名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

岡本友紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡本友紀のプロフィール

岡本友紀、おかもと・ゆき。日本の鍛冶職人。証券会社勤務を経て鍛冶職人の道に進む。10年の修行期間を経て独立。la forgerone(ラ・フォルジュロン)を設立。

岡本友紀の名言 一覧

小さな挫折感を味わうことがあっても、「なんとかなる!」と思って動けば乗り越えていける。


いま思うことは、「結局は自分から動くしかない」ということです。自分で種をまいたから、少しずつ芽が出て育ってきた感じ。


やりたいことを諦めることが、何よりつらいこと。それに比べれば、どんな修行の苦労も乗り越えられると思えた。


しっかり鉄を叩けるようになるだけで3~4年。それでも先生からはダメ出しの連続でした。ダメ出しされ何を言われようが落ち込んでる余裕はなかった。


お客様が一気に減って、経済的にも精神的にも大変な時期がありました。でも、「ここで諦めて、また悶々とした日々を過ごすくらいなら」と思うと踏ん張れた。夢を一度諦めたつらさが、逆に私を支えてくれた。


ある時私の作品に先生が「お前らしい作品になってきたな」と。その一言で吹っ切れました。亡き先生に応えるためにも、自分らしい作品を創り続けていきたい。


30歳になる手前で「もうダメかも」と思ってしまって、2年ほど鍛冶の仕事から離れていました。派遣の仕事を見つけて働きましたが、やっぱり諦めきれなくて……。私の修行時代をよく知る人に「目が死んどる」と言われて、再びスイッチが入りました。師匠に電話をかけて、もう一度チャンスが欲しい、と頼み込んだんです。


岡本友紀の経歴・略歴

岡本友紀、おかもと・ゆき。日本の鍛冶職人。証券会社勤務を経て鍛冶職人の道に進む。10年の修行期間を経て独立。la forgerone(ラ・フォルジュロン)を設立。

他の記事も読んでみる

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


立花陽三

球場がファンでいっぱいにならないのは球団の責任。


志太勤

厳しい状況に置かれたときは、やはり原点回帰ですよね。何のために商売をやっているのか。この事業を続けることが人様のためになる、お国のためになるという原点に立ち返ることですね。


和地孝

仕事に取りかかる前に準備、段取りを決めるのが大事であることは言うまでもありません。建築会社では新入社員に最初に教えて、最後まで教えるのが「段取り」なのだそうです。最初に効率的な段取りを考えてメンバーを徹底し、一斉にスタートする。それをするかしないかで、同じ建物を造るのでも、収益があがるか赤字になるかの差が生じるそうです。それは他の仕事でもまったく同じでしょう。


佐藤優

お金は幸福を得るための「必要条件」ではあるけれど、「十分条件」ではない。人生上、どんなことにもお金はついて回る。けれども、お金だけで幸せになれるわけではありません。むしろそれによって争いや不幸が生まれることもある。


吉永泰之

同じような戦いをしてはボリュームの大きいメーカーに負ける。自動車産業は世界では成長産業だが、伸びるのは新興国市場で、そこで売れる車はコモディティ化した安い車だ。我々はそこでは戦わない。水平対向エンジンや4輪駆動という独自技術を生かした車を富裕層の多い米国や中国で販売することで、高い収益性を確保していく。


石川康晴

GAPなどアメリカにあるSPA(製販一体型)の先駆的な会社や日本ではワールドという会社などを分析しながら、ある程度ものまねで始めたSPAですが、始めた当初は自分もミシンを踏んでいましたし、ボタン留めや、裁断も行っていました。デニムをハサミで切ると手がかなり青くなっていくのですが、お店に立っていたころは夜はデニムを切ったり縫ったりしていたので、よくお客様から「お兄さん、顔も青いけど手も青いね。倒れないでください」と言われたものです。


鎌田富久

現状の機器はその上で動く数々のアプリによって普及しているとも言えます。そこにいきなり互換性の無い製品を出せば、今持っている強みを失ってしまうので、現在の強者は変化できないのです。したがって、全く違うモノは全く違うところから出て来るしかない。そろそろ画面を使わないデバイスが出てくるチャンスだと思います。一度誰かが正解を見つけて、その上で動き出すアプリやサービスが揃い始めれば、それがプラットフォームになって市場でも大勝できるでしょう。


黒鉄ヒロシ

大人になってから出会った人との関係は、学生時代と違い、つき合うに足るかどうかで明確な一線が引かれてしまいます。注意してもムダだと思われれば、そこまで年を重ねるごとに、人間関係はコンパクトになっていきます。年長者だからといって、若者を叱る責任はありません。それでも上司が部下を叱ってくれるのは、会社の側として一体となって動く必要があるからです。組織が目的を達成するためには、全員が自分の役目を果たすことが欠かせません。だから、上司は口うるさく言うわけです。


弘兼憲史

年齢や経験とともについてくるプライドは、貴重な成長の機会を逃す恐れがあります。時には、そんなプライドを肩から下ろして新しいことに挑戦することが、成長し続けるカギかもしれない。


襟川恵子

米国などは入社して6~7年目位まで徹底的に働いて能力を開花させる一方、そこで技術を身に付け、精神面も強化されます。若い人たちは吸収力が高く、体力もあります。だから難易度のある業務にどんどんチャレンジし、長時間労働も辞さず仕事に熱中することで、能力も高まります。もちろん体を壊す無理な働き方をさせないことは大前提です。


坂信弥

私が宗教心の厚い祖母との生活で教えられたことはいろいろあるが、今日までその影響を及ぼしていることは「生あるものは自分の子供だろうが、よその子供であろうがあるいは動物であろうが差別なく慈しまなくてはならない」という思想である。