名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

岡康道の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡康道のプロフィール

岡康道、おか・やすみち。日本のクリエーティブ・ディレクター、CMプランナー。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、電通に入社。営業職を経てクリエーティブ局に異動。TCC新人賞、電通賞テレビ部門受賞。電通から独立し、日本初のクリエーティブエージェンシー「タグボート」を設立した。

岡康道の名言 一覧

広告業界が動き出すのは、大抵午後から。そのため、業界には夜型人間が圧倒的に多い。だからこそ、静かな朝に1人で考える時間を持つことが重要。


組織の中で専門性を磨いた場合、それがある程度のレベルに達したら、転職や独立という新たな選択肢を持てるようになる。それがスペシャリストに許されたひとつのアドバンテージだと思います。


クリエーティブ局では、上司のダメ出しを受けながら、1日中コンテを描きまくりました。もちろんそれがCMとして、すぐに採用されることはありません。でも、たとえ1案も通っていなくても、「昨年よりもうまくなったぞ」という手応えは返ってきます。それがうれしかったですね。8年間の下積みの後、手がけたCMが次々とヒットするようになりました。


私が営業からクリエーターに転身した理由は、営業のプロに徹し切れなかったからです。営業とは人間関係のプロのことで、苦手な人とも仲良くなれる技術を持つ人のことを言います。対して私は、苦手な人とは全く仲良くなれないタイプ。接待の席でカラオケを歌ったりしながら、「全然、楽しくないぞ、これ」と、常に苦しい気持ちを抱えていました。そこから脱するには専門性を身につけるしかない。そう考えて、クリエーティブ局へ移ったわけです。


社内に起こるであろう軋轢も予測したうえで、能力のある人に場所と環境を提供する。今流の効率経営の一方で、もう一度、そのような暗黙知を見直してみることが、会社と社員の新しい関係を築くことにつながっていくのではないでしょうか。


クリエーティブは発想の仕事です。人間の発想力を伸ばすには、均質な人事管理よりも、上司が見込んだ人間に、ヒットの可能性のある仕事を集中してやらせるなど「えこひいき」を行わないと駄目なのです。ところが「えこひいき」とは、基準がないものだし、そもそも部下の資質を評価すること自体、客観的な指標が設けられるものではありません。ですから、かなり不平等なものです。ただ、その不平等さの中でしか、技術は身につかないし、人材も育たない。そのような不平等なやり方を信じる文化が、昔の会社にはありました。


私の修業時代は、周囲のクリエーターたちはみな、150時間から200時間ぐらいは普通に残業をしていました。日曜だってなるべく会社にいて、資料映像を見たりしていたんです。それが、労務管理が徹底され、「みんなさっさと帰りましょう」「日曜出勤はダメですよ」となると、修業に没頭する時間は取りにくくなる。管理と教育という2項は、互いに成り立たないところがあるのです。


日曜は午前6時半から、40歳以上が参加条件のアメリカンフットボールチーム「U-59ERS」のメンバーと東京・東伏見のグラウンドで汗を流しています。この午前5時起きを実行するには、前夜を含めて夜に不摂生などできません。


私が企画を考えるのは朝です。創造性が必要な仕事は、朝9時半から正午まで、自分のオフィスで1人でじっくり考えることにしています。アイデアが途中まで浮かんだ場合も、いい案が浮かばない場合も、正午が来たら、その日は「打ち止め」。アイデアはいったん寝かせ、続きは翌日に考えます。


岡康道の経歴・略歴

岡康道、おか・やすみち。日本のクリエーティブ・ディレクター、CMプランナー。佐賀県出身。早稲田大学法学部卒業後、電通に入社。営業職を経てクリエーティブ局に異動。TCC新人賞、電通賞テレビ部門受賞。電通から独立し、日本初のクリエーティブエージェンシー「タグボート」を設立した。

他の記事も読んでみる

福嶋覚

営業会議は、企画会議などと違い「売上」というビジネスの根源の部分を改善していくことが目的である。だからこそ、各営業マンが自分では解決できそうもない課題を皆で共有し、解決へのヒントを探り出すのだ。営業マンを責めることが目的ではなく、顧客を攻めることに向かうべきなのだということを、とくにリーダーは忘れてはならない。責めることがメインになっている会議は、時間を浪費しているだけだ。


高梨臨

初めての映画なのにダブル主演のヒロイン役。事の重大さがわからなかった私は「いきなりヒロイン? ラッキー」という気持ちで撮影にのぞんだのです。が……、当然、そんなに甘い世界のはずがなく、挫折することになりました。何をやっても監督から「ヘタクソ!」と怒鳴りつけられ、自分でもヘタクソなのはわかるんですが、どうすることもできなくて。もうホントにムリだと思ったので、マネージャーに「やめたい」と伝えました。それでも監督から「できると思うから言ってるんだ」みたいに激励されたので、最後まで続けました。「ヘタクソ」以外にも、いろいろと厳しいことを言われたんですが、あまりにも厳しすぎたせいか、私が無意識に自分の記憶から消してしまったらしく、ほかに何を言われたのかは覚えていません(笑)。それくらいにつらい経験でしたが、女優として目覚めることができました。


井上和幸(ヘッドハンター)

変化が激しい時代、いつも同じメンバーで成果が挙げられるとは限りません。むしろ目的に合わせて、その都度最適なメンバーを機動的に組み合わせる力が重視されるようになっています。


松井道夫

歴史はどんな時代においても、若者が創っていくものである。


ユルゲン・シュレンプ

意気地のない人や、なんとかなるさと思って引っ込んでいるような人が、世の中を変えたためしはない。


大橋洋治

私は若い連中がやっているのを手助けしていただけ。変化を起こすのは若い人たちだというのは、いつの時代でも同じ。


宮内義彦

経営は一つの経営指標で判断できるほど単純ではありません。それだけに、新しい経営指標を取り入れて多角的に分析できるようにしなくてはなりません。しかし、忘れてはならないのは、基礎データが正確でなければ、間違った結論が導き出されるということです。


日野晃博

ひとつの作品で30から40時間を費やすメディアはゲームのほかにありません。最後には自分が世界を救ったような気になる。これはすごいと思いました。人生の分岐点でした。
【覚書き|ドラゴンクエスト3をプレイして衝撃を受けたことについて語った言葉】


山本高史

コミュニケーションだと言うと、コミュニケーションを生業としている人のためのものと思われがちだが、どんな職業人もコミュニケーションしながら仕事をしている。


内田幸雄

大胆な変革をしていかなければ生き残ることはできない。そのために社員一人ひとりが変革を牽引するという気概を持って業務に取り組んでほしい。


菊原智明

相手が話したがっているときに「自分も……」と切り出すのはまさに「話題泥棒」で、営業では一番やってはいけないこと。カラオケでサビのところでマイクを奪って歌うようなものです(笑)。それよりは、何も知らないバカなふりしてひたすら聞いた方が確実に相手は気持ち良くなります。恋愛でも、聞き手にまわれる男はモテますよね。


土井好広

「音楽の街づくりプロジェクト(略称おとまち)」を始めました。これは音楽を活用し、地域のコミュニティーづくりを支援する、いわばコンサルティング事業です。地域活性化の拠点となる施設の立ち上げ、その活用法などに関する相談に対し、例えばコミュニティーバンドの養成やイベント企画提案などを行います。イベント終了後も継続的に地域の人々が関わり合えるように運営ノウハウも提供しています。既に全国十数カ所で展開し、現在は行政やデベロッパー、大手流通などから相談を受けています。ショッピングモールに、音楽を使って地域の人が主体的に集まる仕掛けをつくりたい、音楽を軸に居住者同士が交流しやすいマンションをつくりたい、など。音楽を活用すれば、これまでとは違った付加価値を創出することが可能なのです。