名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岡村隆史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡村隆史のプロフィール

岡村隆史、おかむら・たかし。日本のお笑い芸人、俳優。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入所。高校時代の後輩・矢部浩之とともにお笑いコンビ「ナインティナイン」を結成。様々な媒体で活躍。

岡村隆史の名言 一覧

お笑いの世界って、上の人たちが元気すぎるぐらい元気やないですか。だから映画でもなんでも、上の人たちがやってないところで攻めていくしかないんですよ。


仕事で気をつけていること? 噛むから早口になったらあかん。ゆっくり大きな声で。若手みたいなことを心がけてますね。


モテないコンプレックスはエネルギーになってますね。


仕事でパーフェクトを出した実感がまだないんです。これまで多くの仕事をやらせていただいて、その中には「今日はよかったな」という手応えが残ることはありましたけど、百点満点は出していない。


一歩引いていたら、上の世代の人たちに全部持っていかれて、僕らは何もせんまま終わってまうんで。いかに顔を出せる隙間を見つけて、ポジショニングするかですよね。僕らの仕事って、そうやって前に出るのが、気持ちいい瞬間やったりもするので。


僕、コンプレックスの塊で卑屈な人間なんですよ。こんなんですから、時々「何のために仕事、頑張ってんの?」と言われます。考えると、モテないとか、背が小さいとか、そういうハングリー精神を仕事にぶつけてますね。


周りもイエスマンが多くなってきてますし。気を遣ってディレクションしてもらい、昔みたいに怒られることも少なくなってきて、「あっ」と気づかされることもなくなってきたから。自分らで気づいていかないと。そういう意味で、昔のことを振り返るのも悪いことではないな思うてますけどね。


養成所に入ってからコンビをみつけたりって人も多かったですけど、僕らは高校時代から一緒やった。それが長く続いている理由かもしれませんね。


この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。「今日はちょっとどえらい汗かいた」という日は、それがいい汗だったり、悪い汗だったりしても、結局、心地いい。すべり倒した時は落ち込みますけど、ピリピリした空間にいられることが幸せですから。


経験が増しても、仕事に対する緊張感はずっと変わりませんね。いまも、たけしさん、ダウンタウンさんと一緒になったらものすごい緊張します。もちろん、さんまさんとやる時も口の中カラカラです。


以前はDVDに残そうなんて全然、思ってなかったから。舞台は生で見た方が絶対に面白いし、カメラというフィルターを通したら違うものになってしまう。振り返るのはかっこ悪い。でも、それは若い頃の思い込みだった部分もあって。40歳になってみると、振り返ってわかることもありますね。


どんだけ天才的に面白くても日の目を見ない人もいるわけですし、タイミングと運はあったと思う。


仕事もぶわーっと増えていったまではよかったんですけど、気がつくと自分の持っている「芸の引き出し」にはなにも残ってなかったんです。テレビに出て、司会の人に話を振られても頭がまっ白になって、なにも返されへんみたいなことも、結構ありました。番組に出てもなにもせず、ただ座っているだけということもありましたから。とにかく笑いの「引き出し」がなかったんですよ。それではイカン、引き出しにいろんなものを入れておかなくてはと、香港映画に出たり、いろんなこと、新しいことにチャレンジしていったんです。その延長線上に『めちゃ×2イケてるッ!』の「オファーシリーズ」もあるんですよ。


最初、東京が嫌いだったんですよ。友達はいないし、味方がいないみたいな感じで「みんな敵ばっかりや」って(笑)。周りにだまされたらアカンと。打ち合わせとかでスタッフがいろいろ話していても、「ハイ、ハイ」と言っているだけで、なにも聞いていなかったです。「使い捨てにされてはたまらん」と、卑屈な感じだったんじゃないかな。ただ、そのうち「ナインティナインと心中するつもりで番組作ります」と言ってくれるスタッフに出会えてね。ぼくら2人のために、夜も寝ないで僕らの番組の準備をしてくれるスタッフを見ると、「ああ、僕らのことを親身になって考えてくれる人がいるんやな」とわかったんです。この頃からですね、本気で自分たちの笑いをつくっていかなければと思ったのは。


もちろん、本業はお笑いですし、ずっとお笑いであり続けたいと思っています。ただ、『てぃだかんかん(映画)』では、役者さんのすごさを肌で感じ、いかに自分が演じ切れていないかが、痛いほどわかりました。一から芝居というか、「演技の基礎的なものを学んでいこうかな」と思ったんです。そうすればコントに返ってくる部分もあるだろうしね。お笑いの人って、比較的、お芝居の上手な人が多いでしょ? にもかかわらず、僕にはできなかったから、もうちょっと勉強しなきゃなって。


岡村隆史の経歴・略歴

岡村隆史、おかむら・たかし。日本のお笑い芸人、俳優。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入所。高校時代の後輩・矢部浩之とともにお笑いコンビ「ナインティナイン」を結成。様々な媒体で活躍。

他の記事も読んでみる

水留浩一

どんなに優れた技術にも限界があります。例えば、来店していただいたお客様にファミリーが多いのか、シニアが多いのかといった客層の把握はできません。そうした客層は天候や時間帯によって目まぐるしく変わっていくので、店の状況を細部まで捉えるためにはやはり人の判断が必要。


天野篤

経験したことがない新たな治療法や難病患者を前にしても、これまで壁を乗り越えてきたという経験があれば、次の高みも越えられるという自信を持てる。ひとつひとつは小さな経験でも、それを乗り越えてきたからこそ、今がある。


鳥越俊太郎

順当にキャリアを積んだ事件記者は人生後半でつぶしが効かなくなり、早くリタイアした人も多い。けれど僕は75歳の今現場に立てている。回り道と好奇心のおかげ。ほんと、ラッキーだったね。


林野宏

セゾンカードにはポイントの有効期限がありません。これは他社が容易に真似できるサービスではありません。発行したポイントに対して膨大な引当金を積まなくてはならないからです。ビジネスは、他の追随を許さないクリエイティビティを連発していけば、必ず勝てます。カード会社としては完全に後発であるわが社がカード業界のトップに立てたのは、まさにこのためなのです。


出井伸之

「なぜ日本のメーカーはiPhoneを生み出せなかったのか」とよく言われる。日本では通信事業者(キャリア)が政府によって保護され、市場を寡占してきたため、メーカーに対して圧倒的に優位な立場にある。発注者が限られていれば、受注者は言いなりにならざるをえない。発売時期や新機能、細かい仕様に至るまでキャリアから指示を受けるメーカーに対して、「独創的であれ」というのは酷な話だ。


津村記久子

私はシモーヌ・ヴェイユの『重力と恩寵』という本がすごく好きなんです。ヴェイユは考え抜いて、報いられることのない真空を生きなさいと言うじゃないですか。真空になって待ちなさい、偶像を自分で作り出して崇め奉ろうとするなとも言っていて、架空の偶像を崇めないところにこそ恩寵があるのではないかとも書いています。その通りだよなぁと思うんですよ。


上野治男

「正直こそ商売の要」であり、「道徳は実利に結びつく」ことが明らかなのは、ほかでもない、創業者(松下幸之助)が示されている通りでしょう。ところが、松下電器でも残念なことに、私が法務本部長になってからも、法令違反が何度かありました。その内容を見ると、多くは会社のためによかれと思ってしたことが本人の意に反して不法行為となったもので、違反者自身が個人的な利益を得ているわけではないのです。「それが救いだ」という声もありますが、そうでしょうか? 私は断じて違うと思います。むしろ法令違反を庇い立てしたり、そうと知りながら目を瞑ったりする空気の存在が不法行為を助長してしまっていたのです。当時の松下電器には、「任して任さず」という考えが曲解され、時として現場に寛大になりすぎる傾向がありました。


渡辺康幸

ずば抜けて競技力がある選手は、意欲的で自己管理にも長けていますから、基本的に自由にやらせます。ただし、たまに見当違いの方向にも突っ走るので、首根っこの大事なところだけ押さえておく必要があります。たとえば、将来の目標がオリンピック代表なら、そこにたどり着くまでの道程を描いてみせて、「今年はこの試合に照準を合わせよう」とアドバイスをするようなことです。あとは放っておいても本人が考えて自らを育てていきます。


三森久実(三森久實)

先代には商いの心構えなどを教わっていなかった上に、店を継いだ1年前には母も入院していたため、経営のことなどまったく分からず戸惑っていました。そんな頃に出会ったのが、たまたま書店で手に取った松下幸之助さんの書籍『実践経営哲学』でした。正直言うと、その時は読んでも「そういうものか」と感じたくらいで、あまりピンと来ませんでしたが、経営者として働きながら折にふれて読み返すうち、この本は私にとって、とても大事な一冊となったのです。
【覚え書き|21歳で大戸屋食堂を引き継いだ当時を振り返っての発言】


長島一由

「なぜ努力するのか」という理由がはっきりすれば、自然とモチベーションはあがります。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

創業当時から21世紀はハードとソフトを作る技術とそれを広めるリアルとデジタルの流通網が重要であると考え、事業を行ってきた。


心屋仁之助

「私はこんな人間なんだ……」と落ち込むのではなく、「私はこんな人間なんだ!(笑)」と笑ってしまいましょう。勝手にダメ人間だと思っているだけで、そんなことくらいできなくてもいいのです。だって、できないんですもの。それが自分なのです。わざわざポジティブに考えることさえ必要ないのです。