名言DB

9490 人 / 112001 名言

岡村辰雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡村辰雄のプロフィール

岡村辰雄、おかむら・たつお。大正生まれの額装デザイナー。小学校中退で丁稚奉公に出され努力の末、額装のデザイナーとなる。「岡村多聞堂」創業者。建築家『吉田五十八』の特別賞を受賞。著書に『額装の話』ほか。

岡村辰雄の名言 一覧

人生を振り返ってみると、どうも月謝を払わずに勉強させてもらったことが多いようです。勉強というのは、目の前の相手から何かを奪い取ることだと思う。教えてもらうよりこちらから奪う。これがなくては、大学を出ようと、どこを出ようと意味がない。


岡村辰雄の経歴・略歴

岡村辰雄、おかむら・たつお。大正生まれの額装デザイナー。小学校中退で丁稚奉公に出され努力の末、額装のデザイナーとなる。「岡村多聞堂」創業者。建築家『吉田五十八』の特別賞を受賞。著書に『額装の話』ほか。

他の記事も読んでみる

大久保治仁

コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。


佐久間昇二(佐久間曻二)

WOWOWの社長に就任して最初に驚いたのは、経営理念がなかったことです。正確にいうと、会社案内などには書いてあったのですが、よく読むと、(当時の)郵政省が求めて経団連が設立した企業だと書いてある。つまり、郵政省と経団連がバックについているということを記しているのです。これが経営理念と言えるでしょうか。「赤字になってもバックがついているから大丈夫」という甘えが、社員や関係者の間に出てきてしまいます。


甲本ヒロト

みんなも、このアルバムを聴いて、自分なりの楽しさをもぎ取ったり、吸い取ったりしゃぶり尽くしてほしい。みんながそれぞれの楽しみ方をしてくれたらそれが一番だよ。


加藤丈夫

会長として対話のノルマを自分自身に課しています。昨年6月の就任を機に、「行動する会長」を掲げ、積極的にお客さんを回るようにしたのです。長い付き合いのある顧客の訪問は社長の仕事です。私は、取引のない会社、出入り禁止を申し渡された会社、営業が攻めあぐねている会社、そんなお客さんを集中的に訪問しました。目標は1週間で1社の割合です。1年目はほぼその公約を守れそうです。


森田敏宏

集中力を維持するには、時間を短く区切り、作業モードと休憩モードに分けるようにするとよいでしょう。時間の長さは人によって異なりますが、私は25分作業して、5分休憩する「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれるリズムを実践しています。重要なのは、25分でやることは一つに絞ること。あれもこれもやろうとすると、集中できなくなります。そのためには、取り組むべき作業を短い時間に分割するといいでしょう。そして25分経ったら、作業の途中でもやめます。「もう少しやりたかった」と思うぐらいの時間で区切ることで、5分の休憩後もやる気を維持できますし、短時間で作業を切り上げることで脳の疲れがたまりにくくなります。休憩する際は、作業から一度離れ、頭をリセットしましょう。体を動かしたり、瞑想したりしてリラックスするといいですね。


中村獅童(二代目)

父親は既に役者を廃業していたから、僕には大きな役を演じる望みはないに等しかった。それなら「自分で自分の名前を大きくしよう」と、積極的にオーディションを受け始めました。その中でも相当の気迫で臨んだのが映画「ピンポン」。これに合格し、「正統派異端系歌舞伎役者」として、様々な方面からお声をかけていただけるようになりました。


鳥井信宏

上場であれ、非上場であれ、我々の使命は、お客様が欲しいと思う商品をお届けすること。そうすれば、結果としてシェアも上がり、利益も増え、投資家の皆さんのご期待にお応えすることになるはず。


三木雄信

英語の勉強に何年もかかるようでは会社も待ってはくれないだろうと思って、1年で1000時間という期限を自分で設けました。1000時間というのは、英語の音と意味が脳の中に結びつくのにそれくらい時間が必要だ、とよく言われていたからです。


板東英二

僕はね、危機に直面したときにこそ、力を発揮するんですよ。つねに危機感をもっていますから。その根底には、プロ野球という、いつクビになってもおかしくない世界にいたことと、幼いころに戦争という極限状態を経験したことが関わっていると思います。


深川真

内外の環境が詳しく分かるようになれば、打つ手は自然と見えてくる。


盛田昭夫

経営者たるものは、敵を良く知らなければならない。そのためには、自分の商売の一番武器になる専門知識を持っていなければならない。それがあってこそ、自分の事業の先を見通すことも可能なのである。ところが、いままで日本では、ただ人をうまくまとめる人がトップになるといった傾向が強かった。これからの経営者は、事務屋であっても技術的知識も兼ね備え、技術屋であれば経理の知識もあるという、両刀使いでなければ務まらないであろう。


大西賢

ある強い思いをもってひとつの道を選択すると、それを実現するために必死になります。強い思いをもって取り組んだからこそ、あらゆる努力を惜しまなくなります。