名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田雅裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田雅裕のプロフィール

山田雅裕、やまだ・まさひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。岐阜県出身。大学卒業後、未来工業に入社。松本営業所長、製造企画課長、山形工場長、監査室長、神保電器社長などを経て未来工業社長に就任。

山田雅裕の名言 一覧

業務を改善する方法を思いついたら、どんどん提案するといい。その提案が実施されるとミスが減るだけでなく、仕事もスムーズに進むようになる。


ミスや失敗は、人として成長していくために必要なもの。深く考えるきっかけになるし、ミスや失敗をすればするほど、「このままではミスがまた起こるかも」といった皮膚感覚的な気づきも身につく。


ミスや失敗は誰でも必ずします。だから、「ミスしちゃダメだ」なんて考えなくていい。ミスを怖がりすぎていたら、無難でつまらない仕事しかできなくなりますよ。


未来工業のスローガンは、「常に考える!」ですが、「常に考え、自主的に働く」ことは、本当に大切です。これを習慣化できれば、それだけでミスや失敗は大幅に減ると思います。「常に考える!」というスローガンを社内のどこにいても必ず目につくように貼っています。


「やらされている」という感覚で仕事をしている人は、責任感があまりなく、ミスをしても他人事として捉えるので、反省しにくい。常に自分の頭で考えて、自主的に行動する。それだけで、仕事のミスは減る。


「初めてのミス」と「同じミス(の繰り返し)」では全く違う。何度ミスをしても構いませんが、「同じミス」は繰り返してはいけません。「同じミス」を繰り返すと、周りは「またかよ」「成長していないな」などと不満を持ち、職場の雰囲気が悪くなる。


世の中にはミスをした部下に「反省しろ!」と怒鳴る上司がいたりしますが、あれはダメですね。「人の失敗を叱れるほど、おまえは偉いんか」と言いたい。部下がミスをしたら、「そうか、ミスしたか。次からどうする?」でいい。叱る行為そのものが、エネルギーと時間のムダです。


電材は法規制に縛られた世界で、技術力などで差別化はしにくい。その代わり、品揃えを充実させることで勝負しています。多くはほとんど売れない商品で、年間数個しか数が出ないものすらある。しかし積み上げたラインアップがあるからこそ、顧客は当社を選んでくれるし、他社に同じことは出来ない。


提案書(業務の改善案)を出すと、必ずお金がもらえる制度があります。良い提案をすると最大で3万円の報奨金がもらえますが、内容に関係なく「参加賞」として必ず500円がもらえます。提案数でも報奨金が設定してあり、年間で200件以上の提案をすると、それ以外で15万円を手にできます。この話をすると、「未来工業はカネで社員を釣るんか!」と言われたりしますが、私は「そうですよ!」と即答しています。お金をもらって、うれしくない人なんていませんからね(笑)。お金がもらえて、皆の役にも立つということで、競争するように改善案が次々と出てきます。


未来工業は社員の自主性を尊重しています。よくある「報連相」も強制しません。最低限の情報さえ共有していればいいというスタンスです。社内では「自由に、好きに仕事をしていい」という考えが浸透していて、管理職にも「部下に命令するな、好きにやらせろ」と言っています。だから、うちの社員は、「常に自分の頭で考えて行動する」ことが身についています。


山田雅裕の経歴・略歴

山田雅裕、やまだ・まさひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。岐阜県出身。大学卒業後、未来工業に入社。松本営業所長、製造企画課長、山形工場長、監査室長、神保電器社長などを経て未来工業社長に就任。

他の記事も読んでみる

ピエール・ナンテルム

IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


今村暁

目が覚めてからウトウトしている時は、脳が潜在意識に働きかけています。そこで「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」といったネガティブなことを考えると、その日1日の行動パターンもマイナス思考になる。逆に、プラスイメージの情報を脳にインプットしたり、あるいは気分がいいと感じる動作や行為をすることで、1日をポジティブに生きるクセがつくんです。


アレックス・ラミレス

私は強いメンタルを保つための準備を習慣化して、毎日必ずこなすようにしています。たとえば毎晩、2種類のDVDを観ます。ひとつは翌日対戦するチームとの試合を収録したDVDと、もうひとつはその日の自分のバッティングフォームを収録したDVDです。私がバッターのときにキャッチャーがどんな配球をしているか研究するのです。これは狙い球を絞るためでもあるのですが、メンタルを強くする意味合いが大きい。こうしておくと、「僕は相手のバッテリーよりも一歩先んじているぞ」と思えて、有利な気分で打席に立てるのです。ここで大事なのは気持ちをポジティブにすることです。ひととおりチェックしたあとに、ホームランを打ったときの映像を観ることもよくあります。


江上剛

高田馬場支店の支店長時代、一人ひとりに今年やりたいことを書いてもらったことも効果的でした。「新規開拓の実現」「英語の資格を取りたい」など、掲げた目標は人それぞれでしたが、目標が明確になれば、残業削減が他人事ではなくなります。自分の時間を確保するためには、自分で残業を減らさなくてはいけないという意識がみんなに芽生えたのです。


鳥井信宏

これからの課題は、仕組み作りだと思います。今までは、私がハンズオンでやってきたところもありますが、これからはもう少し仕組みで仕事をやっていかなければいけない。


熊谷正寿

自分でつくっていない会社というのは、いつか化けの皮が剥がれてしまう。


植木理恵

悩むのは嫌かもしれませんが、決して意味のない時間ではありません。ある程度悩んだほうが自己合理化できて、後々、モチベーションの維持が可能になります。


小山昇

組織の名前を変えると、人の意識が変わります。昔、本社に「事務管理部」がありました。その時は事務しかやりませんでしたが、「営業サポート部」に変えた途端、お客様対応を積極的にやるようになりました。働く人の意識が「事務」から「営業」に変わったからです。「カスタマイズ事業部」も「コンサルティング事業部」に変えたら、売上が倍になりました。「カスタマイズ」の頃は、お客様から言われたことを形にするだけ。それが「コンサルティング」になったことで視野が広がり、仕事の幅が広がったのです。


吉永泰之

米国向けと日本向けを足して2で割ったような中途半端な商品はやめよう。


金川千尋

見落とされがちな点は、不況期には我々と同じく、相手(顧客)も困っているということです。相手の立場に立つ営業ができていれば、そのことに気づきます。そうすれば、友人に接するように、困った相手を助けられるはずなのです。


森川亮

自分ではなく、ユーザーを第一に考え、よりユーザーのためになる意見を出し合い、最善のものを選択する。選択したなら、それを実現すべく、みんなでベストを尽くす。


広瀬道明

正直なところ、これまでは営業エリアや事業領域の変化を考えずとも成長できた。東京という需要が伸びる恵まれたエリアでビジネスをしてきたためだ。だからこそ、どうやって既存の事業を維持するかを考えてきた。だが、これからは恵まれた地域だからこそ、厳しい競争にさらされるだろう。