名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡崎太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡崎太郎のプロフィール

岡崎太郎、おかざき・たろう。日本の経営者、通販コンサルタント。「アイティマネジメント」会長。福岡県出身。著書に『「夢」が見つからない人のための 人生を変えるシンプルな習慣』『1日3分「夢」実現ノート』『売れるしくみみはこうつくれ!』『すごい!自己啓発』『夢トレ』『お金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック』。

岡崎太郎の名言 一覧

日頃から疑問や不満など、気づいたことをメモにとり、気になることは忘れないうちに調べるようにする。それを続けていくうちに、気づきやひらめきが生まれるようになる。


以前手がけたダイエット食品「いちごミルクダイエット」は月商1億円の大ヒット商品になりました。「ダイエットとあり得ない組み合わせの言葉はなんだろう」とか、「ダイエット食品はおいしくないから続けられない。では甘くておいしい味なら……」と連想していく中でアイデアが生まれました。


世の中でヒットしたアイデアは既存のアイデアを組み合わせたり、改良したりしたものがほとんど。ということはスキルや知識がなくても、誰でもヒットメーカーになれるチャンスがある。大事なのはアイデアを具現化すためにも、人に話をすることです。


大切なのは、自分のアイデアについて肯定的な態度で接してくれる人に話すこと。反対意見は大切です。が、ほとんどのアイデアがボツになることを考えると、頭から否定的な意見をもらうと、アイデアを発信しようという気持ちさえも萎えてしまいます。ですから、陽気で肯定的な人に話すくらいがちょうどいいのです。


大抵の人はひらめいたことをいちいち口にはしません。だから思いつきやアイデアを発信し続けるだけで、発想が豊かだとか、企画力があるとリスペクト(尊敬)してくれるようになるんです。ぼくは思いついたアイデアは人に話さないと気がすまない性格。何度も話を聞いているうちに、周囲が「岡崎=アイデアマン」と刷り込まれていっただけなんです(笑)。


岡崎太郎の経歴・略歴

岡崎太郎、おかざき・たろう。日本の経営者、通販コンサルタント。「アイティマネジメント」会長。福岡県出身。著書に『「夢」が見つからない人のための 人生を変えるシンプルな習慣』『1日3分「夢」実現ノート』『売れるしくみみはこうつくれ!』『すごい!自己啓発』『夢トレ』『お金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック』。

他の記事も読んでみる

川村元気

企画を立てるときに、上司より先に意識しているのは観客です。観客はちょっとした記事や広告で、その映画を見るかどうか判断します。一枚の企画書で、上司を説得できないなら観客を映画館に呼ぶことは無理だと思っています。


西野精治

限られた時間でも、睡眠の質を高めることで日中のパフォーマンスを高められる。鍵となるのは、眠りのゴールデンタイムである寝ついた直後の90分です。このとき、アンチエイジング効果もあるとされる「成長ホルモン」の約8割が分泌され、自律神経の調整や記憶の定着も行われます。だから深夜に仕事をするときは、眠気があるならまずは寝て、黄金の90分後の最初のレム睡眠のタイミングで起きて作業したほうがはかどります。


佐々木常夫

人生の後半にもできることはたくさんある。


植田まさし

本当は何を描くか決めてもらえると楽なんです。でも、そうはいかない(笑)。そこで出だしに使えるキーワードやテーマを探すことがとても重要になってきます。例えば、ランダムに単語を表示する機能がある辞書ソフトを使って、たまたま「好角家(相撲観戦が好きな人)」が表示されたら、両国国技館で応援している人を描いてみよう。有名人が観覧席にいたらどうかな。力士が何か言ったら……とノートに描きながら考えを膨らませていきます。アイデアは考えるものではなく、探して見つけるもの。それが私の持論です。


松井忠三

毎日疲れきって、家で寝るだけ。外に出ず、新しい刺激も得られないようでは、いいものは提案できない。
【覚え書き|残業禁止の理由について】


柵山正樹

「頑張ります」ではダメ。その理由を瞬時に計算して説明できる人は、やはり仕事もできます。数字力は、個人としての根っこといってもいい。


的場浩司

考えて考えて、何年かたってたどり着いたのが、「自分の与えられた役、演じている役に関しては最低限、俺以上に知っている人間がいないって状況まで突き詰める」という掟。俺がコイツのことは一番知っている。台本に書かれていないところで何をしているか。どんな過去を生きてきたかも俺の頭の中に全部入っている。そういう状態まで追い詰めて、撮影に入るというやり方です。


熊谷正寿

ベンチャーは成功するのも早いですが、失敗したら凋落も早い。このビルには15年入居していますが、私たちは空きが出た時には必ず最初に連絡をいただける優先権を持っています。ですから、業績が良くなれば、空いたフロアは全部自分たちのものになっていく。逆に解約予告期間を短く設定していますから、早めに撤退できます。これは小さなことのように思えますが、影響はすごく大きい。賃貸不動産が原因で、成長しているベンチャーは失敗しやすいのです。なぜなら、人数が満杯では成長が止まってしまうし、オフィスを2か所に分けるとコミュニケーションコストがかかる。ならばと良いビルに一斉に移転すれば、引っ越し貧乏になってしまいます。


佐々木宏

28歳でクリエイティブ部門に移ることになり、仕事の準備として、宣伝会議という会社がやっているコピーライター講座に出かけたら……ぜんぜん書けないんです。電通社員としてのプライドだけは高いのに、同じ講座に通ってきている大学生やフリーターの書く文章に負けてしまっていました。年は取っているわ、書けないわで、まあ屈辱でしたね。同じ時期に異動してきた同僚が賞を取っているのに、私は箸にも棒にもかからない。「もしかしたら、年下にも馬鹿にされている?」なんてもんもんとしていた時に「コピーのことだけを考える一年を過ごしてみたら?」と助言をくれた先輩がいたんです。どうも、それまではいろいろと複雑に考えすぎて空回りしていたようだったので、私は先輩を信じて猛勉強をはじめることにしました。どんなに単純な仕事でも徹夜で考え、翌朝、上司に案を山のように提出することにしたんです。


江上治

優れたナンバー2は社長と真逆のキャラクター(性格)であることが多い。相補う関係のほうが、事業家にはいいようだ。


慎泰俊

大学生のとき国際的なNGOでインターンをして痛感させられたことがあります。それは、世の中への発信力はお金やビジネスの発想の有無で左右されるということ。当時はネットも始まったばかりだったので、お金のない人が原理原則に沿った主張をしても、声を届けられるのはせいぜい1万人。一方、ビジネスの発想を持っている人が何か言うと、内容にかかわらず100万人、1000万人が聞いてくれる。もし自分が世の中を本気で変えようとするなら、ビジネスのことを理解しておく必要かあるんじゃないかと。


宮田玲(経営者)

私から父に「ぼくが継ぐべきなのか」と聞いても、「自分の好きにしたらええ」と言うばかりでした。結局、私は継ぐつもりなど、まったくなかったというのが、正直なところです。でも最終的には、私は自分の意思で家業を継ぐと決め、自分から父に「やらせて(入社させて)ください」と言いました。だから、絶対にやり通さなければいけない、少なくとも次の代にきちんと引き継ぐまでは、この会社の火を灯し続けないといけない、という使命のようなものは感じています。これが、親に「継げ」と言われて継いでいたとしたら、「この事業は成長しなくてもしかたない」などという逃げの意識が、もしかしたらあったかもしれません。その意味では、父から継げと言われなかったのはよかったと思います。