名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岡本行夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本行夫のプロフィール

岡本行夫、おかもと・ゆきお。日本の外交評論家。「岡本アソシエイツ」代表。神奈川県出身。一橋大学経済学部を卒業後、外務省に入省。北米局北米第一課首席事務官、在エジプト日本国大使館一等書記官、在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、北米局安全保障課長、北米局北米第一課長、岡本アソシエイツ代表、国際交流基金参与、内閣総理大臣補佐官、科学技術庁参与、パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・エル・エル・シー共同代表、内閣官房参与などを務めた。

岡本行夫の名言 一覧

人材の多様化というのは、単に背景や考え方の違う人たちを揃えるだけでなく、いかにいろんな人たちをモチベートしていくか。異なった背景がある人たちを一緒にするため、共通のプラットフォームを作ること自体が大切なのです。


真のグローバル人材になるために一番大事なことは、人に優しくするということ。つまり、自分のコミュニティー以外のところへリーチアウトする。要するに開放性ということですね。企業のレベルではオープンに物事を取り入れる開放化が、非常に重要だと思います。


日本企業に必要なのはリスクテイキングの姿勢。シリコンバレーは「Why?」ではなく「Why not?」の精神。つまり「やってみなはれ」なんですよ。日本の経済人というのは世界で一番真面目で使命感が強くて、バランスがとれていますが、生き馬の目を抜く世界の競争社会では他国の後塵を拝してしまいます。


私の友人が文部科学大臣だった時に、せっかく小学生から英語を教えることになったのに、次の大臣がそれをひっくり返してしまった。子供には無限の吸収能力があるので、小学生から教えればいいんです。今や英語は国際語ですから、そこに逆らってみても仕方ありません。


有史以来、何千年もかかって最初に10億人に達したのが1800年。20億人になったのが130年後の1930年。30億人になったのが60年。40億人になったのが75年。さらに50億人になったのが87年。これに伴い、市場も幾何級数的に変わってきました。そうなると、一番大事なのはスピードです。シリコンバレーでは1日2日で返事が来ることが、日本では早くて1、2か月かかる。


グッド・コーポレート・シチズンという言葉がありますが、企業市民として社会貢献は当然やってほしい。特に米国では株主の性質が変わってきていて、年金ファンド、大学、宗教法人などがお金を運用するようになり、株主として要求することも変わってきました。企業は正義を追求するべきだという考え方が増えてきています。社会貢献に熱心な企業ほど業績が良いという結果も出ていますし、自分たちの会社に誇りを持つという部分で、社員のモチベーションが変わることも大きい。


3.11(東日本大震災)が起きて何かしなければいかんと思ったわけですが、東京にいても支援の方法なんて考えつかないから、とにかく現地に行って、役場や漁協などで何が必要か尋ねてまわりました。そして、やはり主産業の漁業を支援しなければいけないと思ったわけです。彼らが一番困っていたのが冷凍・冷蔵施設の不足。漁船は多少残っていましたが、陸揚げができない。そこで日本郵船に、冷凍コンテナをくださいといったら40フィートのものを135本くれたんです。とにかくスピードが大切ですから、同志が集まって全力の早さで東北に送りました。


まず、コンサルタントになろうと思ったんですが、私が入り込むスペースは日本のビジネス界にはないとすぐに分かりました。日本には商社や銀行など、ビジネスのプロジェクトにつなげるために情報をダダで提供する大組織があり、競争しても勝てない。だから僕は、主に国際情勢分析とビジネス情報を提供する小さなシンクタンクに衣替えをしていきました。それがいかに売り上げにつながろうと、会費収入だけでやっていくというモデルでやってきました。


(外務省を退官したのは)ひと言で言えば、役人の生活を満喫し尽くしたということですね。役所生活23年のうち、前半は経済、後半は安全保障を手掛けました。40歳ぐらいの時、これから自分はどうなっていくのかとふと考えまして、このまま自動的に出世のエスカレーターに乗っていいのかと。ひとつひとつのことに、全力で取り組む姿勢が自分の中で薄らいでいることを感じました。組織にすがらずに、広い世の中で腕試しをしてみたい、人生を2回やってみたいという思いでしたね。


岡本行夫の経歴・略歴

岡本行夫、おかもと・ゆきお。日本の外交評論家。「岡本アソシエイツ」代表。神奈川県出身。一橋大学経済学部を卒業後、外務省に入省。北米局北米第一課首席事務官、在エジプト日本国大使館一等書記官、在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、北米局安全保障課長、北米局北米第一課長、岡本アソシエイツ代表、国際交流基金参与、内閣総理大臣補佐官、科学技術庁参与、パシフィカ・ネオ・ベンチャーズ・エル・エル・シー共同代表、内閣官房参与などを務めた。

他の記事も読んでみる

大西洋

海外勤務から戻ったとき古巣の紳士服に再び配属されたのですが、旧伊勢丹は婦人服が強くて投資もほとんど婦人向けばかり。紳士は他社も含めて低迷をきわめていました。でも「自分たちだけは何としてもこの低迷を突き抜けたい」という思いが強くあったのです。そこで、職制をすっ飛ばして、当時の社長に50億円の投資を直訴しました。


稲盛和夫

航空業界ほど不安定な業界はないと思っています。例えば、天候が悪かったり、地震が起きたりしても需要は落ち込みますし、世界的な景気変動の影響も、まともに被ってしまうのが宿命です。突発的にいろいろなことが起こって経営が左右されてしまう不確実な業界なのです。ですから、私はたとえ再建がうまくいって、今は経営が順調でも決して安心はできないと思っています。


藤田晋

その場で決めなければならない問題を先送りにすれば、それが後々、致命的な問題として表面化したりすることがある。だからこそリーダーは、どの道に進んでも叩かれることを覚悟のうえで、決断していく必要がある。


釜本邦茂

創意工夫し、自分だけのものを作れ。


森本智子

いま担当している仕事に直結するわけではないのですが、私は北朝鮮やイラクなどの国際問題に興味があって、その関係の書物は片っ端から読んでいます。番組とは関係なく、国際情勢の専門家の方にお話を聞きに行くこともあります。でも、勉強するだけではオンリーワンにはなれません。たくさんの人にお会いしたり、映画やお芝居に積極的に触れたりすることで、感受性や洞察力を磨くことも大切にしています。


三木谷浩史

大事なのは現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけないと僕は思う。


森下篤史

20年自転車に乗っていても、両手を離しては10mも進めない。「手を離して乗ってみよう」という「テーマ」を持って乗るだけで、手が離せるようになるのと同様に、生きて行くうえで、人に言われてからするのではなく、自分で「テーマ」を持ち、やるべき事はなにかを知り(業務分解)、「作業割り当て」「スケジュール」を立てて実行することで、目標は達成できるようになる。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは、自分の息子や私が「それを買うお金はない」と言うことを禁じた。「貧乏な人間は、『それを買うお金がない』と言う。だからその人は貧乏なのだ。その代わり、『どうすれば買うことが出来るだろうか』と言うべきだ」と。


西澤ロイ

英語が嫌いになった原因を追求すると別に最初からそうだったわけではなく、多くの人は「先生が嫌いだった」「暗記ばっかりだった」あたりが遠因です。英語そのものが嫌いなわけではないでしょう。生まれつき英語が嫌いな人などいませんし、最初は授業もわくわくして聴いたのではないでしょうか。


増田紀彦

同種の商品でも、材料や加工法、ボリューム、生産量、パッケージ、宣伝費などで価格は異なる。これらのファクターを知れば値づけ感覚が養えます。


清野智

少子化の中で日本経済を盛り上げていくため、インバウンドの増加による観光産業の活性化が求められます。外国人が日本に来て買い物をするのは、いわば輸出と同じです。17年のインバウンドは2869万人で、国内で消費した金額は4兆4千億円です。これを20年には4千万人8兆円に、30年には6千万人15兆円にするのが目標です。日本で最も輸出が多いのは自動車産業で、金額的には12、13兆円。次いで化学の7、8兆円ですが、これらを見ても観光産業がいかに大きなマーケットかが分かります。


ザカリーヤ・アル・ラーズィー

羨望はケチよりも悪い。羨望する人間は、他人が何か良いものを手に入れることを好まない。たとえ、それが己の手に入るべきものでなくとも。