名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡田元也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡田元也のプロフィール

岡田元也、おかだ・もとや。日本の経営者。「イオン」社長。三重県出身。早稲田大学商学部卒業、米国バブソン大学でMBAを取得。帰国後、ジャスコ(のちのイオン)に入社。ジャスコ新茨木店店長、タルボットジャパン社長、ジャスコ取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。そのほか日本チェーンストア協会会長などを務めた。

岡田元也の名言 一覧

イオンが成功したとは全く思わない。そう考えること自体がおかしい。成功したと思ったら、転落につながります。


具体的な言葉にしていわないと、ものごとは馬なりにしか進まない。


変化は結局、人が生むものです。小さいものが中くらいになり、大きくなっていく時に出てくるエネルギーはとても強い。


お客様が変わる以上、変化対応が当たり前でなければ小売業はできません。だから我々としては、「企業内起業家」というものが一番重要だろうと考えています。


本来は、どんどんチャレンジするのが当たり前なんだ。途上国に負けない先進国であるためには、柔軟性や創造性を発揮していくことが重要なのだと思う。


社内で純粋培養していると、常識的なことも分からない。普通に企業で働いていたら、銀行にお金を貸してくださいと頭を下げたこともない。これでは、生命力がないんですよ。現役世代が変化を続け、次の世代にフリーハンドでつなげるようにしないとまずい。もし30代、40代の一番ガンガン仕事ができる時に、全然変わらない会社だったらどうか。我々がずっと総合スーパーをやっている人だけになっていたら、滅びていたかもしれない。


若い世代の社員のクオリティーは間違いなく高い。20代後半の若手の話を聞いていると、自分は同じ年頃でそういうことまで考えていたのかなと思う。非常に優秀ですよ。問題は、機会に恵まれているかどうか。機会をどんどん与えないといけません。


幹部は保守化しやすい。ある意味、成功してきた人だから。ですから、成功した組織に埋もれている企業内起業家に向いた人たちを発掘して早くその気にさせることが重要です。そのためにイオンDNA伝承大学を作り、若手との対話も続けています。


イオンの人間は基本的に変化が好きです。安定的な方がいいと思う人は少数派で、ずっと同じことが続く方が耐えられない。大多数はそういう資質の人間です。リスクを取って、チャレンジしたいなら、「やればいいじゃん」となる。これはもう企業体質ですよ。


見方の問題じゃないですか。仮に破綻した会社や、破綻しかけている会社があっても、どこを見るか。チャンスがあるのに、そう見ることを知らない会社もある。


成長しないでいいと言える企業はないでしょう。問題は成長の仕方。拡大しすぎてそれがもとで失敗している会社もあるし、成長がないために固まって腐っちゃうケースもある。規模拡大を極端に重視しているわけでは全くありません。


上場は起業家の大きな目標。親会社からすれば、成功した子会社が上場してくれることで、初期投資を回収できるメリットもある。事業としても上場益が得られるのだから、しない場合よりも成功確率が上がる。早く投資回収すれば、もっと次に回せる。小さく、多く生んで、外部ともグループの中でも競争してもらう。そうすれば、企業内起業でも市場原理が働く。


企業内起業で印象に残っているのが小型スーパーの「まいばすけっと」。やりたいと手を挙げた社員は説明下手で、「ミニスーパーみたいな業態をやりたい」と提案してきた。魅力的じゃなくて、「冗談じゃない。やめてくれ、だいたいおまえヒマすぎるんだ。さっさと仕事しろ」と返しました。それでも「諦めきれない」と3回くらい言ってくるから「実験店なら許す。でも最初のうちは徹底的に言いたいことを言うからな」という条件付きで認めたんです。実験店ができて見に行くと、「あちゃー」という感じ。「まずいぞ」と本人に伝えたら、「私もそう思います」と言う。冗談じゃないよなぁ。でも聞くとすぐ近くにもう2号店ができていると言う。そこまで許した覚えはなかったが、見たら、これがなかなかいい。「5店舗くらいまでやってみたら」と言って、また見に行くとだんだん良くなっていた。「一気に勝負にいきたい」となって、「ふざけんじゃねえ」と思ったけど、「コンビニをスーパー代わりにできる人は所得的に普通じゃない。ニーズは絶対ある」という説明には言う通りだなと思ってね。結局出店を急拡大している。


どんどん変化に対応することを強調するのは、社員の心のエネルギーを膨らませてやる必要があるからです。ポジティブなエネルギーを奪われれば、現実に対応できなくなり、気がついたらお客様は離れて、組織のダイナミズムも失われる。


企業が大きくなると間接部門が肥大化し、お客様と距離力難れる社員も多くなります。官僚的な体質や組織が大きくなる。それと真正面から戦うのも重要かもしれないけど、それよりも、小さくても新しいものをどんどん誕生させる方が、ある意味で楽ですよ。


技術革新だとか、政治的な理由だとか、要因はその時々で様々だけど、これでいいと言った瞬間に、都市自体が次のところへと動いていく。だから我々も変わり続けなければいけません。


地方も東京も同じです。どんどん変わっていく。江戸時代までさかのぼって、それぞれの都市の変遷を見ればめちゃくちゃ変わっている。消えた都市もあれば、成り上がった都市もある。すごいダイナミズムですよ。だからこれでいいという状態は全くない。


日本の人口が減るからアジア市場に出ないといけないという消極的な意味ではない。我々の場合、むしろ積極的で、そこに新たな巨大マーケットがあるのだから、日本企業としてやらないでどうするんだと。暗い話ではなくて、新しいホライズン(地平線)が出てきているということです。


岡田元也の経歴・略歴

岡田元也、おかだ・もとや。日本の経営者。「イオン」社長。三重県出身。早稲田大学商学部卒業、米国バブソン大学でMBAを取得。帰国後、ジャスコ(のちのイオン)に入社。ジャスコ新茨木店店長、タルボットジャパン社長、ジャスコ取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。そのほか日本チェーンストア協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

「個」の希薄なアカウントというのは、質的な重さを持たない、小さくて軽い存在だと思うんです。だから無限に群れられるし、群れるまでにかかる時間も非常に短い。それぞれは意思を持っていたとしても、見せる動きは虫と大差ないような……。このままいけば、人はだんだんそんな存在になっていくのでは、という予想をしています。


西成活裕

ひとつの分野で30年ぐらいもがいて何かを掴みとるのも立派ですが、私の場合にはその「新しい組みあわせ」が研究のミソでしたね。すると、流体力学の話題の中で、プラズマのある状態を、非線形数学を使って記述するというのは、世界中の物理学者たちの中でも私だけがやっていることになってくれたわけです。すでに大勢の人がいろいろなことをやってきた分野で、若い人が結果を出そうとするなら、どうしても「まるで違う分野にいって、そこで輸入してきたものをくっつける」というやり方が必要なんです。


長谷川閑史

民が得意な部分と官が得意な部分をうまく組み合わせることによって、スムーズに労働移動する仕組みを作りたい。工夫の余地はまだある。


ビル・ゲイツ

マイクロソフトは不死身ではない。どんな会社でも失敗はする。問題は、それがいつかということだ。私の目標はもちろん、重要な位置をできるだけ長い間維持することだ。


柳弘之

私たちは「感動創造企業でありたい」と30年言い続けています。その意味は、お客様の期待を超えるということです。


小川仁志

いまの悩みや不安も50~1000年単位で捉えれば、些細なものに思えるはず。視点を変える究極の状況は、宇宙規模での発想でしょう。明日、巨大な隕石が地球に激突し、世界が終わるとしたらどうですか。いまの悩みや苦しみなどは取るに足らないものになります。悩みや不安は完全にゼロにはできませんが、相対的に小さくすることは可能なのです。


テリー伊藤

よく使う手法は一番遠い場所にあるはずの言葉をくっつけて、まずはタイトルを作っちゃうって作戦。「新しい本のタイトル案、そろそろお願いします」「うーーーん、『合コンでモテる年金問題』。どう?」とかね。一瞬、「なんだ、それ?」って思うじゃない。人って、言葉として両方とも知っているものを意外な組み合わせにされると、興味を持つんだよね。そんなふうにアレンジで攻めるのはいい方法。「ゼロから考えなくちゃ!」と自分を追い込むと袋小路に入っちゃいますよ。


ジェームズ・ダイソン

消費者は思いもつかなかった商品を手に入れたがる。


小林弘人

企業の内部には色々な発信すべき「ストーリー」があります。しかし、現場の担当者にとっては当たり前のことで、なかなかその存在に気付かない。第三者の視点が必要です。広報や宣伝に、こうした意識と経験を持ったスタッフがいれば、社内で情報の発掘ができますが、なかなか難しい。であれば、外部からプロの編集者に参加してもらうことが有効です。彼らは、どんなストーリーにユーザーが反応するのか、よく知っています。


磯崎功典

売上高を上げることが第一ですが、収益も非常に重要です。ただし、単なるコストカットでは能がありません。調達のやり方などを工夫することによって、まだまだコストは下がってくると思います。それから広告宣伝費。どのビール会社でも莫大な広告宣伝費を使っていますが、選択と集中でもう少しメリハリのついた投資をすべきだと思います。


山本ケイイチ

何か行動を起こすときは、自分の状態が適切・良好である必要がある。もっといえば、人間性の基礎ができているかどうかが重要。


西野裕

人員削減の対象となる人に対して、これまでの仕事を否定するようなことを言ってはいけません。数年前のミスをほじくりかえしたり、仕事への貢献度が低いなどといったことをいまさら話したところで、感情的に納得できません。相手はこれまでの自分の人生を否定されているように感じ、揉める原因となります。情報漏えいやマスコミへのリーク、訴訟、ユニオンへの駆け込み、逆恨みや、最悪の場合自殺行為に及ぶ可能性もあります。