名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

岡本正善の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本正善のプロフィール

岡本正善、おかもと・まさよし。日本のメンタルトレーナー。東海大学卒業。能力開発研究所を経てメンタルトレーナーとして独立。プロゴルファー、プロ野球選手、そのほか一流アスリートのメンタルトレーナーを務めた。

岡本正善の名言 一覧

メンタルの本質は、たとえ100回のうち99回失敗しても、たった1回の成功体験をイメージの中で増幅し、10倍にも20倍にもすることができる。


3年後の目標から逆算し、今日の目標に落とし込む。この手順を踏むと、今日すべきことが明確になるし、それを達成することに意味がある、と信じ込める。


ポイントは、苦しい展開もあると想定すること。楽観的な展開だと、潜在意識は本気で信じてくれない。


将来の夢はぼんやりとでも持つべきですが、何十年も先の目標は、具体的に書きにくい。書き出すのは3年後の目標からでOKです。


目標は大きくなくても構いません。短期的な業務の場合でも、「どうしたいのか」という目標を明確にするだけで、集中できます。


重要な商談の前に成功するイメージトレーニングを繰り返しておくと、潜在意識がポジティブになり、実際の現場で能力が引き出される。さらに、アクシデントに備えての対応策を練れるので、安心感も得られる。


潜在意識をポジティブにするには、まず「目標を脳に刷り込むこと」が大切。目標があれば、失敗をポジティブに捉えられるようになります。つまり、失敗を「目標達成のための一つの糧」と考えるようになるのです。すると、ネガティブな気持ちが消え、潜在能力を発揮しやすくなるのです。


潜在意識に刷り込むには、毎日5分ほど目標を再確認することが大切。脳は現実とイメージを区別できないので、100回イメージすれば、100回同じ成功体験をしたとみなしてくれる。潜在意識がポジティブになる効果は絶大。


達成しづらいと思ったら目標を下方修正しましょう。高すぎる目標のままにしていると、潜在意識が「達成できないのでは?」と疑問を持ってしまう。修正し、達成可能な目標を見つけるべき。逆に簡単に達成できそうなら上方修正しましょう。


日頃ネガティブ思考が強い人ほど見込み大。潜在意識をネガティブにする力が強い人ほど、多くの能力を抑えつけてきたわけですからね。解き放つことができれば、予想以上の能力が目覚めますよ。


意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。例えば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と、ミスをする方向にスイッチが入る。そうなると、ミスが起きやすくなる。


一流のアスリートは幼少時代から夢や目標をしっかり持っています。だから、今やるべきことが見えて、そこに集中できる。目標を意識しなくても、自然と潜在意識の中で、目標を目指す行動が取れるようになるわけです。


多くの人は「集中力がない」と嘆きますが、誰にでも集中力はあります。人は何かをしている時、常に集中状態にある。ただその方向が、「集中すべきでないところ」に向かっているだけ。スイッチを切り替えることさえできれば、どんな人でも「やるべきこと」に集中できます。


本来人間のメンタルは強いもの。弱気の人はその強い自分に気が付いていないか、それを引き出せていないだけ。本来の強さを出すのに大切なのが「自然体」。一流選手になるほど、自然体になれば自ずと結果が出ることがわかっている。弱気の人は失敗してしまうのではと意識過剰になって、結果として無意識のパワーにブレーキをかけてしまう。


多くの人が潜在能力を出せずにいるのは、心がネガティブになって無意識にストップをかけているから。メンタルトレーニングで心のメカニズムを変えれば、ポジティブになり、いま自分が持っている能力以上の力を発揮できるようになる。


昔から緊張を解くのに深呼吸をしろといわれています。普段の呼吸は、「これから息を吸おう」などと意識せず、潜在意識で行っています。しかし、血圧や脈などとは違い、呼吸は深呼吸したり少しずつ息を吐くなど、意識的に変えられます。この場合の呼吸は、潜在意識から遠ざかっています。このように呼吸は、意識と潜在意識の両方にまたがっており、意識的に呼吸を変えることで、潜在意識を変えていくことができるわけです。本来の自然な呼吸を取り戻し、呼吸を整えれば、潜在意識に伝わりメンタルも整います。


成功する人に限らず、誰でもずっとマイナス状態ではなく、結果を出して調子のいいときもあります。そのときはメンタルが目標に向けて力を発揮したときで、その際には自然に呼吸をしていたはずです。そのときの無意識の呼吸法が、「意識」と「潜在意識」のパイプ役であり、できない自分から、できる自分へスイッチを切り替える「暗示の役割」をはたしています。


意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。たとえば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と気弱になり、ミスをする方向へスイッチが入り、失敗体験が積み重なって自信を失っていきます。成功する人は過剰に反応せずに、潜在意識のもつ力を素直に発揮できているのです。


ほとんどの人が自分の本来もっている力を出せずにいます。その原因は大事なときに緊張でガチガチに固まったり、過去の失敗にとらわれてクヨクヨ悩んだり、自分はダメだと自信をなくして自己否定にはまつたりと、「打たれ弱い」からです。これを克服するには「なぜ○○できないのか」と自分を責めたり落ちこんでいる状態から、「どうすれば○○できるか」という状態へ、スイッチを切り替えることです。


岡本正善の経歴・略歴

岡本正善、おかもと・まさよし。日本のメンタルトレーナー。東海大学卒業。能力開発研究所を経てメンタルトレーナーとして独立。プロゴルファー、プロ野球選手、そのほか一流アスリートのメンタルトレーナーを務めた。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

我々の会社は家電メーカーであるという意識が過去から強いが、実態は必ずしもそうではありません。家電比率は3分の1。北米では10%を切っています。まず、社内外に対して何がパナソニックなのかということを正しく伝えます。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

日本は官僚主導の統制・規制が好きな社会で、自由競争社会でも市場経済でもない。


夏目誠(精神科医)

ストレスは常に悪者で、不要な存在だと思っている人がいるかもしれませんが、それは誤解です。ストレスの概念を提唱したカナダの医学者ハンス・セリエ博士は、ストレスを次のように例えました。「ストレスは人生のスパイスだ」と。スパイスの過剰摂取は健康に良くないが、一方でそれを全く使わない料理なんて食べられたものではありません。スパイスが料理にアクセントや変化をつけるのに欠かせないように、ストレスもまた刺激ある人生に送るために、なくてはならない存在なのです。


西田文郎

赤ちゃんが這い這いから立って歩けるようになるまでに、どれだけ失敗をくり返すでしょうか。できなくてもできなくても、トライし続けるでしよ。その甲斐あって、立って歩くことに成功する。だけど失敗して「自分はダメだ」と諦めてしまったらどうなります? 今日私はここへ這い這いで来ることになっていたかもしれません(笑)。赤ん坊のときにはみんな全能感を持っていて、とてつもなく難しいことにもチャレンジできる。何でもできるし、何にでもなれると思っています。人間の脳はもともとそうなっているのです。それが成長とともに、勝手に「できない理由づけ」をするようになって、自分の可能性を狭めてしまいます。


金児昭

給料あるいは働いて得たものを銀行などに預けるという行動は、安全性だとか、利息がどうのだとか、我慢の褒美などと考えることに加え、それを定期的にやるように癖をつけることが一番大切なのです。定期的に大きな金額でなくていいですから、預ける癖をつけるのです。とくに社会人一年生はそれをするべきです。それを実行する習慣を若いときから、いや加齢人も、つけるだけで人生が必ず変わります。とくに、子供のときからこの習慣をつけることが大切であると考えています。


山田昭男

未来工業では、昔ながらの年功序列を貫いている。年功序列の下、頑張っても頑張らなくても、給料は同じとなれば、社員は頑張らなくなると思われがちだが、日本人の国民性から言ってそんなことは断じてない。むしろ、成果主義の下、頑張ったのにそれが正当に評価されない方がよほど意欲を引き下げる。


吉越浩一郎

仕組化というのは、「緊急性は低いけれど、重要性は高い仕事」です。それだけに日々の仕事においては、どうしても後回しにされがちです。でも、それではいつまでたっても残業地獄から抜け出せません。


田中和彦

不安を生むのは自分自身でしかありません。ポジティブな人は、ピンチの状況を不安に思わず、乗り越えるべき壁だと考えます。成長のチャンスだと考えるわけです。「起こってしまった過去は変えられないが、未来は変えられるのだから前を向こう」という人は、どんな状況でも仕事を楽しめるはずです。


澤田秀雄

私は、若い人には吸収力のあるうちに、海外に行き様々なものを見聞してほしいと思っています。豊かな国も貧しい国も経験し、視野を広げるのは非常に大切なことです。自分の目と体で、世界にはいろいろな考え方や生き方があることを体験するために、どんどん海外に出て欲しい。


吉越浩一郎

学生時代の経験を思い出してください。どの試験も、50分とか1時間とか、時間が決まっていましたよね。だから学生は集中して、その時間内で必死に解こうとする。それと同じで、仕事でも締め切りが決まっていれば馬鹿力が出ます。


北嶋一甫

要所は先輩が教えてくれます。しかし、教えられたことをやっているだけでは駄目です。一を教わったら、十のことを自分で考えながら、自分で学ばなければいけません。金属は変幻自在の生き物です。それなのに、作業に使うのは単純な道具だけ。一回の作業に今まで自分が培ってきたノウハウのすべてを凝縮させるわけですから、自分で考えなければ仕事なんてできません。失敗したり、上手くいかない時もある。


宮原博昭(経営者)

いくら緻密な戦略を立てても、従業員のモチベーションが上がらなければ、機能しません。外から社員を採用する余裕もないので、現有戦力のモチベーションを高めるしか方法はありませんでした。社員に底力があることはわかっていました。ゆえに、やる気が倍になったら、それだけで勝てるとも考えていました。