名言DB

9490 人 / 112001 名言

山西治男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山西治男のプロフィール

山西治男、やまにし・はるお。日本の英語指導者、翻訳家。國學院大學文学部教授。静岡県出身。明治大学大学院修了。英語学習法の書籍を多数執筆。

山西治男の名言 一覧

「1日3個は新しい単語を覚える」など低いハードルを設けて、ノートに単語や表現を書き留める習慣を身につけて欲しい。


文法にこだわるあまり、人前で話せなくなるのは日本人の悪い癖。前置詞や三人称単数現在の「s」などの細かい部分は後から勉強すればいいのです。


英語の基本は、とにかく「誰が」「どうする」をはっきりさせること。それゆえ、話すときは名詞と動詞を強く、それ以外の言葉は素早く弱く発音するだけでも、相手に言いたいことが伝わりやすくなるはずです。


懸命に単語を暗記しても、知っているだけのパッシブ・ボキャブラリーが増えるだけという人も多い。実際に使いこなせるアクティブ・ボキャブラリーを増やすには、意識的に手書きの機会をつくることが大切です。そして口に出して覚えましょう。


私が見てきた日本人の多くは、学生時代に文法も単語も勉強したのに、いざ話そうとすると知っているはずの英語でもすぐに出てこない……というパターンが大半でした。なぜこのようなことが起こるのか。その最大の要因は、日本語と英語は語順が違うからです。英語教材や英会話スクールでは、「英語で考えて英語で話しましょう」と指導することが多いようですが、これは英語学習者が目指す最終ゴール。生まれてからずっと日本語で考え、日本語で話してきた人が、いきなりこれを実践しようとしてもうまくいかないのは当然です。


英語の学習法はさまざまですが、私がお勧めしたいのは英語のビジネス書と翻訳本の読み比べです。ビジネス書は難しそうだと思うかもしれませんが、論理的に話が展開されているため、目次を地図代わりに全体の構造を確認しながら読み進めることができます。意外に難しいのが、絵本や物語。独特な言い回しや造語が使われていることが多いのです。「ハリー・ポッター」シリーズなども実はかなり難解。


英語の上達は自転車の運転に似ています。最初は親に支えられてペダルを漕ぎ始めますが、次第にコツをつかんで一人で乗れるようになります。同じように、英語もコツを会得するのは自分次第。学習を積み重ねると、英語に触れた際に、「あれっ!」とピンとくる回数が増え、いつの間にか英語が自分のものとなるはずです。


山西治男の経歴・略歴

山西治男、やまにし・はるお。日本の英語指導者、翻訳家。國學院大學文学部教授。静岡県出身。明治大学大学院修了。英語学習法の書籍を多数執筆。

他の記事も読んでみる

藤田田

傍観者ではダメである。どんな仕事でも、当事者になることが肝心である。


渡邉美樹

選挙期間中に「渡邉美樹はブラック企業だ」と書いたチラシを何十万枚と駅前で配られたんですよ。僕が新宿の駅に行ったときは、空気が全部、僕の敵。これは本当に怖いというか、プロパガンダの力というのはすごいなと。


石川光久

まずは下請けから始めたんですが、下請けを脱却して本当の意味で白分の仕事をしたというのは「イノセンス」になりますね。これはビジネスのスキームから変えていきましたから。これは原作の漫画があるんですが、許諾を含めて全部取りに行って、資金集めのために海外にまで出かけました。資金的にはアメリカのドリームワークスの存在は大きかった。結局、全部で50億円ほどのキャッシュが会社に集まったんです。


前川孝雄

上司の本音を聞くことも大切です。お互いの本音がわかっていると仕事がしやすくなりますから。


岩根茂樹

会社が大変な時だからこそ自分ができることを全力でやりたい。全社一丸となって、この危機を乗り越えていくしかない。


田臥勇太

あえて何かを伝えるとすれば、チャレンジすべきということ。最終的には本人がやりたいか、やりたくないかの話になってくる。だから少しでも興味があるんだったら自分の知らない世界に飛び込んでもらいたい。


澤田秀雄

褒めたほうが伸びる人もいれば、叱ったほうが伸びる人もいます。収入が増えることを喜ぶ人もいれば、仕事の内容や質が高まることを喜ぶ人もいます。私が右を向けと言っても、一割くらいの人は右を向かない。それが人というものではないでしょうか。


オグ・マンディーノ

挑戦し続けなさい。止めてはならない。状況は変わるものだということを常に信じていなさい。心は重く、体は傷つき、財布は空で、慰めてくれる人もいない。それでも耐えなさい。太陽が必ず昇るように、あなたの不運の時にも必ず終わりがくることを信じなさい。常にそうであったし、これからも常にそうなのだ。


香川真司

俺が一番大事にしているのは戦う姿勢。技術はその次といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対に負けないという意識を持たないと。そういう気持ちを常に持ってやっているのがいい方向に働いているのかな。


藤本篤志

営業マネジャーがやるべきことは、ふたつしかない。「ヒアリング」と「同行営業」である。ヒアリングと同行営業をまめに行うことで、営業の取りこぼしが減り、契約に至る件数が増える。


村瀬治男

従来の人事制度は、若い人はペーパーテストの資格制度を中心に評価し、上に行くほど成果に対するウェートが高くなる仕組みでした。それを「その仕事はどういうバリューがあるのか」と、仕事の内容をブレイクダウン(細分化)して、それぞれにバリューポイントを付け、そのバリューポイントについてその人がどれだけ結果を出すのかを見ていくことにあらためました。それだけ、従業員の働く意義や仕事の進め方の明確化が求められる時代になったのです。


似鳥昭雄

「ロマン」「ビジョン」「意欲」「執念」「好奇心」の5つが当社の経営哲学。ロマンとビジョンがあるから、「意欲」が出る。ビジョンは100倍以上のことを発想しますから、当然、意欲や情熱、熱意が出てくる。しかし、時には失敗して、途中で挫折しそうになったりします。だから諦めないで最後までやりぬくと。それが「執念」。そして、物事を進めていくには、知識や技能や経験が必要。ありとあらゆるものを見たり聞いたり、実行したり、経験したり、そういう「好奇心」を持とうということ。