名言DB

9429 人 / 110879 名言

岡本純子の名言

twitter Facebook はてブ

岡本純子のプロフィール

岡本純子、おかもと・じゅんこ。日本のコミュニケーション・ストラテジスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、ケンブリッジ大学院国際関係学修士。読売新聞社記者、電通パブリックリレーションズなどを経てグローコム社長。

岡本純子の名言 一覧

コミュニケーションの基本は自分が何を言ったかではなく、相手がどう受け止めたかにある。


失言をしてしまったときの対処法の一つは、ジョークにしてしまうこと。ユーモアを交えることで、空気が和やかになる可能性があります。ただ下手をすると火に油を注ぐ結果になりかねませんので、機転の利くタイプではない人は細心の注意を払いましょう。


仕事やプライベートが好調で、自分に自信を持っている時期は要注意。自慢げになって、横柄な態度を取ってしまう可能性があります。芸能人のブログ炎上を見てもわかるように、日本では謙虚さが強く求められる傾向があります。自慢はほどほどに。


人間は理由の内容にかかわらず、理由があると承諾する傾向かある。つまり、ただ謝るのではなく、なぜこのような発言になったのか理由を説明するのは効果的な方法です。


SNSが発達している現在、「なかったこと」も、「あることになってしまう」時代です。たった一言が、命取りになる可能性があります。昔の感覚で「それくらい」と思っていても、今や通用しません。どのような発言がハレーションを起こしやすいのか、事例を把握したうえで慎重に発言しましょう。


日本ではコミュニケーションについて戦略的にふるまうと、「狡猾だ」「あざとい」という言い方をされてしまい、コミュニケーションの技術を軽視する傾向があります。しかしアメリカではどのような表情やしぐさをすればコミュニケーションがうまくいくのか、大学の学問としてエビデンスを積み重ねながら真剣に研究されている分野です。心からの謝罪をするためには、思いが伝わるコミュニケーションの技術を軽視することはできないのです。


「何を言うか」よりも肝心なのは、「どのように謝るか」です。「許される謝罪」のステップを踏んでいたとしても、申し訳なさそうに見えないと、相手は許してくれません。「見え方」と「言い方」にも気を配るよう心掛けてください。たとえば、目を見開くのではなく、伏し目がちにする。笑顔が見えると反省していないように思われ、アゴを上げて発言すると横柄な印象になります。よどみなく早口で謝罪するよりも、絞り出すように言葉を発する、などです。


岡本純子の経歴・略歴

岡本純子、おかもと・じゅんこ。日本のコミュニケーション・ストラテジスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、ケンブリッジ大学院国際関係学修士。読売新聞社記者、電通パブリックリレーションズなどを経てグローコム社長。

他の記事も読んでみる

有川浩

万人に好かれようとか、誰からも嫌われないようにしようと思うと、たぶんブレる。私は、たとえ合わないなって感じる人が出てしまうとしても、「私はこう思います」「私はこれが大事です」と言いたい。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


島田精一

君の説明はさっぱりわからない。だから価値がある。
【覚え書き|部下が上げてきた新規事業の提案に対する返答】


三浦善司

私にとって手帳は、日々のスケジュール管理だけのものではなく、備忘録でもあり、健康管理のツールでもあり、決意を書いて実行するための証しでもあります。自分の分身のような存在で、大切な「パートナー」です。


江崎利一

儲けようと思ってやる商売には自ずから限度があると思っていい。あくまで社会の要求に沿うような奉仕の精神で打込めば、必ずその事業は大成するに違いない。私は商売人であることを大いに誇りとしているのである。


ヴォルテール

考えに考え抜けば、解決できない問題はない。


大川隆法

トイレが汚いような会社は駄目。それは、「神経が行き届いていない」という証拠。結局、「基本動作」の部分を徹底的にやる精神が失われてくると、仕事がずさんになってきて、ミスが増えてくる。


田中仁(経営者)

メガネ事業に進出しようとしたとき、周りからずいぶん反対されました。雑貨の事業が好調でしたから、「二兎を追う者は一兎をも得ず」なんて言われて。でも、そう言われてやめるぐらいなら、最初から起業なんてしていません。勝手にバラ色の未来を思い描いて、成功すると本気で信じる。新しいことを始めるには、そういう闇雲なエネルギーが必要なのだと思います。


村上太一

既存の常識に疑問を持ち、「雨垂れ石を穿つ」という諺のように、どんなに小さな力でも根気よく続けていれば、いつかは成果を得られる。


坪田信貴

必要なのは、他者との比較で勝つことではありません。たゆまぬ自己改善を重ね、ときには競争に負け、傷つくことがあっても、自分の頭で考え、試行錯誤し、正しく問題を解決できる力を磨くことです。そうした営みの先に、真のオンリーワンな人間性が形成されます。