山里亮太の名言

山里亮太のプロフィール

山里亮太、やまさと・りょうた。日本のお笑い芸人。千葉県出身。関西大学文学部教育学科卒業、吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。漫才コンビ「南海キャンディーズ」を結成。テレビドラマ、映画などでも活躍した。

山里亮太の名言 一覧

能力のレーダーチャートをきれいな五角形にする必要はない。二等辺三角形とか、なんなら一直線でもいい。苦手なものを克服しようとしている時間って、案外もったいなかったりするよ。


「嫉妬するなんてみっともない」って思うのも努力から逃げるためのもっともらしいブレーキ。嫉妬という負の感情でも、ガソリンに変えて頑張ることができたら俺の勝ち。そう思うように、俺はしてる。


最初は自分を絶対に受け入れてくれるってわかっているファンの前でネタを仕込んでみる。そこで駄目なら本当に駄目だけど、少しでもウケたら、その笑い声が外に出たとき必ず背中を押してくれる力になるから。俺もそうしてるよ。ファンに育ててもらうの。そうやって引き出しを増やしてくのが大事。


さんまさんとか、本当にすごいMCの人って、相手が「うん」って頷くだけで笑いをとれるような滑走路をトークのなかで敷いていくのよ。メンバーがどうやったらウケるか、空いた時間に考えるだけで新しい道が見つかるかも。


「トークの邪魔になるかもしれない」って躊躇するのは、ときに最大のサボり理由で、何もしない自分を肯定しちゃうんだよね。本当は自ら打席を手放しているだけなのに。だって調子のいいときは、「どうしたら邪魔にならずに入っていけるか」を考えるはずだもの。


引き出しを増やすコツは、増やそうと思って、日々を過ごすことかな。吸収しようという気持ちがあれば、それだけで変わる。でもまあ、これは俺のやり方だから、自分に合った方法で好き放題に頑張ればいいんだよ。そういう考え方もあるんだな、くらいにとどめておけば、何かの時に閃くことがあるかもしれないし。


ツッコミは、視聴者の心の声をいかに上手に見せるか。


プロレスに出会う前は、「全部自分が笑いで落として、全部自分で打たないと」っていう、目標というか使命感があったんですよ。でもそうじゃなくて、目の前にいる人にポンッてトスを出す。これも同じくらい面白いことなんじゃないかって思うようになりました。


この世界に入って天才と呼ばれる人たちを目の当たりにしてきて、枠に収まりがちな自分に劣等感を抱いていた時期もあるけど、俺がいることで場が成立して面白くなるなら何より嬉しいって気づいてからは、自分の武器を磨いていこうって決めた。そこで、型破りな先輩たちに並ぶ攻撃力を持つことができれば、この世界でも戦っていけるでしょ?


今、世の中にはいろんなエンターテインメントがあるけど、端から偏見の目で見てしまって、すぐシャッターを下ろしちゃう。でもプロレスを覚えると、他のエンターテインメントも全部面白くなるんですよ。テレビも映画も舞台も。エンターテインメントを楽しむっていう気持ちを一番わかりやすく教えてくれるのがプロレスだから、観に行ってみると、芋づる式にすべてのエンターテインメントが面白くなる。


山里亮太の経歴・略歴

山里亮太、やまさと・りょうた。日本のお笑い芸人。千葉県出身。関西大学文学部教育学科卒業、吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。漫才コンビ「南海キャンディーズ」を結成。テレビドラマ、映画などでも活躍した。

他の記事も読んでみる

清水克彦(報道キャスター)

自分より部下のほうが得意なことがあれば、謙虚に教えを請うべき。自分はITが苦手でも、部下はパソコンの達人なら、素直に教えてもらえばいいのです。上司が自分を頼ってくれば、部下も「自分は信頼されている」と実感します。そして上司が「僕はパワポが苦手だから、達人の君に頼めないかな」と頼んだときも、快く引き受けてくれる。しかも、自分でやるより速く仕上がります。


田中良和(GREE)

競合の参入をいかに防ぐかが、戦略を考える上では重要。


芳賀繁

リスクに対して鈍感であれば、ミスが減ることはない。


俣野成敏

会社にいると、上司との人間関係など気持ちがすり減る機会は少なくありません。前向きな気持ちを保つのは難しいことです。でも、会社はスキルは教えてくれますが、マインドは個々人任せ。心の持ちようは会社外で習うしかないわけです。


田村順子

笑い方にもいろいろありますが、ムスッとした中にも笑いがある人、ニッとした笑いを見せる人。その笑いの雰囲気で、その人の品格ややる気満々かどうかもわかります。


坂之上洋子

次のステージ、とくに別の分野で活躍するのは難しいと思われがちですが、お金のことを考えて、これなら最低限困らないという自信があれば、飛び込む勇気をもって、大胆にリスクをとる。そういうバランス感覚のあるステップアップをやれるかどうかが肝だと思います。


中村貞裕

ブランディング・プロデューサーという職業の地位を築き上げるためにも、そしていろいろな人に知ってもらうためにも、たとえば雑誌などへの露出も大切な仕事でした。また、ノーギャラであっても、面白いと思った仕事や旬な人が出ているイベントであれば、迷わず参加しました。そのような仕事を積み重ね、自分の価値を上げるための努力をしてきたからこそ、今の仕事スタイルやプロデューサーとしての仕事ができているのだと思います。


塚越寛

成果主義や能力給では、会社の「和」は保てず、全社一丸となって事に当たるのが難しくなる。


草刈正雄

テレビや映画の仕事が減っていった30代半ばの低迷期に、若尾文子さんに舞台やりなさいよ、と。いきなり舞台と言われても、いやぁ、こわかったです。僕のようなポッと出の俳優にとって、実力を問われる舞台に上がるのは覚悟をともなうことでした。実際、初舞台の『ドラキュラ その愛』では客席との距離の近さを感じて大変でしたが、どうにか舞台に立ち続けました。それが自分の自信になり、その後、フィルムに戻って演技をするときの糧にもなりました。


東山紀之

芸能界は競争が厳しいですから、その都度やっているということでは間に合わない。常に先のことを考えながら、24時間、寝ているときでも役づくりの準備に向かっていないといけません。セリフを覚えるときなどは、家族に言わせれば、寝言でセリフを言っているときもあるようです。それは世のビジネスマンと同じだと思います。


山田義仁

当社はどんどん新規事業にトライしていきます。しかし、闇雲に手を拡げるとリソースが分散してしまい、逆に強い事業に悪影響を与えてしまう可能性がある。新規事業の全てが成功するわけではないので、きちんとマネージメントする必要があります。


飯野修一(経営者)

9800円だと安物と思われる危険性がありますが、1万円だと企業努力と感じてもらえます。


神谷一雄

遺伝的なものはどうにもならない、という向きもありますが、私は祖父も父も癌で亡くしましたが祖父と父の亡くなった歳を超える年齢になっています。癌の遺伝的な要素も、自分の努力で、それが表に出てこなくなるのではないかと思います。


坂野尚子

女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


ハーマン・サイモン

「顧客が何を求めているか」に立ち返ることが重要だ。独り善がりのこだわりはコアコンピタンスではない。


ページの先頭へ