名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

山里亮太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山里亮太のプロフィール

山里亮太、やまさと・りょうた。日本のお笑い芸人。千葉県出身。関西大学文学部教育学科卒業、吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。漫才コンビ「南海キャンディーズ」を結成。テレビドラマ、映画などでも活躍した。

山里亮太の名言 一覧

能力のレーダーチャートをきれいな五角形にする必要はない。二等辺三角形とか、なんなら一直線でもいい。苦手なものを克服しようとしている時間って、案外もったいなかったりするよ。


「嫉妬するなんてみっともない」って思うのも努力から逃げるためのもっともらしいブレーキ。嫉妬という負の感情でも、ガソリンに変えて頑張ることができたら俺の勝ち。そう思うように、俺はしてる。


最初は自分を絶対に受け入れてくれるってわかっているファンの前でネタを仕込んでみる。そこで駄目なら本当に駄目だけど、少しでもウケたら、その笑い声が外に出たとき必ず背中を押してくれる力になるから。俺もそうしてるよ。ファンに育ててもらうの。そうやって引き出しを増やしてくのが大事。


さんまさんとか、本当にすごいMCの人って、相手が「うん」って頷くだけで笑いをとれるような滑走路をトークのなかで敷いていくのよ。メンバーがどうやったらウケるか、空いた時間に考えるだけで新しい道が見つかるかも。


「トークの邪魔になるかもしれない」って躊躇するのは、ときに最大のサボり理由で、何もしない自分を肯定しちゃうんだよね。本当は自ら打席を手放しているだけなのに。だって調子のいいときは、「どうしたら邪魔にならずに入っていけるか」を考えるはずだもの。


引き出しを増やすコツは、増やそうと思って、日々を過ごすことかな。吸収しようという気持ちがあれば、それだけで変わる。でもまあ、これは俺のやり方だから、自分に合った方法で好き放題に頑張ればいいんだよ。そういう考え方もあるんだな、くらいにとどめておけば、何かの時に閃くことがあるかもしれないし。


ツッコミは、視聴者の心の声をいかに上手に見せるか。


プロレスに出会う前は、「全部自分が笑いで落として、全部自分で打たないと」っていう、目標というか使命感があったんですよ。でもそうじゃなくて、目の前にいる人にポンッてトスを出す。これも同じくらい面白いことなんじゃないかって思うようになりました。


この世界に入って天才と呼ばれる人たちを目の当たりにしてきて、枠に収まりがちな自分に劣等感を抱いていた時期もあるけど、俺がいることで場が成立して面白くなるなら何より嬉しいって気づいてからは、自分の武器を磨いていこうって決めた。そこで、型破りな先輩たちに並ぶ攻撃力を持つことができれば、この世界でも戦っていけるでしょ?


今、世の中にはいろんなエンターテインメントがあるけど、端から偏見の目で見てしまって、すぐシャッターを下ろしちゃう。でもプロレスを覚えると、他のエンターテインメントも全部面白くなるんですよ。テレビも映画も舞台も。エンターテインメントを楽しむっていう気持ちを一番わかりやすく教えてくれるのがプロレスだから、観に行ってみると、芋づる式にすべてのエンターテインメントが面白くなる。


山里亮太の経歴・略歴

山里亮太、やまさと・りょうた。日本のお笑い芸人。千葉県出身。関西大学文学部教育学科卒業、吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。漫才コンビ「南海キャンディーズ」を結成。テレビドラマ、映画などでも活躍した。

他の記事も読んでみる

藤田晋

客の関心や好みは、「山の天気」のようにどんどん変わる。変化の兆候を誰よりも先に気づくのは現場。現場で働いていないと、変化に対応できない。


小島慶子

私の場合、ネガティブな反応や意見に対してただ落ち込むのではなく、その奥にあるものが何かを考えます。「なぜその人はそんなことを言ったのだろうか」と。もっと考えて、「自分も似たようなことを言っていないか」「あるいはその萌芽が自分の中にも秘められていないか」……と深く考えていけば、自分自身の一面を知ることにつながります。


太宰俊吾

海外に行くなら欧米よりも、同じ東洋人として親しみの持てるアジアがいいと思っていました。当時はインドネシアを進んで希望する社員がいなかったので、私でいいということになったんです。
【覚書き|52歳でインドネシア法人の社長として現地へ赴いた当時を振り返っての発言】


森田勉(経営者)

私は競輪でも麻雀でもゴルフでも、徹底的に極めないと気が済まない。たとえば競輪などは勝てばエキストラマネーが入ってきますよね?負けるのは嫌ですから、どうしたら儲かるのか徹底的に研究します。この間もテレビで「歩く競輪百科事典」なんて紹介されたんですが、日本中の競輪場のバンクの癖、選手の癖などすべて頭に入っています。他にも、どうしたらゴルフ初心者が5ヶ月で100を切れるのか、レッスンプロの教え方のどこに間違いや問題があるのかということについても徹底的に研究しました。


ジェームス・スキナー

自分の夢に到達するまでの道が見えていなければ、行動を起こせばいい。あなたの支援をしようと現れてくる資源の多さに驚くに違いない。


松井道夫

会社と顧客は信用市場で、同じように、リスクを負っている。掛け目0とは、そのリスクをすべて顧客に押し付けたことを意味している。業界では非常識すぎて話にならない。(覚書き|マネックス証券がライブドア株急落前にライブドアと関連会社の担保能力を予告なく掛け目ゼロにしたことについての発言。経営者としてはリスクを最小にするための決断であるが、顧客にとってはマイナス面があり賛否両論がある。顧客重視の松井証券にとっては受け入れられない経営判断のため出た批判コメント)


河合敦

幕末は国家存続の危機でした。だから身分序列を超越し、有能な下級武士を抜擢して藩政に参画させる必要が出てきたのです。松陰、西郷、大久保、龍馬はみんな下級武士ですが、彼らが活躍できた背景には、そうした時勢が関係しているのです。


木瀬照雄

2ランク上の立場から自分の仕事を見ることが大切です。課長なら役員、部長なら社長の立場で自分の仕事を見るのです。自分が社長だったらと考えることで日常の仕事が違って見えます。


小池利和

当社には失敗を許容するおおらかな社風があります。役員にも成功より失敗の方が多い人間が目立ちます。未知の分野に挑めば失敗の確率が高くなる。信念を持ってビジネスの必要性を訴え、最終的に会社がゴーサインを出した事業で失敗したなら、その責任は言い出した本人ではなく経営者にあります。


張忠謀(モリス・チャン)

もしある社員が午前8時から午後6時半まで仕事をしたとすれば、6時半以降のその社員の判断力はあまり信用したくない。


水野学

顧客にはできる限り事務所に来ていただいています。途中で資料が必要になっても、社内ならすぐに提示できる。一度、持ち帰るという無駄が解消できるのです。


永井浩二(経営者)

一発勝負で成功すればいいが、もし失敗して格付けがあと1ノッチ(格付けの最小単位)下がれば、この会社はどうなるか。海外から全面撤退して、ドメスティック(国内だけ)な証券会社に戻らないといけなくなる。そんなリスクは取れない。
【覚書き|「再建計画の期間が長すぎるのでは?」と問われての発言】