名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田進一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田進一のプロフィール

山田進一、やまだ・しんいち。日本のビジネストレーナー。慶應義塾大学商学部卒業後、SAPジャパンでコンサルティング、プリセールス、営業、マーケティング、事業戦略立案など幅広い業務に携わる。その後独立し、プレゼンテーションなどについて教えている。人気メールマガジン『プレゼンマスター』『ネットビジネス即効薬』などを発行している。2009年にマイクロソフトMVPアワード(パワーポイント部門)受賞。著書に『短く伝える技術』『口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン』『スパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニック』など。

山田進一の名言 一覧

その場の機転はもちろん大事ですが、プレゼンの質疑応答において、事前準備はとても重要です。


プレゼンの質疑応答における2つの鉄則

  1. 質問がある人には全部しゃべりきってもらうこと。質問者に思いのたけを気持ちよく出し切ってもらいましょう。すると、こちらの解答も充実しますし、双方にとって満足度の高い質疑応答になります。
  2. 結論から答えること。質問の答え(結論)がなかなか出て来なければ、フラストレーションが溜まります。まずはコンパクトに結論を答えることが大事です。そうすることで、あとに続く詳しい説明も聞いてもらいやすくなります。

質疑応答への対応は、プレゼンの準備段階から始まっています。まず、疑問を残さないプレゼンを準備するようにするのです。プレゼン内容について熟知していれば、「聞き手はこんな疑問を持つだろう」という予測ができるはずです。この「質問されそうなポイント」をあらかじめプレゼンに組み込み、質疑応答でいきなり疑問をぶつけられて慌てることはなくなります。プレゼン本編に組み込むのが難しい内容であれば、別途に想定問答集をつくっておいて手元に置きましょう。


プレゼンの質疑応答で答えに詰まったときは、とりあえず考える時間を稼ぎましょう。それには、相手の質問をゆっくり繰り返すのが一番です。「なるほど。ただいまご質問いただいたのは、まず○○という点、それに××という点ですね。以上の内容でよろしかったでしょうか?」こんな風にオウム返しにするだけで、10秒ほどは時間を稼げます。きちんと準備をしてきたプレゼンターであれば、こんなわずかな時間でも、必死に考えれば適切な回答を思いつくことは少なくありません。私自身、この10秒で命拾いした経験は何度もあります。


山田進一の経歴・略歴

山田進一、やまだ・しんいち。日本のビジネストレーナー。慶應義塾大学商学部卒業後、SAPジャパンでコンサルティング、プリセールス、営業、マーケティング、事業戦略立案など幅広い業務に携わる。その後独立し、プレゼンテーションなどについて教えている。人気メールマガジン『プレゼンマスター』『ネットビジネス即効薬』などを発行している。2009年にマイクロソフトMVPアワード(パワーポイント部門)受賞。著書に『短く伝える技術』『口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン』『スパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニック』など。

他の記事も読んでみる

舘神龍彦

タスクの洗い出しのためのメモのコツは、「課題」「反省」「アイデア」「発見」「新規事業」といったテーマを明記すること。私は必ず日付を入れ、タイトルをつけてメモしています。それもこれもすべて、メモを見直す際に便利だから。一カ所に蓄積されたメモを見ることで、物事の因果関係が見えてきて、課題を解決しやすくなるのです。できれば週に一度はメモを見直し、それをもとに予定を作り、スケジュールに落とし込んでください。


上田準二

コンビニは365日、24時間営業です。一日として平穏無事な日はありません。事件や事故、トラブルは時間と場所を選ばずに発生します。顧客が見えない世界では、その場その場で結論を出していかざるをえません。問題が発生したら即解決することを加盟店は求めます。加盟店はFC(フランチャイズ)本部にロイヤリティを払っていますから、なおさらです。


森辺一樹

日本のリスクに対する概念をそのまま新興国に持ち込めば、ビジネスは絶対に成功しない。日本では当然避けるべきリスクでも、新興国では取らざるを得ないケースが多々ある。また、そもそも、それをリスクと判断していては、ビジネスが成り立たないケースもある。


東出浩教

ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。


次原悦子

広告宣伝というと、スポットCMを打ったり、大規模なイベントを開かないと効果が出ないと思っていませんか。実はそうとは限らないんです。私は高校生のときから母の手伝いでこの仕事をやってきましたが、当初は無名のPR会社でお金もなかったので、いかにお金をかけずに商品をPRするかに腐心しました。


迫本淳一

明治時代や昭和の戦後も、同じように名俳優が続々亡くなられた時があった。その時も先輩たちがそれを乗り切ることで、新しい世代が育ってきた。今回も、ベテランや若手の俳優さんたちが、自分たちがやらなければいけないという危機感を持って頑張ってくれたことがとても大きかった。


鈴木あや(IBM)

冗長なメールの書面に目を通すのは大変です。二次的な内容は添付ファイルやリンクを活用し、容姿は一画面で見渡せるよう、コンパクトにまとめてあると好感が持てます。


磯崎功典

伝統を重ねても、それが「古くさく」なってはいけない。時流やお客様の嗜好に合わせて、おいしいものをさらにおいしくする努力を絶え間なく続け、いつも新鮮さを感じていただけるようにすることが、我々にとって一番大切なことではないかと思います。


鈴木貴博(コンサルタント)

現代のビジネスの世界は、「敵」がよそからやってくる時代です。ある業界の中で安穏としていたら、他業界や外国から来たライバルに一気に蹴散らされてしまう。そんな時代に、まじめにコツコツとオペレーションをしているだけでは生き残ることは難しい。業界や日本という枠からひとつシフトアップして考えなくてはならないのです。


蛭子能収

40代の終わりのころは月20本以上の出演番組を持っていました。年収が億を超えたときには、さすがに自分の能力以上に働いているなって。でも、好事魔多しというか、自分の能力以上に働いていた罰が当たったのかな。51歳のときに(賭け)麻雀で捕まります。テレビのほうは3か月の謹慎となって仕事が全部なくなっちゃったんだけど、漫画の連載は何事もなく描かせてくれて、そのときほど雑誌のありがたさが身に染みたことはないです。最終的に味方になってくれるのは漫画だと思ったし、いくらテレビの仕事が忙しくても、漫画の仕事を断らないでやってきて本当によかったなと。


西田文郎

マラソン選手がなぜ過酷なマラソンに何度も挑むかといえば、とても苦しいからです。苦しければ苦しいほど達成したときには喜びを味わえます。苦労を楽しむという肯定的な錯覚をしているのです。


溝口勇児

お客様の膝が悪いとか、腰が痛いとか、日常生活の悩みに真摯に向き合うことで目に見えて成果が出てきた。そうすると、結果的にお客様の満足度が上がって、自分にお客様がつくようになっていきました。つまり、技術力よりもそういう思いでお客様に向き合った方が、お客様も信頼してくれるんですね。私はこれが本当に嬉しくて、どんどん仕事に取り組んでいったら、結果的に1年後くらいには成績も一番になることができました。