名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岡村辰雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡村辰雄のプロフィール

岡村辰雄、おかむら・たつお。大正生まれの額装デザイナー。小学校中退で丁稚奉公に出され努力の末、額装のデザイナーとなる。「岡村多聞堂」創業者。建築家『吉田五十八』の特別賞を受賞。著書に『額装の話』ほか。

岡村辰雄の名言 一覧

人生を振り返ってみると、どうも月謝を払わずに勉強させてもらったことが多いようです。勉強というのは、目の前の相手から何かを奪い取ることだと思う。教えてもらうよりこちらから奪う。これがなくては、大学を出ようと、どこを出ようと意味がない。


岡村辰雄の経歴・略歴

岡村辰雄、おかむら・たつお。大正生まれの額装デザイナー。小学校中退で丁稚奉公に出され努力の末、額装のデザイナーとなる。「岡村多聞堂」創業者。建築家『吉田五十八』の特別賞を受賞。著書に『額装の話』ほか。

他の記事も読んでみる

筒井義信

とくに私たち経営陣が現場にまでずっと浸透していくようなメッセージを発し、私たち自身も行動すること。これが一番大事だと思っています。


外山滋比古

技術が発達して楽になった半面、その人の存在意義が問われる事態になっています。機械では代替できない「考えること」こそ人間にとって大切な営みだということが、これからはますますはっきりしてくるでしょう。


相澤賢二

社員採用の面接は3分。私は人を笑わせることが得意だから、笑顔で決めます。作り笑い、愛想笑いは駄目。笑うなら本当に楽しそうに笑ってくれればOKです。面接は、時間をかけるほどわからなくなります。30時間話したら、100人殺した死刑囚でも同情して涙が出て来るでしょう。お客様は5分で社員を見ますから、私も5分以上は使いません。


山田明良(経営者)

創業以来、弊社は主に名刺メーカー最大手から仕事を請け負ってきました。今も大切なクライアントです。ただ、2006年頃からじりじりと下請け仕事と利益が減少していました。強い危機感を感じるほど激減していたわけではなく、本当にじりじりとで、このまま右肩上がりになることはなさそうだなあ、ぐらいの、うっすらとした悪い予感があったんです。僕はアパレル業界出身でデザインが好きですが、弊社にはデザインの要素がまったくなかった。だから、ちょっとつまらなくて、何か新しいことをやりたいと思っていた。そんなときに、国立市の「つくし文具店」店主でデザインディレクターの萩原修さんと出会い、デザイナーと直接ものづくりができる「かみの工作所」というプロジェクトを一緒に立ち上げました。


坂本朝夫

全部が私の趣味、それが仕事になる。依頼主からは、詳しいね、じゃ任せるとなる。そう言わせるまで、のめり込むことが大事。


東山彰良

キューバのレイナルド・アレナスという作家が本の中で「書くことは呪いのようなものだ」と書いているんですが、書くことに呪われてしまった人間は、書くことでしか心の平穏を取り戻すことができないと思います。だから若い人たちに作家になることをオススメできるかというと、微妙です(笑)。ただ、もしもなりたいという人がいるのであれば、「才能があるかないかは関係ない。とにかく書け!」と言いたいですね。


石川康晴

いまの新入社員は最初の5年は、伴走しないと倒れてしまう。新入社員が社会にジョインするまで、5年かかる時代ということです。そうして大切に育てると、5~6年後に突然大化けするんです。受け身だった社員が、新規事業のアイデアを出し、その事業のプロジェクトの中心メンバーになっていく。おっとりした若手が変身するのを何回も目にしました。それならば、猛烈文化を叩き込もうとするより、ゆっくり育てて後伸びしてもらった方がはるかにいいですよね。


小西利行

プレゼンでも肝心なのは、相手がなにを持って帰るか、どう考えやすくするかだから、写真でも、ネーミングでも、目標でもかまわないので、一番、相手に持って帰ってもらいたいものを明確化して示す。それでいけると思います。聞いている人を味方にするというか、巻き込む作業なのですね。巻き込めたら勝ちです。


池森賢二

単純に考えるということが、なぜか逆転の発想になるのです。世の中の人は複雑に考えすぎているのではないでしょうか。


福嶋宏盛

何のメリットも相手に提示せず、強気で押していく交渉の仕方もあります。ただし、強気の交渉が有効なのは、購入側の選択肢がたくさんある場合です。たとえば家電メーカーのように、多くのサプライヤーが競い合っている市場であれば「こちらの要求が通らないなら他社と取引する」という腹づもりで交渉に臨めるわけです。逆に一社の独占市場では、取引できなくなると困るのはこちら側ですから、強気に出るのは難しくなります。


細谷英二

なぜ経営が行き詰るのか。それはその企業がマネジメントの原則を実行できていないからです。たとえば、市場のパイを増やして利益をあげる努力。それには顧客や時代のニーズの変化にすぐ対応しないと収益の機会を失います。縦割りの官僚的な組織では機能しないため、トップが目標をきっちりと示し、組織全体の総合力で成果をあげなければいけません。これが大原則だといえます。


林信秀

私の最大のミッションは、純粋に企業価値と社員満足を上げていく組織をつくること。それが顧客からの信頼回復にもつながる。