名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岡田康豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡田康豊のプロフィール

岡田康豊、おかだ・やすとよ。エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」編集長。

岡田康豊の名言 一覧

職種や業種など軸(長く関わっていきたい方向性)を1つ決め、それに関連した仕事は何でも主体的に取り組んで経験の幅を伸ばしていく姿勢が、今後のキャリア形成には大事。


転職したらバラ色の生活が待っているとは限らない。上司や部下とのコミュニケーションをイチから始めて、信頼を勝ち得る必要があるなど覚悟と努力が求められる。


毎年、転職をする時に使える履歴書を書いてみることをお勧めします。自分の実績や強みを棚卸しし、これから必要な経験やスキルをハッキリさせることができます。


若い世代は「会社のため」といった帰属意識が薄く、明確な目的や理由が伴わない仕事はとても嫌がる。今後、管理職には「仕事だから当然」といった姿勢ではなく、若い世代を支援し、相手を導くサーバントリーダー的なやり方がますます求められる。


最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


岡田康豊の経歴・略歴

岡田康豊、おかだ・やすとよ。エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」編集長。

他の記事も読んでみる

樋口健夫

アイデアノートをテーマ別ではなく時系列で書く理由は、見直しが簡単で、読み返す際、さまざまな書き込みが目に入るからです。たとえば、プロジェクトZの議事録を探すと、商品Xの記述が目に入って、商品Yのアイデアが浮かぶ……。このように、構えないほうがよい発想がひらめくのです。


高嶋由美子

リーダーという立場なので私がイライラしていると周りにも影響がある。プレッシャーの強い仕事なので、基本的にいつも楽しくしていよう、話しかけやすいようにしようと心がけています。


伊藤正裕(起業家)

出張に出ればその経費が発生します。サンプルをつくるのにもお金がかかります。何より一人一人の労働時間に、会社は給料を払っています。自分が動くことですでに原価が発生していることを忘れず、費用対効果を考えなければなりません。


望月明美

出世し得ない、あるいは取締役にはなれるとわかっている部長など、出世を諦めてしまった人の飲み方にはメリハリがありません。いつも同じ相手と、同じ話をしているイメージが強い。しかも、話題が内向きです。お酒の席で家族の話と趣味の話ばかりするようになってしまったら、サラリーマンとしては終わっていると考えた方がいいでしょう。


野田順弘(オービック)

知人だったプロ野球の故・仰木彬監督から教わった「信汗不乱」という言葉を私は非常に大事にしています。一生懸命流した汗を信じれば心は乱れず、やがて道も開けるという意味です。汗をかかないで楽に成長することはあり得ません。人づくりはまさに「信汗不乱」が必要だと思っています。


盛田昭夫

ただじっと考えていても想像力というのは出てこない。ひとつのターゲット、目標を設定して、そこへ向かっていくことによってクリエイティビティが出てくる気がする。端的な例は、アメリカのアポロ計画。人が月に行く。これは絶大な目標なんです。すると、そのためにはどれだけのロケットが必要だとか、どうやって飛んだらいいかとか、地上からのコントロールはどうするのか、実験は、材料は、そういった段階の中で、非常にたくさんの創造がなされる。


鈴木敏文

みんなが賛成することは、誰もが同じことを始めるため、過当競争に陥り、順に脱落する。


岩田松雄

会議のとき、社長と同じ側に座って担当者から報告を求めるのは、上下の間をつなぐだけの「電話線上司」。部下は「無責任な上司だ」と判断して、自分もなるべく責任を負わないように無難なことしかやらなくなります。部下をやる気にさせるマネジャーは、部下の隣に座って社長と話をします。それが「責任はすべて自分が取る」というメッセージになる。言葉だけでなく、実際の行動で上司としての責任感を示せるかどうか。部下がやる気を出すかどうかは、上司の腹のくくり方にかかっています。


吉澤和弘

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


藤沢武夫

生産企業では、つくっている商品で儲けているということで、技術者にしても、現場の人たちにしても誇りを持つことができる。俺たちが一生懸命働いているから会社が成り立っているんだということです。


本多均

他社と差別化できない企業は淘汰される。


福地茂雄

改革に頂上はないのかもしれません。お客様というのは決して満足しません。ひとつ満足すると、その次はその満足が不満足になっていくからです。私自身、視聴者満足とは、視聴者の不満足をひとつひとつ消していくエンドレスな仕事なんだということを、肝に銘じながら経営にあたっています。