名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岡ノ谷一夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岡ノ谷一夫のプロフィール

岡ノ谷一夫、おかのや・かずお。日本の動物行動学者。東京大学教授。栃木県出身。慶應義塾大学文学部卒業後、米国メリーランド大学大学院で博士号を取得。千葉大学助教授、理化学研究所脳科学総合研究センター生物言語研究チーム・チームリーダー、ERATO情動情報プロジェクト総括などを経て、東京大学総合文化研究科教授に就任。動物行動学の立場から言語やコミュニケーションについて研究をしている。『言葉はなぜ生まれたのか』『さえずり言語起源論』『「つながり」の進化生物学』ほか。

岡ノ谷一夫の名言 一覧

ビジネス界では「報告、連絡、相談」の頭文字を並べただけで、情報の「生産」がないし、創造性もない。「ほうれんそうそう」に補強して、最後にもうひとつ「そう(創造)」をつければ、コミュニケーションに使えるかもしれない。


仕事のうえの批判はきちんとできて、かつ心から嫌い合うことは避ける。言いたいことを言い合い、かつ信頼性を維持するという関係性を作ることが大切です。


漠然とした指示は部下を混乱させる。


コミュニケーションでは場の共有、情報の共有のふたつが共に大切です。どちらかだけでは間違ってしまいます。情報の共有の場合はとかく「情報習慣病」に陥りがちです。メールやネットでつながっていると思い込む「情報習慣病」は、実際には何の情報も行き来していないのに、それだけ仕事をしたつもり、友情を育んだつもりになってしまいます。場の共有では、たとえば相手を殴ったり、抱き締めたりできる。そんな究極的な感情表現もありうるのです。


私は、さえずりから心を伝える言葉ができてきたのではないかと考えています。動物が持っている能力で言葉とかかわりがあるのが歌。歌うのは小鳥ばかりではありません。鯨やテナガザルなど多くの動物が歌います。昆虫にもいます。歌う機能から言葉に至る進化の道筋も実に好奇心を刺激します。


生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。


人の心はコミュニケーションから生まれたものであり、言葉で心を伝えるのがコミュニケーションだ、と私は考えています。心はコミュニケーションを通して進化してきたのだから、自分がコミュニケーション下手だと思っている人でも、実は決してそんなことはない。下手なのだと思ってしまうのは、要請されているコミュニケーションが狭い範囲の能力を指しているからだ。


岡ノ谷一夫の経歴・略歴

岡ノ谷一夫、おかのや・かずお。日本の動物行動学者。東京大学教授。栃木県出身。慶應義塾大学文学部卒業後、米国メリーランド大学大学院で博士号を取得。千葉大学助教授、理化学研究所脳科学総合研究センター生物言語研究チーム・チームリーダー、ERATO情動情報プロジェクト総括などを経て、東京大学総合文化研究科教授に就任。動物行動学の立場から言語やコミュニケーションについて研究をしている。『言葉はなぜ生まれたのか』『さえずり言語起源論』『「つながり」の進化生物学』ほか。

他の記事も読んでみる

村上龍

「どうすれば後悔しないで生きていけるか」を一度考えてみてはどうでしょうか。人生でもっとも恐ろしいのは失敗ではなく後悔です。失敗はリカバリーできることもありますが、「あのとき、こうしていれば」という後悔は、取り返しがつかず、一生背負うことになります。


前澤友作

少しシビアな見方かもしれないけど、僕が本当にやりたいことは僕らを取り巻く社会システム、世の中のしくみが変わらないと、考え方として通用しない。だから、どっかで何か働きかけをしないと、僕が本当にやりたいことは出来ないなって思ってます。


山内雅喜

クール宅急便の開発の時もそうでしたけど、当時の会社の利益から考えれば投資額は、それを数倍上回るものでしたから。当時、失敗すればどうするのだろうと思っていましたが、今あらためて思うと、勇気ある決断をしたのだなと思いますね。その代わり、裏では大変な苦労をしながらも検討を重ね、決断する。決めた以上、リーダーが責任を取る形を取らないと、社員は一緒について行こうとは思いません。その決断と裏腹にある責任をリーダーは必ず持たねばならないでしょう。


古田英明

学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


南場智子

予期せぬ壁が唐突に立ちはだかったとき、ダメージを受けて「もうダメだ」と力が抜けてしまう人と、逆に「この問題を解決して次につなげよう」と闘志が湧いてくる人がいます。当然後者の人材が優れているわけですが、そんなふうに闘志を燃やせる人の共通点は、ネガティブな状況が生じた際に「ひと(誰が問題か)」ではなく「こと(何が問題か)」に向き合う姿勢にあると思います。


吉山勇樹

仕事にハプニングやトラブルはつきもの。それを前提にしたスケジュールを組まなければ、パンクしてしまうのも当然。リスクを考慮したうえでのスケジュール設定は非常に重要。1日8時間働くとしたら、5時間でできる予定にとどめておく。あるいは、1時間で終わると見積もった仕事でも、1.5時間とっておく。こうした余裕をもったスケジュールのほうが、結局早く仕事が終わることが多い。


佃和夫

私は矜持という言葉を大切にしています。人も企業も自信と責任を失ってはいけません。矜持を持って接し、双方の立場を理解してこそ信頼感が生まれます。


甲州賢

僕はJTB時代に旅行を売っていたわけではないし、リクルートでも広告を売っていたわけではありません。いまも生命保険を売っているつもりはないんです。セールスという仕事は、お客さんのために解決策を提案することですから。


安渕聖司

規則正しい生活を始めて10年ほどになります。ゼネラル・エレクトリック(GE)日本法人の経営の仕事を引き受けた時に、私自身が疲労感を露わにしていたり、急に体調不良で午前中休むというわけにはいかないと考えました。毎日、それぞれの時間にベストを尽くすにはまず体調づくりが大事だと考えたのです。


坂根正弘

「強みを伸ばす」という発想は、大学受験の時に身についたのかもしれません。高校時代の私は、嫌いな学科は全く勉強する気が起きなかった半面、得意だった理数系の科目は非常に面白いと思い、よく勉強しました。超難関大学に行くつもりなら「苦手科目を克服する」という勉強方法を取るのが普通なんでしょうが、私は「得意科目を伸ばして、行けるところに行くのが一番」と思っていた。結果、大阪市立大学工学部に入学しました。


大塚周一

コスト競争力という観点では、日本人の今までのやり方だけでは勝てない。


鈴木あや(IBM)

冗長なメールの書面に目を通すのは大変です。二次的な内容は添付ファイルやリンクを活用し、容姿は一画面で見渡せるよう、コンパクトにまとめてあると好感が持てます。