名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡村康男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡村康男のプロフィール

岡村康男、おかむら・やすお。日本の経営者。「レックスアドバイザーズ」社長。青山学院大学法学部卒業。大手食品メーカー、外資系生命保険会社を経てレックスアドバイザーズを設立。

岡村康男の名言 一覧

この業界は転職希望者の活動時間に合わせて仕事をするため、労働時間が長くなりがちで、人の入れ替わりが非常に多いと言われています。これではしっかりしたノウハウは蓄積されません。当社の場合は、例えば転職希望者への対応のために休日出勤をした場合は、きちんと代休を取ってもらうようにするなど、スタッフの体調管理にも力を入れることで働きやすい職場環境を整え、定着率を高めています。


転職希望者と企業にとって満足度の高いマッチングを実現するためには、仲介する人材紹介コンサルタントのコミュニケーション能力が特に重要になります。当社は特定の分野に特化して事業を行っているため、普段から案件に関する情報交換が社内で積極的に行われ、この能力が磨かれています。様々な業種を扱ってしまうと情報が拡散し、深度のあるコミュニケーションそのものが行われなくなってしまいます。オフィスとは別のフロアに自由に使えるカフェ風の休憩室を設けているのですが、ここでも盛んにスタッフ同士の交流が行われています。


我々が考える人材紹介は、「紹介がゴール」ではありません。紹介した方が実際にその職場で活躍し、企業の成長に役立ってはじめて、「ひとつの仕事を成し得た」と言えると思っています。これを実現するために事前調査から紹介後のフォローに至るまで、とにかく手間暇かけて転職希望者と企業をフォローすることにこだわっています。数をこなすことだけを目標にしていたら絶対にできません。


岡村康男の経歴・略歴

岡村康男、おかむら・やすお。日本の経営者。「レックスアドバイザーズ」社長。青山学院大学法学部卒業。大手食品メーカー、外資系生命保険会社を経てレックスアドバイザーズを設立。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

シェアというのはお客様の評価の結果です。ビール、第三のビールについて、もっとお客様に喜んでいただく商品を提案していかなければいけません。


ジャン・パウル

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。


古谷治子

ビジネスの基本は、会話です。挨拶に始まり、報告、連絡、相談、交渉など、どんなシーンでも、仕事は言葉を介して進められます。人と信頼関係を築くには、適切な日本語を使いこなすことが大切です。


ジョモ・ケニヤッタ

白人がアフリカにやってきたとき、我々は土地を持ち、彼らは聖書を持っていた。彼らは我々に目を閉じて祈ることを教えた。我々が目を開いたとき、彼らは土地を持ち、我々は聖書しか持っていなかった。


佐藤優

この世のすべてに、お金はついて回ります。その現実を認識した上で、「では、お金では絶対得られないもの、解決できないことはなんだろう?」という問いを、自分に向けて発してみてください。生きがい、連帯感、希望、夢、愛……。答えは人それぞれでしょう。しかしそれを問うこと自体に、人生を豊かに生きるヒントがあるように僕は思います。


伊藤信吾

ネーミングやパッケージのデザインはあくまで世に出るひとつの有効な方法です。うちの豆腐を知ってもらうために、ハデなデザインでみんなの注目を集めようと思ったんです。


土屋敏男

コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。


野副州旦

課題にぶつかったとき、これは不可能だなと思ったとたんに、明日という現実は潰されてしまいます。


齋藤孝(教育学者)

口頭で謝罪する際には気の利いた「菓子折り」も忘れずに持参したい。人は現物をもらうと、つい怒りの矛先を鈍らせてしまうものだ。「隠蔽」より「懐柔」の方が、よほど気の利いた謝罪と言える。


五郎丸歩

これまでラグビー人気が低迷していたのは、スポーツとしての魅力が低いせいではありません。結果を出せなかったことが原因だと思っています。


木村裕一(きむらゆういち)

どの作品の内容も人間の根っこの部分に関するものです。それが日本の方に限らず海外の方にも読んでいただけるようになった理由かもしれません。


村上アシシ

W杯を契機に会社を辞め、そのあとはフリーとして企業のコンサルティングをしようと思っていました。ただ、私たちの仕事は期間契約なので、たとえば3か月契約で500万円とかのお金がポンと入ってくるんです。普通だったら貯蓄に回したりするのでしょうが、私はそのお金を持って、行ってみたかったオーストラリアに行ったんです。楽しかったですね(笑)。それから、とにかく半年間はしっかり稼ごう、そして残りの半年はサッカーを見て暮らそうと思いついたんです。