山路敬三の名言

山路敬三のプロフィール

山路敬三、やまじ・けいぞう。日本の経営者。キヤノン社長。東京大学理学部を卒業後、キヤノンに入社。ズームレンズの開発に携わったのち、30代半ばで非カメラ部門を担当。キヤノンの多角化に貢献する。その後、社長・会長を務める。日本テトラパック会長なども務めた経営者。

山路敬三の名言 一覧

私が社長らしくない社長になって、大切なことには積極的に首を突っ込み、現場主義で行こうと考えたのは、当時からキヤノンにも大企業病のきらいが少し表れていたからだ。


山路敬三の経歴・略歴

山路敬三、やまじ・けいぞう。日本の経営者。キヤノン社長。東京大学理学部を卒業後、キヤノンに入社。ズームレンズの開発に携わったのち、30代半ばで非カメラ部門を担当。キヤノンの多角化に貢献する。その後、社長・会長を務める。日本テトラパック会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

試験勉強の過程で学んだ内容が自分の糧となることもあります。履歴書には書けないような資格であっても、そこで得た知識が仕事をしていくうえで大きなプラスとなることがあります。


匠英一

「○○さんも愛用!」といった有名人のコメントがあると、信用度がグッと上がり、購買意欲が高まります。これを「後光効果」と言います。特に男性は、権威的なものに弱い傾向があるので有効。著名な大学教授や医者などのお墨付きがあると、「○○先生が言っているんだから、いいものに違いない」と、買っていく確率がアップするんです。


泉谷しげる

別の角度から見てみたらいいんだよ。絶対違うやり方が見つかるって。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格が必要になってから急に勉強し始めるのでは遅い。人に先だって勉強して、いざというときの備えとして、早いうちに資格を取っておくべき。


平野友朗

仕事中、無意識にメールフォルダを開くクセがついていませんか。そのたびに業務が中断され、集中力が削がれます。無意識のメールチェックは、業務の効率を著しく下げる要因です。解決策は、「1時間に1回」などとルールを決めて、意識的にコントロールすること。


南部靖之

社会のニーズに応えるのが目的ではなく、働く側の立場で世の中の問題点を発見し、いかにそれを解決するかを考え続けました。「なぜ、子育てを終えた女性の働く場所がないのか」「なぜ、定年退職者の豊かな知識と経験を企業で活用できないのか」といったことです。正社員での採用があるなら、採用しやすい仕組みをつくればいい。そのひとつが人材派遣でした。


石原明彦(経営者)

小学生の頃から起業したいと思っていたので、小さな会社を経験するために、当時社員が5人程度のモバイル広告関連企業に就職しました。ベンチャー企業の立ち上げから、経営ノウハウを学びました。


松本洋(コンサルタント)

無理、無駄、ムラのある仕事のやり方を改善できれば、現状の人数でも売り上げを伸ばせたかもしれません。現状を疑い、データを収集分析し、正しい価値基準を再構築し、自らの頭で判断する姿勢が大切。


所ジョージ

この現実の中で楽しいことは何なんだろうって考えたほうがいい。どんな状況でも、考え方次第でいくらでもプラスは見つかりますよ。


末木紳也

MBAについては30年前から箔がつくと人気でしたが、ビジネススクールが乱立し、供給過多気味に。たとえMBAを持っていても結局は何ができるかを問われるため、企業はあまり重視していないようです。日本の企業文化にも根付きませんでした。


亀田啓一郎

中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


高橋智隆

今のニーズに応えることよりも、常に新しい提案を行い、時代の先を行く姿勢を大切にしています。


前原金一

エコノミストや評論家の中には「先行き不透明な時代だから」という枕詞をつけて話す人がいますが、私はその枕詞を聞いた瞬間に、その人の言うことを信用しないようにしています。いつの時代も将来は不透明ですが、経済という分野についていえば、しっかりと世の中の動きや統計を見ていれば、8、9割は先のことが分かるものです。不透明な中でも、予想できる範囲できちんと考えて断を下すのが経営者の仕事だと思います。


トム・ピーターズ

リーダーはチームメンバーの奉仕者であり、個々のメンバーの能力を遺憾なく発揮させ、最高のパフォーマンスを得るために尽くす存在。


磯崎功典

チャンスを与えられるのを待つだけでなく、自ら思うことは積極的に発言するべきです。聞き入れられないことの方が多いですが、ときには叶うこともあります。


ページの先頭へ