名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡本真一郎(心理学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本真一郎(心理学者)のプロフィール

岡本真一郎、おかもと・しんいちろう。「愛知学院大学心身科学部心理学科」教授。岐阜県出身。京都大学文学部哲学科卒業、京都大学文学研究科心理学修了。著書に『悪魔の心理学』『言語の社会心理学』。

岡本真一郎(心理学者)の名言 一覧

一つの方法がいつまでも通用するような、単純な価値観で処理できる仕事はどんどん世の中から減ってきています。むしろ、複眼的に物事を捉え、仕事にあわせて自己をアップデートできる人材のほうが、今後活躍できると言えます。


心理学における良いコミュニケーションとは、相手の気持ちをいかに尊重できるかどうかにかかっています。とくに自尊心を傷つけられれば、人は不満を感じます。そして自尊心を抱くポイントは、人によって違う。その違いを見抜ける人こそ、デキる上司なのです。


「上司の上司」が学ぶべきは、「良い部下」が出世したら必ずしも「良い上司」になるとは限らないということ。立場が部下のときには、直属の上司のことだけを考えればいいのに対して、上司ともなれば、何人もいる部下それぞれの個性や考えを見抜く、より細やかなコミュニケーションが求められるからです。


これだけ仕事が複雑化して、リスクが様々なところに潜む社会において、「特定の誰かについていったら万事安全」ということはありえません。リストラ、業界の不振……何が起こるかわからない社会では、どの人にどう接するか、どれくらいの人間関係の「幅」を持つか、きちんと自分自身で思考し続けることが大事です。


部下としては、駄目上司とは「ほどほどに接していく」しかありません。面従腹背という言葉があります。表面上は従うように見せかけて、本心では距離を置いておく。もちろん、取り入れるところは取り入れてもいいわけで、自分をうまくコントロールすることが求められます。その点、駄目上司は反面教師となります。


自己評価と、他人からの評価をきちんと冷静に分析できない。言い換えれば、他者からのフィードバックを活かせない人。内省的になれない人、他者の考えを受け取れない人はリーダー向きではなく、上司にもなってはいけません。


大切なのは「自己評価が少しでも傷ついたら、などと過敏にならないこと、そのうえで、十分に内省的になること」です。たとえば、記事を読んで「自分にも直すべきところがあるな」と自分の欠点を見つめ直そうと思える人は大丈夫。そうならずに、「こんな奴がいるのか」と他人事のように思うなら、かなり危険です。


パワハラ上司の多くは自己愛性が強く、自分がほかの人より優れていると誇張したがる傾向にあります。自分のアイデアに過剰な自信を持ち、他人はそれに従うべきと勝手に思い込んでいる。そのタイプは、自分から見て「劣っている人」を見ると攻撃的になりやすいのでさらに厄介です。


パワハラ上司に部下はどう応じたらいいのか。普通なら、「上司の上司」に相談することも考えられますが、きちんと人を見抜ける上司ならパワハラ上司の暴走を抑制できたはず。すでに、「上司の上司」もパワハラ上司に取り込まれている可能性が高いと考えるべきです。パワハラが明らかなら、総務や労働組合など職場の然るべきところに相談することが大切です。その際に重要なのは、同じ立場の仲間を募ること。上司と職場で一人対立することは、あなたの職場環境をさらに悪くしてしまいます。


近年になって「ハラスメント」の考え方が日本でも定着したことで、パワハラ問題が表面化したわけですが、もともとこのような人々は世間にたくさんいました。酷い暴言を吐きながら「今年の新人は打たれ弱い」などとあざ笑う。そしてそんな駄目上司はいまだ数多く野放しにされていますなぜそんな事態になってしまうのか。シンプルに言えば、自分にゴマをする居心地の良い人間ばかりを引き上げる「上司の上司」の問題であり、さらにその上の上司が……と突き詰めていけば、日本の組織が抱える「構造的な問題」だと言えます。


現実には、「オレについてこい」「自分についてきたら損はさせない」と口にする上司が、頼れる上司かというと甚だ疑問です。口ばかりで、実績を残せず出世をしない人も多いものです。そんな駄目上司の大きな問題が、自分のやり方がすべてと思い込んでしまっていること。過去の成功体験に囚われて、他のやり方に目を向けることができなくなっている。それゆえ、他人の言うことを聞き入れない。そんな上司には誰もが心当たりがあるのではないでしょうか。


パワハラ上司を見るたびに、「なぜこの人はえらくなれたのだろう?」と素朴な疑問が頭をよぎることがあるかもしれません。部下や他人との付き合い方が下手なのに、どうして昇進できたのか。その上司は、「上司の上司」からのウケが良かったがために昇進できたのだと推測できます。上役に接するコミュニケーションのスキルと部下に接するスキルでは性質が異なります。平社員時代に上の意を汲み、ゴマをすり続けた結果、上司からかわいがられて、出世できました。しかし、自分より下の後輩や新人に接する力は身につけてこなかったため、部下の気持ちを推し量れず暴走するパワハラ上司になってしまうのです。


岡本真一郎(心理学者)の経歴・略歴

岡本真一郎、おかもと・しんいちろう。「愛知学院大学心身科学部心理学科」教授。岐阜県出身。京都大学文学部哲学科卒業、京都大学文学研究科心理学修了。著書に『悪魔の心理学』『言語の社会心理学』。

他の記事も読んでみる

草野仁

「自分ならどうする?」と考えて、「自分ならそうはしない」と思えば、上に対しても意見を具申すべき。


柳井正

商売するうえでお客様の「クチコミ」は、一番大事なもののひとつ。


イーロン・マスク

私はこれまでもこれからも決してギブアップしない。息をしている限り、生きている限り、事業を続ける。


浮世満理子

目標を立ててそれを達成する喜びを知ると、やがて大きな目標を達成できるようになるはずです。まずは小さなプチ目標で構いません。数多くの目標を達成することで、ものごとを最後まで成し遂げる力を養いましょう。


安田隆夫

部下に動揺した姿を見せれば、社内で動揺がどんどん増幅する。それはまずいから、とにかく平静を装う。そうして装い続ける作業を、朝から晩までやっていると、それが演技なのか、本来の心境なのかわからなくなってくる(笑)。


守安功

仕事を割り振るときに、どうみても本人の適性に合わないことをやらせる会社はないですよ。結果的に損をするのは会社ですから。ということは、本人の希望とは一致しないにしても、「この人にならできる」「実は向いているはず」「こういう仕事もできるようになれば、もっと価値ある人材になるだろう」といった見込みをもって仕事を振っているはずです。つまり、会社はその人にとって意味のある仕事をアサインするわけです。たとえ割り振られた仕事に興味がなくても、まずはしっかり取り組んでみる方がいいでしょう。


渡邊明督

人望のある人はコミュニケーションが双方向です。それがあるからこそ、部下と上司の間で本当の信頼関係が築かれ、場が安全なもの、安心できるものだと認識することができるのです。


辻本憲三

世界に通じる組織が無いと世界で戦えないし、ソフトを開発することもできません。だから、日本中心に物事を見るのではなく、海外に出て、世界を見ることが大事ですね。


松本秀幸

長時間机に向かっていても、途中で集中力が途切れてしまえば学習効率は下がります。その点、3分や5分といった短い時間で集中して勉強し、それを積み重ねていくやり方は、とても効率的だといえます。


永野重雄

ロビンソン・クルーソーのように一人島で暮らす場合、せいぜい魚を何匹釣ったといった程度ですが、社会というのは人間の集団です。その人間の集団の中で仕事をしようとすれば、大勢の仲間が協力して初めて5倍、10倍の力になる。


浅野悦男(農業)

レストランのシェフたちの「こういう味の野菜はないか」「こんな調理法の料理に向いた素材はないだろうか」という相談に、それなら、とアイデアを出していくうちに、物好きなじいさんがいる、と評判になって、お客さんが増えました。


林雅広

コンビニには無い手づくり感を強みに、若い世代への対応が遅れていたことを逆にチャンスと考え、潜在ニーズを掘り起こしていきたい。