名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡本和久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本和久のプロフィール

岡本和久、おかもと・かずひさ。日本の投資教育家、経営者。「I-Oウェルス・アドバイザーズ」社長。慶應義塾大学経済学部卒業。日興証券証券アナリスト・ストラテジスト、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人社長などを経て、I-Oウェルス・アドバイザーズ社長、日本証券投資顧問業協会理事などを務めた。

岡本和久の名言 一覧

国や勤務先は老後まで面倒を見てくれない。将来の自分を支えられるのは現在の自分だけだ。


誰もがリターンをコントロールしようとするが、それは不可能。投信選びの際には、A(アロケーション=資産配分)、R(リスク)、C(コスト)の3つを意識すればいい。


個人は自由だからこそ、自分の投資をしっかり把握していないと下落局面で逃げてしまったり、おかしな商品に手を出したりしてしまう。まず「投機」と「投資」の違いを知った方がいい。前者はサイコロのように法則性がなく、結果をコントロールできない。


機関投資家は常にベンチマークの指標や競合する運用会社と比較され続ける。長期的に有望な銘柄と判断しても、すぐに成果を残すために投資を断念するときもある。個人の武器は時間と言うが、本当にその通り。長期とは「時間的な制約がない」という意味だ。株を保有する企業に成長の時間を与えられる。


実は投資と資産運用も異なる。資産運用は「資産を運んで用いる」と書く。人生全体で資産を殖やしながら必要に応じて使うことだ。投信を10万円分買って倍に増えても、投資としては成功だが、老後を見据えた資産運用として完結しない。資産を必要な水準まで殖やしてこそ、資産運用であり、長期投資はその有効な手段に位置付けられる。


長期投資で意識すべきことを考え始めると、古い言葉にたどり着くから面白い。例えば長期のイメージには、子孫たちの時代まで含める「永代」がよく似合う。他にも万物への感謝を表す「おかげさま」。この言葉は世界的な経済成長の恩恵を受けられるグローバルインデックス投信に通じる。そして「知足」。意味は「足ることを知る。欲張らない」だ。投資はそこそこしか勝てない。それで満足して、強欲にリターンを追い求めないことが肝要になる。


岡本和久の経歴・略歴

岡本和久、おかもと・かずひさ。日本の投資教育家、経営者。「I-Oウェルス・アドバイザーズ」社長。慶應義塾大学経済学部卒業。日興証券証券アナリスト・ストラテジスト、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人社長などを経て、I-Oウェルス・アドバイザーズ社長、日本証券投資顧問業協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

熊切直美

当社は「取締役の60歳定年制」を設けています。人は権力を持つとどうしても手放したくなくなるもの。その意味では組織硬直化を防ぎ、新陳代謝を起こす仕掛けとして、メリットは大きいでしょう。


澤田秀雄

確かに失敗はしたくありませんし、問題は無い方がいいのですが、企業家たるもの危機を糧として学んでいくことが重要。


岡本太郎

僕は口が裂けても諦めろなどとはいわない。それどころか、青年は己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべきなのだ。勇気をもって飛び込んだらいい。


出井伸之

長期的な目標を達成するためにも、短期的な課題をクリアすることが極めて重要。


荒川詔四

最初は下手でも、諦めずに話し続けると語学は必ず上達します。次第に語彙の数が多くなって、使い方も上手になる。発音も良くなってくる。土俵に上がることを恐れず、自分の意見を一生懸命言うとみんなが認めてくれるようになります。


田中仁(経営者)

昔の私にはあまり自信がなかったので、人前で何かを話す際はいつも一歩引いていました。しかしやりたい事が明確になると、その様な気持ちはなくなり、むしろ前進するくらいがいいと思うようになりました。


小森哲郎

経営トップの思いを理解し、正しい形で全体を一緒に引っ張っていく人材が必要です。そのために、通常は部門横断で改革のリーダーシップチームをつくります。このチームが自分にとっての「能力増幅器」として機能しはじめると、改革は一気呵成に進みます。


佐々淳行

尾張の戦国武将・佐々成政を祖とする佐々家の武士の血がそうさせたんでしょうな。主席領事にも言われましたよ。「いったい君になんの得があるんだ。君は見かけによらず要領が悪いんだね」と。自分でもわかっているんですよ。でも、肥後もっこす(正義感が強く頑固な熊本の県民性)というか、へそ曲がりの性分は簡単には「直りゃしねえや」と(笑)。
【覚え書き|出向先の外務省の好待遇を蹴って警察に戻ったことについて】


小池利和

4代目社長・安井正義さんは常々、「部下が何か新しいことをやりたいと言ってきたら3回はNOと言え」と管理職に言い聞かせていたそうです。3回ダメ出しをしたにもかかわらず、まだ挑戦してくる技術者は、自分のためではなく会社や社会を良くするために真剣に考えているから、GOサインを出す。この教えは現在まで受け継がれています。


土光敏夫

成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は次の成功への足がかりとせよ。この二つの相反する格言は、アフターケアの大切さを指摘している点で、共通の真理なのである。


新藤晴一

本当にいろんなバンドがいる。テレビに出たいというバンドもいれば、地元で自分たちが信じる音楽だけをやっていたいというバンドもいる。そのどれもが正しいと思うんです。音楽を続けるためにはいろんな手段があっていい、向き合うためにはいろんな手段があっていい。


平井伯昌

選手の信頼を得るには何が必要か。それは結果を出させること。