名言DB

9419 人 / 110788 名言

山西治男の名言

twitter Facebook はてブ

山西治男のプロフィール

山西治男、やまにし・はるお。日本の英語指導者、翻訳家。國學院大學文学部教授。静岡県出身。明治大学大学院修了。英語学習法の書籍を多数執筆。

山西治男の名言 一覧

「1日3個は新しい単語を覚える」など低いハードルを設けて、ノートに単語や表現を書き留める習慣を身につけて欲しい。


文法にこだわるあまり、人前で話せなくなるのは日本人の悪い癖。前置詞や三人称単数現在の「s」などの細かい部分は後から勉強すればいいのです。


英語の基本は、とにかく「誰が」「どうする」をはっきりさせること。それゆえ、話すときは名詞と動詞を強く、それ以外の言葉は素早く弱く発音するだけでも、相手に言いたいことが伝わりやすくなるはずです。


懸命に単語を暗記しても、知っているだけのパッシブ・ボキャブラリーが増えるだけという人も多い。実際に使いこなせるアクティブ・ボキャブラリーを増やすには、意識的に手書きの機会をつくることが大切です。そして口に出して覚えましょう。


私が見てきた日本人の多くは、学生時代に文法も単語も勉強したのに、いざ話そうとすると知っているはずの英語でもすぐに出てこない……というパターンが大半でした。なぜこのようなことが起こるのか。その最大の要因は、日本語と英語は語順が違うからです。英語教材や英会話スクールでは、「英語で考えて英語で話しましょう」と指導することが多いようですが、これは英語学習者が目指す最終ゴール。生まれてからずっと日本語で考え、日本語で話してきた人が、いきなりこれを実践しようとしてもうまくいかないのは当然です。


英語の学習法はさまざまですが、私がお勧めしたいのは英語のビジネス書と翻訳本の読み比べです。ビジネス書は難しそうだと思うかもしれませんが、論理的に話が展開されているため、目次を地図代わりに全体の構造を確認しながら読み進めることができます。意外に難しいのが、絵本や物語。独特な言い回しや造語が使われていることが多いのです。「ハリー・ポッター」シリーズなども実はかなり難解。


英語の上達は自転車の運転に似ています。最初は親に支えられてペダルを漕ぎ始めますが、次第にコツをつかんで一人で乗れるようになります。同じように、英語もコツを会得するのは自分次第。学習を積み重ねると、英語に触れた際に、「あれっ!」とピンとくる回数が増え、いつの間にか英語が自分のものとなるはずです。


山西治男の経歴・略歴

山西治男、やまにし・はるお。日本の英語指導者、翻訳家。國學院大學文学部教授。静岡県出身。明治大学大学院修了。英語学習法の書籍を多数執筆。

他の記事も読んでみる

藤田晋

先月、「捨てる会議」という名の会議をやりました。これまで実施してきた数多くの事業や制度を1度見直し、「やめるべきもの」を決めようというものです。


有働由美子

取材のときは思い切ってできるだけストレートに質問するようにしています。相手が星野監督なら、「なぜそんなに怒るんですか」とか。私が質問すると、周りが静まりかえることが良くあります(笑)。でも、オブラートに包まないのが逆にいいのかもしれませんね。監督クラスになると、皆さん伝える言葉と受け止める寛容さをちゃんと持っていらっしゃいますから。


藤野英人

公開市場というのは誰もがアクセスできることが重要です。市場においては投資家に貴賤はなく、よい投資家や悪い投資家というのはあってはならない。


坂井宏行

断る勇気を持つことが大切。健康管理を徹底している。最高の料理をつくるためには、自身の健康が第一。体調が悪いときはつくらない勇気を持つことがお客への誠意。パーフェクトなサービスを提供できない時には断る勇気も必要。


和仁達也

チャンスを得られるかどうかは「人柄」が重要。たとえば同じ力の2人がいたとして、人柄がいい人と、気むずかしい人がいたとしたらどちらに仕事を頼みますか? 答えは明白でしょう。


森下一喜

「パズドラ」の前にも、結構面白いゲームは出していたのですが、売れなかった。その差は何かといえば、「運」の部分が大きいのではないかと思うんですよ。そう考えれば、ヒット作が出たからといって、驕りたかぶることはできない。


上野和典

会社の仕組みとして、商品化できるかどうか判断するシートもあって、そこに売上予測、費用などを書き込んでいくと、儲かるかどうかわかるような形になっている。ここでダメだったら、まず商品化はされません。


パトリック・ハーカー

ウォートンは日本だけで900人以上、世界130か国で73000人の同窓生ネットワークを抱えています。彼らがウォートンに何を期待し、どんな人材を輩出してほしいと考えているのか。これに応えるのが私の使命です。そうすることでウォートンで取得したMBAは世界で通用する国際パスポートになるのです。


白河桃子

キーワードは、「一律から多様」「他律から自律へ」「量から質」だと思います。日本の組織では、「部下は上司の指示どおりに動く」という他律的な関係ですが、それでは思考や行動が受動的になってしまう。指示も明確ではないので、もし、その成果物が上司の意図と違えばやり直し。結果、生産性は低下し、残業も増える一方です。


ケリー・マクゴニガル

私が提案しているのは、「自分もモラルを高揚させることができる」と考えること。コミュニティーでちょっとした親切な行動を取ることで、ほかの人に希望とエネルギーを与えることができる。そうすれば、今度はその人たちが「コミュニティーに力を与える行動」を取ることにつながる。小さな行為が社会に広がり、大きなうねりになっていく。