名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡本欣也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本欣也のプロフィール

岡本欣也、おかもと・きんや。日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。広告制作会社「オカキン」代表。東京出身。数々の広告賞を獲得。

岡本欣也の名言 一覧

数字は差別化の強力な武器です。画期的な商品やサービスが登場した時は、ストレートに伝えた方がインパクトが強くなる。


一番インパクトのある数字を1つ残し、全部捨てられるかが数字で相手を口説き落とす第一歩です。これができたら表現はほぼ、できていると言っていい。


時代を変えた商品のコピーには、ニュース性をストレートに表現したものが多い。


説得は、相手に信頼感を与えるところから始まる。


数字は、たくさん見せるほど効果が弱まる。受け手が、本当に重要な情報を判断できなくなる。


抽象的な言葉を使うと、ターゲットの顧客にまで、他人事のような印象を与えてしまう。


誇張して実感の持てない情報を伝えるよりも、抑制して正確な数字を言う。時には低く見積もる勇気を持つことが、相手に納得感を与える。


ノンアルコールビール「キリンフリー」は徹底して商品特性を語ったことが、ヒットにつながりました。


皆さんが扱っている商品やサービスにも、心をつかむ数字が含まれている可能性が高い。商品スペックを読み込み、お宝を掘り当てましょう。


数字には、見る人に現実を突きつける力があります。ただし、実感を伴わせるのが難しい場合もある。そんな時は光景が浮かぶ言葉を、数字から導き出すのも1つの手です。


大きな数字には、受け手の心を揺さぶる力がある。相手が「具体的には知らないけど、すごいんだよね」と認識している事柄を、具体的な数値で表現することで驚きを与えることができる。


僕が常日頃心がけているのは「ニュースがあるなら表現はしない」ということ。従来の常識を覆す商品が登場したときは、表現に凝るよりも事実をそのまま伝えるのが最大の訴求点になる。


岡本欣也の経歴・略歴

岡本欣也、おかもと・きんや。日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。広告制作会社「オカキン」代表。東京出身。数々の広告賞を獲得。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

50人の従業員がいれば50とおりの個性があるわけで、リーダーがそれを束ねてひとつの方向に導いていかなければ会社はバラバラになってしまう。そして、従業員にとってたんに居心地がいいだけの甘い会社は、いずれうまくいかなくなります。リーダーは揺るぎない信念で、「いまこの会社にとって何が正しいことなのか」を従業員に説き続けなければなりません。


武野龍

多くの家具店は家庭用家具の製造・販売に力を入れていたのですが、先代社長は業務用家具の製造卸販売に着目し、競合他社のいないこのフィールドこそ自分たちの活躍の場だと考え、厳しい選択をしたことが躍進のきっかけとなりました。


湯浅勲

仕事が本当につらくてどうしようもない、そんな精神状態にありながら仕事を続けていれば、いずれは体調を崩してしまうでしょう。いっそのこと会社を辞めてしまうのも解決策のひとつですが、そこまで追い込まれる前に、そんな蟻地獄から抜け出すための行動をとらなければなりません。


板尾創路

基本的にものすごいめんどくさがり。ただ、何かをやりだして、ちょっと予想外というか、いいもんができる手応えがあるとおもしろくなってくる。その繰り返しが続いている感じです。


澤上篤人

私がスイスで働き始めた頃は、本物の長期投資家がたくさんいました。当時、日本では投資は博打のようなものでしたが全く違う。あちらでは誰も教えてくれないので自分で盗み取るしかない。私はそこで長期投資のなんたるかを自分に叩き込みました。


本田圭佑

僕は別に非凡な人間ではない。ただ人とはちょっと違うビジョンを見ることができて、周りに笑われてもひたすらそこに向かっていく努力ができる。それが、自分の最大の武器なんだと思う。


川邊健太郎

ネットビジネスの世界では、新サービスを一早く市場に投入した者が勝つことが多いのは事実。製造業や実店舗を持つ小売業などと比べると、スピードの価値が特に高い業界と言えます。


西澤亮一

私がよく使う言葉は「理想は高く、現実は泥くさく」。ビジョンを描き、それに向かって目の前のことを地道にやっていこう、ということです。


津坂純

日本企業の場合、我々が最も重視するのは、経営者が変化や飛躍を起こしたいと感じているかどうかです。危機感があり、外部の人材を受け入れる体制が整っていれば、私は喜んで投資します。


ピーター・ドラッカー

なにかが成し遂げられるときには、かならずその使命のほかには何も考えられない偏執狂的な人間がいるものだ。


松原秀樹(経営者)

昔、印刷工場でアルバイトをしていたころから、自分は「何かを創造する企画肌」だと思っていました。だからこそ商社マンを目指していた部分もあったのですが、結果的に印刷業界に戻ったことで一つの事業モデルができあがったのです。印刷業と商社機能をミックスしたSP・販促の業態です。自ら製造をせず、商品、サービスの企画をすることに自信があった私にとって、SP・販促の領域はまさに強みが活かせる世界でした。なぜなら、販促ツールを作る製造業の人たちは、自分たちの会社で作るものだけが商品だと思い込んでいたからです。そこで私は、SPツールの企画・開発に特化した自社工場を一切持たないSPツールのファブレスメーカーとしての事業領域を確立していったのです。


大泉洋

楽しい気持ちになってもらいたいという思いが一番。