岡本友紀の名言

岡本友紀のプロフィール

岡本友紀、おかもと・ゆき。日本の鍛冶職人。証券会社勤務を経て鍛冶職人の道に進む。10年の修行期間を経て独立。la forgerone(ラ・フォルジュロン)を設立。

岡本友紀の名言 一覧

小さな挫折感を味わうことがあっても、「なんとかなる!」と思って動けば乗り越えていける。


いま思うことは、「結局は自分から動くしかない」ということです。自分で種をまいたから、少しずつ芽が出て育ってきた感じ。


やりたいことを諦めることが、何よりつらいこと。それに比べれば、どんな修行の苦労も乗り越えられると思えた。


しっかり鉄を叩けるようになるだけで3~4年。それでも先生からはダメ出しの連続でした。ダメ出しされ何を言われようが落ち込んでる余裕はなかった。


お客様が一気に減って、経済的にも精神的にも大変な時期がありました。でも、「ここで諦めて、また悶々とした日々を過ごすくらいなら」と思うと踏ん張れた。夢を一度諦めたつらさが、逆に私を支えてくれた。


ある時私の作品に先生が「お前らしい作品になってきたな」と。その一言で吹っ切れました。亡き先生に応えるためにも、自分らしい作品を創り続けていきたい。


30歳になる手前で「もうダメかも」と思ってしまって、2年ほど鍛冶の仕事から離れていました。派遣の仕事を見つけて働きましたが、やっぱり諦めきれなくて……。私の修行時代をよく知る人に「目が死んどる」と言われて、再びスイッチが入りました。師匠に電話をかけて、もう一度チャンスが欲しい、と頼み込んだんです。


岡本友紀の経歴・略歴

岡本友紀、おかもと・ゆき。日本の鍛冶職人。証券会社勤務を経て鍛冶職人の道に進む。10年の修行期間を経て独立。la forgerone(ラ・フォルジュロン)を設立。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

28年間の海外勤務で、日本の組織でいう課長だ、部長だという部分がスッポリ抜け落ちてしまっている分、旧来の組織の固定概念にとらわれずに、仕事の見直しを進められたように思います。


大西洋

現場力を上げる一番の近道はスタイリスト(販売員)のモチベーションをアップさせること。そのために取り組んできたのが店舗の営業時間の短縮です。


枡野俊明

人間関係につまずいたら、すぐに相手のせいにしてはいけません。自らを省みることが大切です。


トマス・エジソン

もし両親が、子供の心の中に「情熱」を残してあげることができたら、それは貴重な財産になるに違いない。


水野和敏

みんな、FF車の開発では前席部分をいじって競争していたけど、実は自由がきくのは後部座席と後輪の間の寸法だけだった。ここがガソリンタンクの容量であるとかサス・ヘンションの空間、トランクの容量、それにリアウインドウを流れる空力なんてのを決めていて、それこそが数字にならない性能を左右するんだとわかったんだ。その結果をもとにして設計したのが1990年の「プリメーラ」ね。これ、いまだから言うけどさ、社内で提案しても「ブルーバードよりも小さくてスペックも質素なのに、どうしてそれより高いんだ。そんなの誰が買うんだ」とポロクソに言われたね。でも、スペックとしての数字にならない価値はたっぷり乗せていた。それで、社内で大ゲンカをしたあとに「じゃあ、仕方ないな」みたいにして世の中に発表されたんだけどすごく売れたんだ。その後はオペルもフォードもみんな「プリメーラ」をマネしたよね。ヨーロッパでは、どこの会社もあれを買って分解して研究していたんだ。ヨーロッパの4ドアっていまもその流れの延長線上にあるでしょう?だから、ヨーロッパの車にマネされるようなものをと思ったことは、そのまま現実になったんだ。


中井紀之

仕事をなかなか始められない人は、「まず準備をしないと」「今はあまり時間がないから」などと、いつも先延ばしにする言い訳を考える。そんなことは考えずに、とにかく「今すぐ」始めること。動いてしまえば、仕事のスピードも加速する。


小早川隆景

私は決断する前には、長く思案する。しかし、いったん決断したあとで二度と後戻りをしない。思案に思案を重ねたうえで得た決断であるからだ。


篠原雅直

日田の物件も3年前に購入した際には31店舗中、3割程度しか入居していない状態でした。しかし当社が「セルフビルド」した結果、8割5分まで稼働率を高められるまでになりました。日田の物件も3年間、私と社員でニッカポッカを履いて工事をしてきました。床の剥ぎ貼りや給排水の確保、必要であれば電気工事士や高所作業車の免許も取る。また水道やトイレの交換、そしてそれら部品の入手方法にいたるまでを全部取り組み、それをまとめました。そうすることで、今後も物件を購入した時に素早い判断が下せると思っています。本来、管理会社が改修工事の内容を理解せずに業者に丸投げするのはおかしいと思っています。当社はとにかく自分で一回壊して中を確認し、分かった上で取るべき手段を考えるというスタンスです。


ジャン=パスカル・トリコワ

知り合いの経営者に話を聞くと、自分の会社のITに関するコストは把握しているのですが、会社としていくら電気代を支払っているのか知らない人が多い。実際には、ITに投じているコストより、エネルギーコストの方が大きい場合が多い。乱高下するエネルギー価格に事業を依存するリスクは非常に大きい。事業や製品の競争力を高める上で、エネルギーの効率化は不可欠。


泉谷直木

企業が中長期的に成長していくためには「経営資源を育てる経営」が重要であり、そのためには「全社員の英知を集結させる経営」が重要。


粟田貴也

弊社では中長期的に現在の約2倍となる1千店舗体制の構築を目指しており、それを実現するためには、お客さまの来店動機を作り出す必要がある。


松下幸之助

経営でも、経営学というのがありましょう。経営学は教えることができる、習うこともできる。けれども経営のコツは、生きた経営というものは教えることはできない。習うこともできない。自分で体得せねばしかたないですよ。そこに難しさがあるということを自分でも感じ、人にも話をするんですよ。


川崎秀一

日本で当たり前の技術が海外ではまだまだ重宝される。自らの強みを磨いて新市場の開拓を。


三木雄信

孫(正義)社長はあるとき、「幹部は全員、回帰分析をマスターしろ!」と言い出しました。これは物事の因果関係を分析する手法で、「気温が1℃上がると、アイスクリームの販売個数がどれだけ伸びるか」といった原因と結果がわかります。つまり、回帰分析ができれば「売上げや利益を最大化するために、この戦略をとっていいのか、悪いのか」が判断できる。資料に「ナレッジ」以上の提案を入れるためにも、回帰分析は必須といえます。


竹中半兵衛

要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。
【覚書き|要害=堅固な城塞。】


ページの先頭へ