そういった仕事は、まとめるのもたやすい。この方法の効果は、計り知れないほど大きい。


松井忠三

手帳に行動や考えを記録することは、経営者としての指針を見出す手助けともなります。私は、読んだ本とそこから気がついたことや覚えておきたいことを手帳に記します。年末を迎えると、それを「経営姿勢」としてまとめるのです。この経営姿勢を表わす言葉は毎年増え、これを常日頃、見直すようにしています。


柵山正樹

私は地味でいいと思っています。地味でも着実にやっていく会社でありたい。
【覚え書き|「三菱電機は地味な会社」と言われていることについてのコメント】


依田宣夫

企業においては、コストは極力小さいに越したことはないが、家庭においては、消費が小さければよいわけではない。問題は、消費の質だ。いかに満足度の高い消費をしていくかということが、家庭の経済活動にとって最大のテーマなのである。家庭経営というとき、実質的にコントロールの対象とできるのは、収入ではなく消費なのだ。そういう意味でも、消費の満足度を高めることこそ、家庭経営の中心課題であるといえる。


桜田厚(櫻田厚)

値下げ競争には加わりませんでした。たとえば100円の商品を80円にする。消費者の方からすれば絶対に安いほうがいい。しかし、一度値下げすると元に戻せなくなる。80円の商品を100円にすれば「高くなったな」と思われる。これでは消耗戦になってしまいます。そもそもモスバーガーのお客様は値下げを期待しているのかと。


鈴木哲夫

新しいことをやれば最初は必ず損をする。だが、方向が正しければ、時間がかかるかどうかの違いはあっても、最終的には成功する。しかし筋の悪いものはいくら努力しても駄目だ。

【覚書き|上記の発言はHOYAがメガネレンズに参入した経験を語った言葉。参入後5年は大赤字で30億円の赤字を出してしまう。しかし、その後の5年間の業績を加えると、トータルで70億円の黒字に事業が成長していた経験を語った言葉】


幸田真音

本来M&Aは、企業同士が相互の補完をめざし、企業経営を効率化するための一手段。すべてを悪とするのはナンセンスです。