名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡村正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡村正のプロフィール

岡村正、おかむら・ただし。日本の経営者。「東芝」社長。東京大学法学部卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。ウィスコンシン大学経営学修士課程修了。取締役情報処理・制御システム事業本部長、常務取締役などを経て社長に就任。そのほか、日本経団連副会長、日本商工会議所会頭などを務めた。

岡村正の名言 一覧

今、日本に残っているのは人と知恵と汗しかない。とすると、やはり研究開発が大事。


次の手がいつも出てくるようなイノベーションが連続して起こっているような企業づくりをしなければいけない。


最高の提案をするために、今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める、そうでないならば頭を冷やして翌日議論を深める。


経営者はコミュニケーション能力を上げる必要がある。コミュニケーション能力とは従業員に対して、そしてマーケットに対しての能力を意味する。


歴代の内閣はこれまで成長戦略と称して様々な施策を打ち出してきましたが、中身にそれほど大きな違いはありません。問題は実行力です。


物事を判断するときには、まず「全体」と「個」の調和を図り、効果を最大化することを心がけてきました。現場の声を聞いて全体像を把握し、目標もしくは戦略を決める。そして、その戦略に沿うよう、それぞれの「個」の施策について考える。


科学技術というのはやはり奥が深くて、基本的には、人材育成、教育の問題と絡まってきます。特に初等教育を含めて大学の、あるいは大学院の人材育成、研究者の育成をこれからどうしていくかということが非常に大きな問題になってくる。


日本が世界から尊敬される国になるためには、世界で最も科学技術が優れた国として地位を確立し、日本の持つ素晴らしい文化が世界に発信されて、国としての評価を高めなければなりません。仮にそういう方向に向かっていかないとすれば、我々が何もやっていないに等しいということです。


重要なのはやはり人材育成だと思います。10年後に活躍できる人材の育成については、教育界に要求するのは当然としても、今からでは間に合わないかもしれません。ですから企業が10年後の自社の姿はどのようになるのかを考え、コミュニケーション能力を高めてマネジメントを行える人物を育てていく必要があるのです。その点で企業経営者の責任は非常に重い。


10年後の日本社会の状態と世界経済の状態を見据えた上で、企業はそこに発生する問題を解決するために存在するという認識を持たなければなりません。そして解決のためのシーズ、これは技術と言い換えても良いかもしれませんが、自分の会社にどのようなリソースがあって、社会のために貢献できるかをしっかり把握しておくことが大事です。


世界が直面する問題点を、いかに正しく予測できるかが最も大事。将来の事について正確に予測するのは難しいと思いますが、常に頭の中が整理されている状態を保てなければ経営者として務まらないでしょう。


岡村正の経歴・略歴

岡村正、おかむら・ただし。日本の経営者。「東芝」社長。東京大学法学部卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。ウィスコンシン大学経営学修士課程修了。取締役情報処理・制御システム事業本部長、常務取締役などを経て社長に就任。そのほか、日本経団連副会長、日本商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

本庄大介

商品に対する思い入れがとにかく強いからこそ、次から次へと新商品に挑戦していくことができる。


竹島一彦

「競争なくして成長なし」。公取(公正取引委員会)委員長時代にこのフレーズをたびたび使いました。企業や個人の成長には競争による新陳代謝や優勝劣敗が欠かせないのです。


長谷川誠

お客様の都合で考えるというのが、ヤマト運輸のDNA。大事なのは自己都合を捨て、お客様都合を合理的に実現するための仕組みをいかにつくるかということです。新サービスのコンセプトには自信がありましたが、確証を得るため、一年かけて検証しました。


小泉光臣

海外も含め、たくさんの工場がありますから、一カ所にせいぜい年に2回も行ければ御の字です。でもまったく見てない場合と1回でも2回でも見た場合とでは、大きな差があります。1回訪ねたくらいで偉そうにと思われるかもしれませんが、「それでも俺は見たいんだ」と正直に社員に宣言しています。


藤田晋

幹部が泊まり込みで会社の未来のことを話し合う「あした会議」は本社がある東京・渋谷から離れます。どうしても渋谷にいると、今、目の前にあることで手いっぱいになってしまいますから。決して問題を先送りにしないために必要な合宿です。


水城せとな

大きく変われる最後のタイミングが28~29歳だという気がします。もちろん50歳で突然小説家デビューする人もいるし、可能性はいろいろあるんですけど、自分の生き方を客観的に見て、否定する勇気、違う自分を受け止められる余地を持てる一番大きな最後のチャンスがアラサーなんじゃないかと思っています。その頃に変わらなかった人が後から変わったという話は、あまり聞かないですね。


牧野正幸

既存のアーカイブを理解し、応用するのが得意な人、「1→100(1を100にする)」タイプは今あるアーカイブをいかに間違いなく、速く応用できるかに力点を置いている。これに対し、「0→1」タイプはアーカイブをそもそも疑い、自分ならではのアーカイブを生み出そうとする。両者は相容れないに決まっておるだろう。しかし世界にはこの2種類の人が絶対必要なのだ。どちらが欠けても社会は良くならない。


藤本隆宏

20世紀後半の日本の生産現場・開発現場が錬成してきた統合型の現場能力をどうやって維持し、どうやって活かすかについては、油断大敵である。能力の構築は少なくとも10年を要するが、崩壊は一瞬である。能力構築の障害になる要因はできるだけ取り除いておきたいものだ。


梅原大吾

介護の世界では、貴重な体験を得ました。今も僕の行動指針になっているのが、「やるか、やらないか、迷ったら”やる”を選ぶ」ということです。介護の現場で配属されたのが重篤な患者が入院している病棟でした。5分前に食べたものも覚えていない、走ることも歩くこともできない患者に寄り添ううちに、介護の大切さを知る一方で、「いつか日常的な動作ができなくなる日が来る」。そう思うと、迷った時は迷わず本当にやりたいことを選ぶべきだ、と考えるようになりました。


熊谷正寿

現在、私が情報源としているのはインターネット。新聞や雑誌、書籍、テレビといった従来メディア。そして人の3つです。情報量において圧倒的なのはインターネットですが、質ではメディアに軍配が上がります。ほかで得られないという貴重さでは、人からの情報が一番。このような情報の量、質、貴重さという三次元マトリクスの中で、どこにどんな情報があるかを明確にしたうえで、適切なところへ自分から突っ込んでいきます。


ルノワール

人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


松岡修造

仕事に行き詰ったとき、「今日はもういいや」と、パッと寝てしまうとか、遊びに行くとかすると、翌日は頭がスッキリしてはかどった、という経験があるでしょう?閉塞した状況をぶち壊すには、開き直った方がいいときもある。「開き直る」ということは、ものごとを諦めたり投げ出したりするのとは違うのです。