名言DB

9413 人 / 110706 名言

岡本行夫の名言

twitter Facebook はてブ

岡本行夫のプロフィール

岡本行夫、おかもと・ゆきお。日本の外交評論家。「岡本アソシエイツ」代表。神奈川県出身。一橋大学経済学部を卒業後、外務省に入省。北米局北米第一課首席事務官、在エジプト日本国大使館一等書記官、在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、北米局安全保障課長、北米局北米第一課長、岡本アソシエイツ代表、国際交流基金参与、内閣総理大臣補佐官、科学技術庁参与、パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・エル・エル・シー共同代表、内閣官房参与などを務めた。

岡本行夫の名言 一覧

人材の多様化というのは、単に背景や考え方の違う人たちを揃えるだけでなく、いかにいろんな人たちをモチベートしていくか。異なった背景がある人たちを一緒にするため、共通のプラットフォームを作ること自体が大切なのです。


真のグローバル人材になるために一番大事なことは、人に優しくするということ。つまり、自分のコミュニティー以外のところへリーチアウトする。要するに開放性ということですね。企業のレベルではオープンに物事を取り入れる開放化が、非常に重要だと思います。


日本企業に必要なのはリスクテイキングの姿勢。シリコンバレーは「Why?」ではなく「Why not?」の精神。つまり「やってみなはれ」なんですよ。日本の経済人というのは世界で一番真面目で使命感が強くて、バランスがとれていますが、生き馬の目を抜く世界の競争社会では他国の後塵を拝してしまいます。


私の友人が文部科学大臣だった時に、せっかく小学生から英語を教えることになったのに、次の大臣がそれをひっくり返してしまった。子供には無限の吸収能力があるので、小学生から教えればいいんです。今や英語は国際語ですから、そこに逆らってみても仕方ありません。


有史以来、何千年もかかって最初に10億人に達したのが1800年。20億人になったのが130年後の1930年。30億人になったのが60年。40億人になったのが75年。さらに50億人になったのが87年。これに伴い、市場も幾何級数的に変わってきました。そうなると、一番大事なのはスピードです。シリコンバレーでは1日2日で返事が来ることが、日本では早くて1、2か月かかる。


グッド・コーポレート・シチズンという言葉がありますが、企業市民として社会貢献は当然やってほしい。特に米国では株主の性質が変わってきていて、年金ファンド、大学、宗教法人などがお金を運用するようになり、株主として要求することも変わってきました。企業は正義を追求するべきだという考え方が増えてきています。社会貢献に熱心な企業ほど業績が良いという結果も出ていますし、自分たちの会社に誇りを持つという部分で、社員のモチベーションが変わることも大きい。


3.11(東日本大震災)が起きて何かしなければいかんと思ったわけですが、東京にいても支援の方法なんて考えつかないから、とにかく現地に行って、役場や漁協などで何が必要か尋ねてまわりました。そして、やはり主産業の漁業を支援しなければいけないと思ったわけです。彼らが一番困っていたのが冷凍・冷蔵施設の不足。漁船は多少残っていましたが、陸揚げができない。そこで日本郵船に、冷凍コンテナをくださいといったら40フィートのものを135本くれたんです。とにかくスピードが大切ですから、同志が集まって全力の早さで東北に送りました。


まず、コンサルタントになろうと思ったんですが、私が入り込むスペースは日本のビジネス界にはないとすぐに分かりました。日本には商社や銀行など、ビジネスのプロジェクトにつなげるために情報をダダで提供する大組織があり、競争しても勝てない。だから僕は、主に国際情勢分析とビジネス情報を提供する小さなシンクタンクに衣替えをしていきました。それがいかに売り上げにつながろうと、会費収入だけでやっていくというモデルでやってきました。


(外務省を退官したのは)ひと言で言えば、役人の生活を満喫し尽くしたということですね。役所生活23年のうち、前半は経済、後半は安全保障を手掛けました。40歳ぐらいの時、これから自分はどうなっていくのかとふと考えまして、このまま自動的に出世のエスカレーターに乗っていいのかと。ひとつひとつのことに、全力で取り組む姿勢が自分の中で薄らいでいることを感じました。組織にすがらずに、広い世の中で腕試しをしてみたい、人生を2回やってみたいという思いでしたね。


岡本行夫の経歴・略歴

岡本行夫、おかもと・ゆきお。日本の外交評論家。「岡本アソシエイツ」代表。神奈川県出身。一橋大学経済学部を卒業後、外務省に入省。北米局北米第一課首席事務官、在エジプト日本国大使館一等書記官、在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、北米局安全保障課長、北米局北米第一課長、岡本アソシエイツ代表、国際交流基金参与、内閣総理大臣補佐官、科学技術庁参与、パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・エル・エル・シー共同代表、内閣官房参与などを務めた。

他の記事も読んでみる

小山田浩定

恥じない生き方とは何でしょう。それは、自分を客観的に見て、間違った方向に進んでいないかを常に考えるということかもしれません。


ロベルト・シンヤシキ

多くの人は、未解決の状況を放置しておくことで、どれほどのストレスが生じるか、十分には気づいていません。後回しにしたことを、心配事として抱え込むのは、より良い人生を生きる秘訣の一つである「自由で柔軟な心」を失うことになります。問題の後回しをやめましょう。そうすれば、自身を変化させる機会が身の回りに溢れていることに気づくでしょう。


勝間和代

これまでの成功体験に固執して、それが縮小均衡していくよりは、新しいことをした方がいい。たとえそれがこれまでの成功に比べてずっと小さいものであったとしても、後者の方が私にとっては価値がある。


西成活裕

ある程度意見を集めたら、あとはキッパリ遮断すること。信頼できる人物や情報源、書籍などを数件あたり、「賛成or反対」「推奨or批判」など、相反する意見を両方確認したら、あとは自分で考える時間となります。自身の価値観や基準に応じて決断しましょう。


稲盛和夫

景気拡大の追い風が吹いているのなら、今こそ、全ての経営者が自らの経営をもう一度見直す必要があるでしょう。いつ吹くか分からない嵐に備えて、トップだけではなく、全ての社員が経営者マインドを持って仕事をするような組織に早く移行しないといけません。


石田宏樹

最終商材を作る時に僅かでも言い訳があると、良質な商品はできない。


坂木司

デビュー作が『青空の卵』だし、たぶん、羽ばたこうとしている人が好きなんですね。飛べるか飛べないかはともかく、羽ばたこうとあがいている感じがいい。飛ぼうと思って飛べましたという話は正しいし、飛ぼうとしたけれど飛べなかったという話も正しいし、たくさんある。でも、たいがいひねくれ者なので(笑)、それよりは、飛ぼうと思い続けて――という人の話のほうが、勇気が出る感じで好きなんです。


竹内洋岳

いかに細部まで想像できるかどうかを、登山家は競い合っているようなもの。そして、より多く想像できた者が登山に成功する。


門田道也

私は入社後の短い期間を除き、一貫して間接部門を歩んできました。特定の事業や技術にどっぷりつかっていないのは私の強みです。主要顧客の電子産業が激変しており、我々も変わらなければなりません。中井(稔之)会長はしがらみのない私に変革を期待してくれたのだと思います。


下田進

私は自信家でいつでも自信を持ってやってきましたが、全く売れない3年間で完全に自信を打ち砕かれたことが良かったのかもしれません。


豊田泰光

最近、人に賭ける心意気みたいなものを感じる機会が減りました。働く方も、働かせる方もどこかマニュアル的で、ある一線を踏み越えようとしませんよね。そうなった原因の多くは、人間関係の希薄化にあると思います。思い切って部下に仕事を託すといっても、その部下のことを上司が良く理解していなければ、無理難題を押し付けるだけになりかねない。


藤田晋

ネットビジネスは先行者メリットが大きいので、とにかく早くスタートを切ることが大切です。「わからないことはやりながら覚えていく」のが正解です。頭でっかちで身体が動かない人は、この業界には向かないかもしれません。


宮本明岳

「正直」、「誠実」、「向上心」で取り組めば、目標は達成できる。


上西京一郎

開園から33年で6億7000万人を超える方々に訪れていただいた背景には、「クチコミ」効果があると思う。宣伝も刺激剤としては重要だが、入園者の声に勝るものはない。


山口真由

眠い目をこすりながら徹夜で勉強するような無理をする勉強法は、最も効率の悪いやり方です。人の記憶というのは、脳に負荷をかけて無理やり詰め込んでも定着しないのです。