名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田藤男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田藤男のプロフィール

山田藤男、やまだ・ふじお。日本の経営者。「カルピス」社長。神奈川県出身。東京工業大学工学部卒業後、カルピス食品工業(のちのカルピス)に入社。取締役生産システム部長、常務取締役、常務執行役員、取締役専務執行役員、副社長などを経て社長に就任。

山田藤男の名言 一覧

工場へ行くと人の動きを見るようにしています。掃除が行き届いているか、挨拶の声等、現場の様子から見えてくるものがあるからです。


海外の関係会社にもできるだけ顔を出すようにしています。現場が好きですし、実際に行って顔を見て、話をすることが重要だと感じるからです。


働いている人たちは、自分たちが成果を出せた時、本当の意味で元気になります。経営者としても、働く人が元気になる環境づくりをしていくことが何よりも大切だと感じています。


山田藤男の経歴・略歴

山田藤男、やまだ・ふじお。日本の経営者。「カルピス」社長。神奈川県出身。東京工業大学工学部卒業後、カルピス食品工業(のちのカルピス)に入社。取締役生産システム部長、常務取締役、常務執行役員、取締役専務執行役員、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

M&Aは経済全体が低成長の中でも縮小均衡せずに収益の拡大を可能とする手法のひとつです。M&Aだけに依存するのは問題ですが、経営の中にM&Aを取り込むことで戦略の幅が広がるのは間違いありません。M&Aを有利に進めるためには、経営内容に優れ、結果として高い株価が実現していなければならないのです。


尾崎元規

会議では、訴えたいことは起承転結のあるストーリーとして整理します。様々な要素を簡潔な言葉に凝縮し、それを並べ直すのです。


藤原洋

SNSに関して、日本企業は英語という言語障壁によって成功を収めることができませんでした。日本企業は日本国内に向けた日本語でのサービスを提供している。それに対し、英語でのサービスならば、それだけで無条件にグローバルと繋がる。英語を使うか否かで情報量に何百倍の差ができてしまうのです。一方、IoTにおける情報発信源はモノですから、言語が無いため日本にも勝機があります。IoT時代の到来は日本企業全体にとってチャンスなのです。


松井忠三

弊社では優秀な社員を将来の経営幹部として育てるために、たとえばイタリアに海外駐在させます。現地には日本人は本人一人だけであとはすべて現地のイタリア人スタッフです。店舗では、現地スタッフが気を使って、わかりやすいイタリア語をゆっくりと話してくれるので何とか仕事ができますが、休日の食事会になるとそうはいきません。気候風士から文化芸術まで幅広い話題について、彼らの早口なイタリア語にくらいついていかなくてはならないのです。仮にそれが嫌で現地に溶け込むことを諦めてしまい、日本本社の指示だけを仰ぐ仕事をすれば、スタッフの気持ちは離れ、責任者として成果を出すことは難しいでしょう。当事者意識を高めて事に当たり、結果を出すまで頑張り切る責任者としての背中を部下に見せる大切さは万国共通です。そうした修羅場を経験した社員は、ほとんど当事者意識の塊のようになって帰国してきます。


徳重徹

日本のメーカーがアジア市場で苦戦する理由は2つあると思います。まずひとつは、日本のものを向こうに持っていこうとしていること。日本企業は、日本で売れたものをどうやって新興国向けにローカライズするのかという発想なんです。もうひとつは、現地で戦っている日本人が本気でコミットしていないこと。いま1か月のうち3週間はアジアに行っていますが、本気で市場をつくろうとしている日本人にはほとんど会ったことがない。


小室淑恵

サポート型のマネジメントを実践するには、メンバーを認めて、褒めて、安心させることが必要です。


コシノジュンコ

今ではインターネットでたくさんの情報を得ることができますが、それは表面的な勉強にすぎない。わかった気になるだけ。血となり肉となる勉強は、やはり現場でしかできない。


立花陽三

選手の査定では、評価項目をできるだけ細かく数値化しています。たとえば打者なら、打撃に関する項目だけでも30は下りません。細かいほど特定の人の主観を排除し、フェアネスを担保できると考えるからです。


高橋是清

どんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した。


田村耕太郎

先日、ハーバード大学の医学部の教授と話をしたのですが、こう言われました。「脳を鍛えるには、結局、体を鍛えるしかない」。血流をよくし、シナプスをつなげることが重要だというのです。米国では、ジムで情報端末を見ながら走ったり運動する人が大勢いますが、体を動かしながらだとよく記憶できる。飛行機で海外に到着し、時差ぼけを解消しようと朝5時にジムへ行くと、もう満員です。


荻田伍

少しでも立ち止まれば、会社は存続できない。そんな危機感が常にあります。


小暮真久

開発途上国の支援をするとき、相手が求めるものを見抜いたうえで支援しなければ、単なる押しつけになってしまう。私たちは学校給食にプラスアルファして、学校に菜園をつくったり給食室を改善したりしていますが、それらも相手のニーズを探ったうえで提案しています。