名言DB

9425 人 / 110833 名言

山田邦雄の名言

twitter Facebook はてブ

山田邦雄のプロフィール

山田邦雄、やまだ・くにお。日本の経営者。一般用医薬品メーカー「ロート製薬」社長・会長。大阪出身。東京大学理学部物理学科卒業後、ロート製薬に入社。取締役、代表取締役専務、ヘルスケア事業推進本部長、副社長などを経て社長に就任。様々な組織・制度改革を行い、同社を成長させた。

山田邦雄の名言 一覧

実態を無視して「株式会社はこうあるべき」と形だけ作ってうまくいくのなら、誰も苦労しない。


当社は「なにわの何くそ魂」という精神で仕事をしてきた。


当社には常に新しいものに取り組む社風がある。


人間は保守的なところがあるので少し良いと安心してしまう。


様々な分野へ出て行くためには、社内にはない資源やノウハウなど、社外との連携を深めていかなければならない。


経営に一本筋を通すことは大事だ。市場で株を買う投資家の意見が全てとなったら、会社は正しい方向に進むだろうか。


海外は日本とは文化が異なり、現地の人たちを巻き込まないと先に進まない。試行錯誤しながら事業化への道をみつけていく。


我が社には営業ノルマも基本的にありません。もちろん「今期はこの製品をどのように販売するか」といった計画は立てますが、数字が先で行動が後、ということはないです。


実はあまり数値目標は出していません。数値目標のために何かをやるのは、物事の順序が逆のような気がしますから。やることをやれば、結果はついてくる。むしろ、数字のために何かおかしなことをしないように注意しています。


新しいことをしないと企業として生き残れないという危機感がとてもあります。


既に競合がひしめいている国に出ていくことはしません。まだ日本の製品がほとんど出回っていない市場では、スタートラインはほかの大企業と同じですから、ロートが活躍できる場もたくさんあると考えています。


上司も部下も「さん」づけやニックネームで呼び合うと、より自由闊達な意見交換ができるんです。「課長、ご報告に参りました」という具合ではどうしたって上下関係が抜けず、企画会議も盛り上がりません。議論の入り口でつまずいてしまいます。呼び名を変えて10年以上が経ちますが、社内のコミュニケーションはだいぶスムーズになったのではないかと思っています。


保守的な社風を変えるために、最初は小さなことから始めることにしました。まず取り組んだのは、社員同士「さん」づけで呼び合うのを基本にしたことです。私自身、若い社員を含め、「邦雄さん」と呼んでもらうようにしました。また、ロートネームという呼び名も作りました。例えばここに同席している広報担当者はそれぞれ嶋ちゃんとカコちゃんと呼ばれています。社員証にもロートネームは入れています。さらに、オフィスの壁をできるだけ取っ払って見通しを良くしたうえで、組織もできるだけフラットにしました。いわゆる鍋ブタ型に変えたのです。


社長に就任した時から、伝統的、保守的な社風を、もう少し今風に変えたくて、様々な試みをしてきました。


化粧品市場は巨大ですし、参入企業も多く、我々など吹けぱ飛ぶような存在であるのは重々承知していました。ですが、女性の美に対する欲求は本当に切りがなくて無限と言っていい。世の中にはいろいろな商品がありますが、それでも100%は満足していないんですね。逆に言えば、何か新しい打ち出し方ができれば、成功のチャンスは十分にあると思っていました。


病院向け医薬品は扱わず得意分野に集中する戦略は、それはそれで有効ではあったのですが、いかんせん企業規模が大きくならない。ロートとパンシロンだけでは会社も変わり映えしないし、社員も刺激がありません。そこで経営の柱を増やそうと、父が、米メンソレータムの皮膚用薬のライセンス販売を1975年に始め、88年には同社を買収しました。これがスキンケア関連に進出した第一歩です。


年齢が上がったから自動的に昇格するわけではありません。が、年々、積み重ねてきた経験は、単なる知識や能力を超えたものがあるというのが私の考えです。ですから、勤続年数が長いほど大きな役割を担ってもらいたいし、また、そうなってもらわないと困ります。ただし、年功序列で組織が硬直化してしまうようではダメです。このため、我が社では年功的要素も大切にしますが、一方で、足りない人材は年齢問わずどんどん外部から受け入れます。


ひとつひとつの事業はガリバー企業のような強さはないが、大手が手掛けない領域や、今までにない組み合わせをしたたかに結び付けていく。分野と分野の隙間をつなぐところにこそ、我々の出番がある。


もう一度気合いを入れ直し、社員に挑戦的な意識を植え付けるために、新スローガンを社員主導で考えてもらった。社員には、実力を少し超える水準への背伸びをし続けてもらいたい。


創業者の子孫が経営にコミットするというのは、長期でものを考えるという点でメリットがある。僕は長男だし、生まれた時から後継者候補としての時間が動き出していた。子供世代のことを考えると、すぐに100年単位になる。勤め人では100年単位で考えられる人はいないでしょう。


山田邦雄の経歴・略歴

山田邦雄、やまだ・くにお。日本の経営者。一般用医薬品メーカー「ロート製薬」社長・会長。大阪出身。東京大学理学部物理学科卒業後、ロート製薬に入社。取締役、代表取締役専務、ヘルスケア事業推進本部長、副社長などを経て社長に就任。様々な組織・制度改革を行い、同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


島田雅彦

グランドデザイナー(各分野で将来の大きな計画を描く人)の仕事は哲学や歴史を踏まえて未来の物語を描いていくものであって、それは小説家が常日頃していることなんです。つまり、ある面からみれば、世界は広義の文学者たちによって牛耳られているというか、そもそも小説を書くということは、過去を参照して独自の現状分析を加味しながら、5年後や10年後の世界を提示することに近いんですよ。


諸富祥彦

精神的に成熟した人は、他人からの評価に関わりなく自らの価値を確信していて、腹立たしいことがあっても穏やかに対処することができます。一方、未成熟な人は、常に他者から自分の存在価値を認めてもらっていないと自分に価値があると感じられなくなり、自信をなくして攻撃的になります。とりわけうつ状態ではキレやすくあります。


ますい志保

いい意味で妥協することも必要でしょう。ビジネスを成功させるには、ときには意見の違う相手にも歩み寄れる部分は歩み寄って着地させなければなりません。乱暴に急降下するのではなく、いろいろな人の意見を聞き、誰のプライドも傷つけず、ふわっと着地し、いわばソフトランディングが上手であれば最高でしょう。


益本康男

30~40年もいる会社で挑戦心をなくしたら面白くないでしょう。「(仕事で)遊べ、遊べ」とハッパをかけると、残念ながら下を向いてしまう社員もいます。30代クラスだと、ニコッとして頑張りますけどね。


村田昭治

夢をもったリーダーは少なくない。しかし思い切った行動力、リーダーシップを発揮できないままでいるのは、夢に日付をつけて行動に移さないからではないか。


又吉直樹

渋谷も表面的な部分でしか見られてないなって。渋谷って侮られるんですよね、要は若者が浮かれてる街やろって。ハロウィンで若者がわーってなってるとアホちゃうかって言われるけど、いや、あの中に昨日彼女に振られて、ほんまは全然こんな気持ちやないねんけど、でも友達の手前全力でやりきるしかなくて、コスプレしてテンションあげてるけど、めちゃめちゃしんどいヤツもいると思うんですよ。俯瞰で見た時に急に集団としての人間になってしまうけど、そんな単純じゃないやろ、人間って。ひとりひとりに寄り添うことを忘れて、こいつら全員バカなんだって思っちゃうけど、そんなはずないから。


松尾昭仁

無料のボランティアでもいいからセミナーを開くといい。講演自体が少ない地方では、講師は貴重で好感度もアップ。これが大切。たとえば保険の営業マンがファイナンシャル・プランナーとして、老後のマネープランをテーマに講演をします。当然、保険の話もでてきますよね。するとどうなるか。講演終了後、受講者は、セミナーの先生に自分の保険を見てほしいと殺到するのです。


遠藤功

頑張っても成果が出ないときは、クヨクヨしたっていい。でも、同時に自分がそもそも何をしたかったのか、目標を思い出してほしい。そして、それを紙に書くなり、口にするなり、とにかく言葉にして外に出す。そうすれば、現在の苦労は目標達成までのプロセスに過ぎないとわかるでしょう。


今野敏

大学時代に雑誌の新人賞をとったので、作家になることは決めていたんです。でも当時の担当編集者から「この賞だけでは食べていけないから就職したほうがいい」といわれたので、3年だけ勤めようと決めました。会社員時代も兼業を小説を書いていて、連載も持っていました。いま考えればハードな生活でしたが、当時はしんどいと思ったことはなかったですね。せっかく賞を獲ったので、絶対に作家になろうと決心していましたし、会社の仕事も楽しかったんです。