名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

山田雅裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田雅裕のプロフィール

山田雅裕、やまだ・まさひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。岐阜県出身。大学卒業後、未来工業に入社。松本営業所長、製造企画課長、山形工場長、監査室長、神保電器社長などを経て未来工業社長に就任。

山田雅裕の名言 一覧

業務を改善する方法を思いついたら、どんどん提案するといい。その提案が実施されるとミスが減るだけでなく、仕事もスムーズに進むようになる。


ミスや失敗は、人として成長していくために必要なもの。深く考えるきっかけになるし、ミスや失敗をすればするほど、「このままではミスがまた起こるかも」といった皮膚感覚的な気づきも身につく。


ミスや失敗は誰でも必ずします。だから、「ミスしちゃダメだ」なんて考えなくていい。ミスを怖がりすぎていたら、無難でつまらない仕事しかできなくなりますよ。


未来工業のスローガンは、「常に考える!」ですが、「常に考え、自主的に働く」ことは、本当に大切です。これを習慣化できれば、それだけでミスや失敗は大幅に減ると思います。「常に考える!」というスローガンを社内のどこにいても必ず目につくように貼っています。


「やらされている」という感覚で仕事をしている人は、責任感があまりなく、ミスをしても他人事として捉えるので、反省しにくい。常に自分の頭で考えて、自主的に行動する。それだけで、仕事のミスは減る。


「初めてのミス」と「同じミス(の繰り返し)」では全く違う。何度ミスをしても構いませんが、「同じミス」は繰り返してはいけません。「同じミス」を繰り返すと、周りは「またかよ」「成長していないな」などと不満を持ち、職場の雰囲気が悪くなる。


世の中にはミスをした部下に「反省しろ!」と怒鳴る上司がいたりしますが、あれはダメですね。「人の失敗を叱れるほど、おまえは偉いんか」と言いたい。部下がミスをしたら、「そうか、ミスしたか。次からどうする?」でいい。叱る行為そのものが、エネルギーと時間のムダです。


電材は法規制に縛られた世界で、技術力などで差別化はしにくい。その代わり、品揃えを充実させることで勝負しています。多くはほとんど売れない商品で、年間数個しか数が出ないものすらある。しかし積み上げたラインアップがあるからこそ、顧客は当社を選んでくれるし、他社に同じことは出来ない。


提案書(業務の改善案)を出すと、必ずお金がもらえる制度があります。良い提案をすると最大で3万円の報奨金がもらえますが、内容に関係なく「参加賞」として必ず500円がもらえます。提案数でも報奨金が設定してあり、年間で200件以上の提案をすると、それ以外で15万円を手にできます。この話をすると、「未来工業はカネで社員を釣るんか!」と言われたりしますが、私は「そうですよ!」と即答しています。お金をもらって、うれしくない人なんていませんからね(笑)。お金がもらえて、皆の役にも立つということで、競争するように改善案が次々と出てきます。


未来工業は社員の自主性を尊重しています。よくある「報連相」も強制しません。最低限の情報さえ共有していればいいというスタンスです。社内では「自由に、好きに仕事をしていい」という考えが浸透していて、管理職にも「部下に命令するな、好きにやらせろ」と言っています。だから、うちの社員は、「常に自分の頭で考えて行動する」ことが身についています。


山田雅裕の経歴・略歴

山田雅裕、やまだ・まさひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。岐阜県出身。大学卒業後、未来工業に入社。松本営業所長、製造企画課長、山形工場長、監査室長、神保電器社長などを経て未来工業社長に就任。

他の記事も読んでみる

山崎元

仕事で不愉快なことがあってモチベーションが下がったときに、趣味やお酒などで気晴らしをする人も多いでしょう。しかし、これらで仕事の憂さ晴らしをするべきではありません。一時の気晴らしになったとしても、仕事の状況が変わらなければ、時間を空費し、くたびれ、場合によっては散財してしまい、徒労感だけが残ることになります。仕事の問題はあくまでも仕事の中で解決し、モチベーションを回復させるべきです。


伊達公子

年齢を経ていくと人生が下降していくようなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、私は決してそうではないと思います。たくさんの経験があるということは、それだけ選択肢をたくさん持っているということ。大事なのは、それをフルに活用するつもりで、日々前進することを忘れないことだと思います。


楠本修二郎

社内も、ガチガチの縦社会ではダメ。人事面での私の仕事は組織を壊すこと。なるべく会議だけで物事を決めないようにして、代わりに企画と運営の垣根を越えた、意見交換会を開いたりしています。


窪田良

成功に至るカギはほかにもありましたが、優れた仮説を構築できたことが2年で新規化合物を見つけられた要因です。


山田淳

成長とは、いまの自分の否定から始まります。「現状から何ができるか」を考えるのではなく、「いま何をしなければならないか」を考えるのです。


ひろゆき(西村博之)

とにかく、需要と供給の問題で、すべての人間が幸せな生活をしていたら、インターネットなんかで暇つぶしをする必要は別にないと思うんですよ。リアルの幸せがあるのに、インターネットに時間を使うということは、現実社会にどこか不満を感じているからじゃないんですかね。


高橋智隆

イノベーションを生むために必要なのは、プロジェクトを民主的に進めないこと。合議制で民主的に多数決でもとれば必ず「平均的なもの」になってしまう。


田中良和(GREE)

1990年代を中高生として過ごした私は、世の中に対して大きな違和感を抱えていました。というのも、バブルが崩壊した当時の日本は、努力しても意味がない、どうせ何も変わらないから、頑張るだけバカらしい、そんな雰囲気に包まれていたように思えたからです。そうしたなか、出会ったのがシリコンバレーやインターネットでした。そこで働いていたのは、経験も実績もない若者ばかり。まだウェブやメールが普及するなんて夢のような話だった頃ですが、彼らの目は輝きにあふれていました。情報発信やコミュニケーションのあり方を変えるんだ――。そんな情熱を語りながら仕事に没頭する姿に衝撃を受けたことが、当社のミッションの原点となっています。


大谷義武

空き家が問題になっていますが、実は賃貸マンション・アパートの空き家のほうが多く、合計819万戸の空き家のうち、実に過半数以上の471万戸を共同住宅の空き家が占めているのです。外から見ただけではわからなくても、実は入居者がぽつぽつと入っているだけの「虫食い」状態になっている物件は数多くあります。こうした物件を放置するのは、治安の面からも問題です。我々がそうした物件を買い取り、再生する。そして改めて入居者を集め、満室にしたうえで、お客様に販売する。こうすることで、空室問題を解決しつつ、お客様に利益を得ていただくことができる。それが当社のビジネスモデルなのです。


金指潔

自分たちの若いころを考えると、権威に反発し、拒否反応があるのが当たり前でした。話を全部受け止めてしまうのではなく、僕ならこう考えるという学生の方が、健全だと感じます。


横山通夫

私は平社員の時も、社長、会長時代も常に「16番目の選手たれ」の気持ちを忘れずに過ごしてきたつもりだ。


大儀見浩介

目標をどう捉えるかで、成長、やる気、パフォーマンスが大きく変わる。