名言DB

9425 人 / 110833 名言

岡村隆史の名言

twitter Facebook はてブ

岡村隆史のプロフィール

岡村隆史、おかむら・たかし。日本のお笑い芸人、俳優。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入所。高校時代の後輩・矢部浩之とともにお笑いコンビ「ナインティナイン」を結成。様々な媒体で活躍。

岡村隆史の名言 一覧

お笑いの世界って、上の人たちが元気すぎるぐらい元気やないですか。だから映画でもなんでも、上の人たちがやってないところで攻めていくしかないんですよ。


仕事で気をつけていること? 噛むから早口になったらあかん。ゆっくり大きな声で。若手みたいなことを心がけてますね。


モテないコンプレックスはエネルギーになってますね。


仕事でパーフェクトを出した実感がまだないんです。これまで多くの仕事をやらせていただいて、その中には「今日はよかったな」という手応えが残ることはありましたけど、百点満点は出していない。


一歩引いていたら、上の世代の人たちに全部持っていかれて、僕らは何もせんまま終わってまうんで。いかに顔を出せる隙間を見つけて、ポジショニングするかですよね。僕らの仕事って、そうやって前に出るのが、気持ちいい瞬間やったりもするので。


僕、コンプレックスの塊で卑屈な人間なんですよ。こんなんですから、時々「何のために仕事、頑張ってんの?」と言われます。考えると、モテないとか、背が小さいとか、そういうハングリー精神を仕事にぶつけてますね。


周りもイエスマンが多くなってきてますし。気を遣ってディレクションしてもらい、昔みたいに怒られることも少なくなってきて、「あっ」と気づかされることもなくなってきたから。自分らで気づいていかないと。そういう意味で、昔のことを振り返るのも悪いことではないな思うてますけどね。


養成所に入ってからコンビをみつけたりって人も多かったですけど、僕らは高校時代から一緒やった。それが長く続いている理由かもしれませんね。


この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。「今日はちょっとどえらい汗かいた」という日は、それがいい汗だったり、悪い汗だったりしても、結局、心地いい。すべり倒した時は落ち込みますけど、ピリピリした空間にいられることが幸せですから。


経験が増しても、仕事に対する緊張感はずっと変わりませんね。いまも、たけしさん、ダウンタウンさんと一緒になったらものすごい緊張します。もちろん、さんまさんとやる時も口の中カラカラです。


以前はDVDに残そうなんて全然、思ってなかったから。舞台は生で見た方が絶対に面白いし、カメラというフィルターを通したら違うものになってしまう。振り返るのはかっこ悪い。でも、それは若い頃の思い込みだった部分もあって。40歳になってみると、振り返ってわかることもありますね。


どんだけ天才的に面白くても日の目を見ない人もいるわけですし、タイミングと運はあったと思う。


仕事もぶわーっと増えていったまではよかったんですけど、気がつくと自分の持っている「芸の引き出し」にはなにも残ってなかったんです。テレビに出て、司会の人に話を振られても頭がまっ白になって、なにも返されへんみたいなことも、結構ありました。番組に出てもなにもせず、ただ座っているだけということもありましたから。とにかく笑いの「引き出し」がなかったんですよ。それではイカン、引き出しにいろんなものを入れておかなくてはと、香港映画に出たり、いろんなこと、新しいことにチャレンジしていったんです。その延長線上に『めちゃ×2イケてるッ!』の「オファーシリーズ」もあるんですよ。


最初、東京が嫌いだったんですよ。友達はいないし、味方がいないみたいな感じで「みんな敵ばっかりや」って(笑)。周りにだまされたらアカンと。打ち合わせとかでスタッフがいろいろ話していても、「ハイ、ハイ」と言っているだけで、なにも聞いていなかったです。「使い捨てにされてはたまらん」と、卑屈な感じだったんじゃないかな。ただ、そのうち「ナインティナインと心中するつもりで番組作ります」と言ってくれるスタッフに出会えてね。ぼくら2人のために、夜も寝ないで僕らの番組の準備をしてくれるスタッフを見ると、「ああ、僕らのことを親身になって考えてくれる人がいるんやな」とわかったんです。この頃からですね、本気で自分たちの笑いをつくっていかなければと思ったのは。


もちろん、本業はお笑いですし、ずっとお笑いであり続けたいと思っています。ただ、『てぃだかんかん(映画)』では、役者さんのすごさを肌で感じ、いかに自分が演じ切れていないかが、痛いほどわかりました。一から芝居というか、「演技の基礎的なものを学んでいこうかな」と思ったんです。そうすればコントに返ってくる部分もあるだろうしね。お笑いの人って、比較的、お芝居の上手な人が多いでしょ? にもかかわらず、僕にはできなかったから、もうちょっと勉強しなきゃなって。


岡村隆史の経歴・略歴

岡村隆史、おかむら・たかし。日本のお笑い芸人、俳優。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入所。高校時代の後輩・矢部浩之とともにお笑いコンビ「ナインティナイン」を結成。様々な媒体で活躍。

他の記事も読んでみる

林雄司

アナログの根回しは、ネット全盛時代だからこそ効果抜群。


倉田主税

私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。


昆政彦

個々の市場の価値観や考え方の違いを分かった上で結果を出していく人が本当のグローバルリーダーだと思いますし、これからのリーダーに求められる資質だと思います。


小日向文世

僕は趣味がないんです。仕事がなければ家にいて、次の仕事の台本を読んでいます。常に台本があることで精神的に安定するんですよ。毎日、家に帰るとセリフを頭に入れる作業が、何年も続いていますね。


高田旭人

ジャパネットのお客様は偶然番組を見て、私たちを信用してその場で購入を決める。その方たちに対して満足行かない商品を届け始めることこそ、当社の最大のリスクだと思っています。


酒巻久

きわどい報告ほど「よく話してくれた」と褒めると、ミスを隠さずに話すようになり、事故の芽を早期に摘むことができる。


リンダ・グラットン

海外の人たちは日本企業といえば、常にピラミッド型を想像します。つまり、上のリーダーが指示し、その下は言われたことをするというイメージです。しかし、階層的な手法はグローバル化すると通用しなくなります。


金崎浩之(金﨑浩之)

自信がないと目標は持てない。その自信を養成するためには、いきなりハードルを上げないこと。一番やりたいことに向かって、少しずつ上げていくこと。


川村謙(経営者)

ソフトハウス会社に入ってプレイングマネージャーみたいなことをしていたんです。しかし、そういう会社はどうしても下請けの仕事ばかりで。自分たちで仕事を創造していくことは難しい。ある時、会社のSEたちと将来不安だね、仕事がなくなったらどうしょう、なんて話をしていた時に、だったら自分たちで会社を立ち上げよう、となったのが発端ですね。


浅田剛治

名前と顔を覚えるときは、とにかく相手の顔の輪郭や特徴を見つけてよく見ます。「顔と名前が一致しない」という人は、相手の顔をあまり見ていなかったり、名前を「うろ覚え」のままで接しているのだと思います。