名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡本圀衞の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本圀衞のプロフィール

岡本圀衞、おかもと・くにえ。日本の経営者。「日本生命保険」社長・会長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業、ミシガン大学ロースクール修了。日本生命保険に入社。外務勤労課次長、企画課次長、企画課長、横浜北支社長、調査部長、広報部長、取締役財務企画部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長・会長に就任。

岡本圀衞の名言 一覧

自分の仕事が世界の建設につながっているということを自覚してほしい。仕事というものは、世界の付加価値を高めていることなんだ。


難しいけれど、そこに一生懸命ぶつかるというのもおもしろい。


社長をやっていると、いろいろな職員と付き合うでしょう。その土地土地に根ざした話をすることで、職員との距離を縮められますよ。


生命保険を販売するのは、ラクな仕事ではありません。だけど我々の仕事は、人の不安を取り除く重要な聖の業「聖業」なのだから。


森鴎外の『青年』は、学生時代に読んだときは、そんなに面白いと思わなかったんですが、大人になって読むと面白い。


営業職員にやる気を出してもらうことが日本生命では極めて重要。支社に出張して話をするときは、業務方針の話もしますが、あとは、自分の思いを話したり、本の話をしたりするんです。


岡本圀衞の経歴・略歴

岡本圀衞、おかもと・くにえ。日本の経営者。「日本生命保険」社長・会長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業、ミシガン大学ロースクール修了。日本生命保険に入社。外務勤労課次長、企画課次長、企画課長、横浜北支社長、調査部長、広報部長、取締役財務企画部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長・会長に就任。

他の記事も読んでみる

慎泰俊

金融は目に見えないものを扱うので、ものづくりのように、自分がつくったものをやり甲斐と感じることができない。すべてのものがお金に換算されるので、価値観にもお金が侵食してくる。そういう人たちが悪さをしやすい状況があります。もうひとつ、賃金の仕組みもよくない。うまくいったときは多額の報酬が手に入りますが、莫大な損失を出しても、解雇されて給料がゼロになるくらい。それが人を誤った行動に導いてしまうのではないかと。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

お客様がいなければ、技術も企業も育たない。顧客のニーズを汲んで開発をしているか、自分が好きな技術だけを追求しているかでは、全く異なります。学生時代は何も考えず、好きな技術だけを研究していましたが、世の中を良くしていこうと思うのなら、社会が何を必要としているのか理解して行動しなければなりません。たとえ技術力を持っていたとしても、顧客のニーズが分からなければ使い様がありませんからね。


馬渡晃

独立するということは「何でもありの無法地帯」に踏み込むことです。それを意識せず、無防備に走り出す人がたくさんいます。とくに安定した企業に勤めていた方ほど、「ルールは守られて当然」という意識が強いようですが、「入金がないかもしれない」「商品が届かないかもしれない」というリスクを常に頭に入れ、余裕を持った資金繰りをしていく緊張感が必要です。


水口和彦

中間管理職が休みを取りづらいのは、「仕事のことが心配で休めない」という理由が大きいと思います。仕事のことが心配になるのは、タイムマネジメントができていないことが一番の原因です。もし、仕事が順調に進んでいて、「このペースなら期限までに終わるだろう」とわかっていれば、安心して休みを取ることができます。


坂本孝

他社に出来ない特徴をいくつか持ち、競争に巻き込まれないようにすることも、ひとつの戦略です。これが、「俺の株式会社」の創業の一番の基礎にあると思います。


森下裕道

自信のないことについて話さなくてはならないとき、人は話す量を増やしてごまかそうとしたり、質問の隙を与えないように早口になったりしがちです。ミスを報告するときに長々と言い訳をするのはその典型例。しかしそれは、かえって相手の苛立ちを増幅させてしまう。


望月圭一郎

職人を社内で育成しています。協力会社にだけ頼むのではなく、自分達だけでも仕事ができるような知識と強さを持っていなければ、お客様のご要望にお応えできないと考えたからです。


大杉漣

平穏に現場が過ぎていくよりも、自分が思うたことや考えたことを、みんなとディスカッションして、わかち合いながら、産みの苦しみを楽しんで作品をつくりたい。


岩下尚史

テレビ出演時に心がけているのは、わるく気取らないことくらいでしょうか。バラエティ番組で広い世間に顔を晒したからには、すましていてもスタッフさんの要望に応えることができません。自身が消費されることを受け入れていくなかで、元々薄かったちっぽけなこだわりとかが、もっとなくなってきた気がして、それは私にとってはありがたい気がしています。


豊田章一郎

一人のカリスマが右か左か決める時代ではありません。最後のところはトップとしてみずからの態度を決めますが、意思決定の基準にしているのはコモンセンスです。


新将命

一人の人間の力量には限界がある。その壁を突破するためには、やはり社員の衆知を集めた全員経営が必要なのである。


大塚寿

私が多くの成功者といわれる人と接してきてわかったのは、彼ら・彼女らは、比較的若いころに思い切った自己投資をしているということでした。とくに、20代後半から30代半ばにかけて、思い切って自分にお金と時間をかけた人が、その後、高い確率で成功を収めているように思います。